« 1Dsmk3 & 40D | トップページ | 見逃した方はこちらへ »

2007.08.19

aperture vs Lightroom

合間を見つけて二つのソフトをテストしています。

結論から言うと、、、、僕のニーズとは違うソフトだったな〜と言うことを思い知りました。

僕が何をしたいか?それは日々溜まり続ける画像データの見本を作りたいという、ただその1点。
コレは仕事、プライベートにかかわらず、記録、記憶としての画像バンクが欲しかったのです。

僕は画像のプロ、、、プロカメラマンなので毎日のように写真の画像データがたまっていきます。仕事のデータはその仕事さえ終われば捨ててしまっても良いのですが、、クライアントさんによっては、「前と同じに撮って欲しい」と言う要望はよくある話。そんなこともあるので、一応、撮影データは保存してある。>クライアントさんには内緒ですが、、取ってあると公言すると以前のデータをご所望されることが多々あるので、、、表向き、無いことにしております。>って、ココで書いてしまうとバレバレじゃん。(笑)

この保存もバカバカしいし、探すのにちょっと手間も掛かる。サッと引き出せて、収納も困らない・・・そんなソフト、やり方を探しています。

apertureとLightRoomはデータベースソフトではありませんが、データベースソフトぽく使うことが出来ます。
幸運なことに両方のソフトを使える環境にあるので、どう使いこなせるか?テストしてみました。

さて、保存してある画像データはCDR、DVDR、HDDのメディアに保存されています。ちゃんと数えたことはないですが、、、僕の保存データの全容量は数テラバイトになるでしょう。

一番簡単なのはこのデータを全部、一個のHDにコピーして、それをライブラリーとして読み込ませればいいのです。
でも、このやり方は取りたくない。。。なぜなら、1年中、ほとんど使われない画像データのために数テラバイトのHDが回っているというのは、、、何ともエコではない。しかも、重たいRAWデータが多いので、それを閲覧するのも一苦労というものだ。

最初考えたのは、保存されているCDRなどを画像コピーせずに本体はそのままでサムネイル画像だけソフト上に表示させればいいと考えていました。

ここまではLightRoomとaperture、両方とも可能です。この時にLightRoomなら一対一のサムネールを作っておけば表示も原寸表示が出来ます。

さて、この先、、、、

苦労してライブラリーを作ったとしましょう。サムネイル画像はMac本体に入っているので閲覧、Selectなどは自由自在です。ココまでは良いのですが、、、

たとえばある画像を探して、それが見つかりました、それをプリントアウトしたい、もしくはメールで送りたい、という話になります。そこで画像本体がそのコンピューターに無い場合、書き出す、コピーするなどの一切のことが出来ません。もちろん、本体のあるHDDなどをコンピューターに接続すれば可能になります。でも、それでは一手間増えてしまいます。

手間を減らすために苦労してライブラリーを作ったのに、手間が減るどころか、結局は本体のある画像メディアを探して、接続しないと、その先、何も出来ないのです。

LightRoomもapertureも同じです。
たぶん、コレは仕様ですね。と言うか、意図的にこの仕様にしてあると思われます。というのは、もし本体がないのに書き出せる仕様になったとすると、違法コピーを助長するようなソフトになってしまうと言う見方が成り立ちます。アップルのiTunesがそうですが、表面上は音楽データのコピーは出来ないようになっています。>いくらでもやり方はありますけどね、、、表向きはと言うお話し。

LightRoomとapertureは両方とも抜け道がありません。

つまりは画像本体をどこかに持っていないとその先が使えないソフトなのです。>今のところは。。。電塾では書き出せるように変更して欲しいという要望は伝えているそうです。

今の状態で僕のニーズを満たそうとすると、、、

1:必要なデータを選別。
2:軽いデータに書き換え JPEGなど。
3:それをLightRoom、apertureに読み込ませる。

この手間が必要になります。

もちろん、僕のような職業的なカメラマンだから、このようなことになるわけで、ストックphotoなどで生計を立てているような写真家の方には、この二つのソフトは使いやすいソフトです。

エバンジェリストの方、イイ使い方があったら教えてくださ〜い!

|

« 1Dsmk3 & 40D | トップページ | 見逃した方はこちらへ »

コメント

すべて、仰るとおりだと思います。
元データがなければ、書き出しの作業は何も行えないですね。
プレビューデータを使って、スライドショーとか、ドラフトモードでのコンタクトシートプリントなどは出来たと思いますが、湯浅さんが望んでることは出来ないですね。
やっぱ、アーカイブ用の大容量ハードディスクを用意するしかないでしょう。
つなぎっぱなしがイヤなら、必要な時だけ電源入れるとか。
ちなみに、カタログファイルも、そのHDの中に作っておくと、どのマシンのLightroomでも呼び出せるので便利ですが。

投稿: yukinyaa | 2007.08.20 09:52

話がちょっと見えないんですが、サムネールとデータ本体とは別モノですから、サムネールだけからそもそもデータ本体を出力出来ないと嘆くのは、カタログだけから品物が手に取って見れないというのと同じ話なのでは?

だから絶対に巨大ストレージは必須となります。一応、ディスクメディアを大量管理する物として、
http://www.thanko.jp/cdlibrary_dc300/
なものがありますが、何がどのディスクに入っているかは人間が管理しなくてはなりません。値段に糸目を付けないなら一つの巨大ストレージに見えるディスクチェンジャーというものがありますが・・・・(例えばコレ)
http://www.ntl.co.jp/2/product/mnemos/inbody.html
http://wwwbsc.pioneer.co.jp/product/disc_ch/index.html

投稿: YShimizu | 2007.08.20 20:32

私はOSX移行期にMacを落ちこぼれたので現在Windowsユーザーです。なのでapertureは使わずLightroom使っているんですが、不便に思うのは複数のマシンでのライブラリの共用(同期)についてですね。
基本的にはデスクトップマシン内にライブラリファイルを置き、データは複数の外付けHDDに置いているんです。
だけど出先でノートに取り込みながら撮影をするというときに、整合性を保つためにはライブラリをノートにコピーして持ち出し、そこに新データを追加して、帰ってからライブラリデータを上書きする、というのを手動でやらないといけない。
で、携帯2.5インチHDDから事務所の外付け3.5インチに画像データを移したらまた参照元も指定しなおさないといけない。
これが全自動になったらいいのになぁ、と思います。

投稿: おーくま | 2007.08.20 21:24

横から失礼します。

おーくま様

Lightroomは1.1アップデートで、その問題は解消されております。
メインマシンのライブラリをコピーして行かなくとも、ノートに新規にライブラリ(今はカタログといいます)を作成して、それをあとでメインマシンのカタログに統合できます。

投稿: yukinyaa | 2007.08.21 00:00

iView MediaPro というソフトが、米国の風景写真家John Shaw氏のサイトで紹介されていました。ワークフロー管理のニーズの一部は解決するかも知れません。いかがでしょう。ただ、マス・ストレージにかかわる原理的なお話は、YShimizu さんの仰る通りのような気がいたします。http://www.iview-multimedia.com/ 

投稿: のんたろう | 2007.08.21 00:05

このブログにしては盛り上がってますネ〜。
すっかり出遅れましたが、、
LightRoomのカタログの件はLightRoomエバンジェリストのyukinyaaさんがご解説の通りです。ただ、僕はあまり使いやすいとは思いませんが。
Shimizuさんのおっしゃることはごもっともです。
ですが、さほどのクォリティがいらないでその画像を他に使いたい時ってよくあることです。原寸のサムネールというのはサムネイル画像と言いながら実はその画像そのものと言ってもイイでしょう。画面で見えているわけですから、そのまま画像ファイルのしてくれても良いんじゃないの〜というのが僕の意見なのですが。
僕が欲しいのは画像ストレージではなくて見本ストレージなのです。もちろん、ハイクォリティが欲しいときは画像本体をコンピューターに接続でもかまいません。

投稿: tatsphoto | 2007.08.21 02:07

なるほど、見本ストレージ・・・・一つの方法はGraphicConverterにあるBatch処理みたいなもので、暇な時に縮小画像を作って置く事かな。でもLightRoom等との自動連動は出来ないなぁ。

投稿: YShimizu | 2007.08.21 03:26

>yukinyaa

役立つ情報をありがとうございます。

早速よく確かめてみます。

投稿: おーくま | 2007.08.21 09:21

理解しました。
「カタログから読み込み」というオプションが追加されたのですね。
これで一段階は楽になりました。
ありがとうございます。

投稿: おーくま | 2007.08.21 09:32

お節介ながら、追加情報です。

おーくま様

Lightroomのチュートリアルムービーに、「カタログの書き出し」「カタログの読み込み」というのが上がっていました。
参考になさってください。
http://www.adobe.com/jp/products/photoshoplightroom/lr/lightroom_tips.html

投稿: yukinyaa | 2007.08.22 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1Dsmk3 & 40D | トップページ | 見逃した方はこちらへ »