« 相性か? | トップページ | CG241W 再び・・ »

2007.07.06

カメラ直結撮影

僕の場合、カメラとパソコンをつなげて撮るケースが半分以上です。自社スタジオで撮るときは100%繋ぎますし、ロケでも外ロケ以外では繋いで撮ることが多いです。
Eosutility
そんなことで、今回は繋いで撮るときのバックアップについてのお話し。

ちなみにキヤノン限定です。

キヤノンではEOS Utilityというアプリケーションでカメラとパソコンをつなげて撮ることが可能です。この際、EOS Utilityの環境設定で「カメラ内のメモリーカードにも保存をする」という設定をチェックしておくと、撮影画像はコンピューターのHDとカメラ内のメモリーカード、両方に記録されます。

以前よりこの機能はあったのですが、、、僕は使ってきませんでした。なぜなら、、スピードが遅くなりそうだから、、、
ですが、正確にどれだけ遅くなるのかは実証したことがありません。
今日はヒマだったので、、、笑、やってみました。

記録はRAWデータのみ、カメラは1Dmk2Nです。PCはMacデスクトップG5、デュアルコア2.3G。
テスト方法は1分間でどれだけシャッターが切れるか?というシンプルなもの。1分間で切れるだけシャッターを押します。とうぜん、バッファを使い切りますので、数秒後には断続的にしかシャッターが切れなくなります。転送、記録が終わり、バッファが空きが出来ると切れる、と言うことを繰り返します。1分間で切ったシャッターの転送がすべて終わるまでの時間も記録しました。

カメラ、Mac 両方記録 70コマ 1分23秒
Macのみ記録      78コマ 1分25秒
カメラ、Mac 両方記録 RAW+JPEG CFカードとSDカードに振り分け記録
            62コマ 1分25秒

と言う結果に。

やはり遅くなりますね。モデル撮影の時にはこのバックアップ方法は向いていないでしょう。コマフォトに僕が書いた記事でのeSATAのRAID-HDに記録させるのが最も速く安全性が高い方法でしょう。

ロケなどで安定電源が取れないときは、このやり方でのバックアップは有効です。

一番下の「RAW+JPEG CFカードとSDカードに振り分け記録」にすれば同じ画像を3個のメディアに保存することになります。
更にですが、、、カメラ側のバックアップ撮影を有効にしておいて、記録方法をRAWデータのみにすればカメラ内のCFカード、SDカード、パソコンと3箇所に同じRAWデータが記録されます。JPEGデータはどっちにしてもいらないから、とにかく安全に、、という要望にはこれが最も適しているでしょう。以上、1Dmk2Nでの話です。たぶんMK3も同じだと思いますが、、1Dsmk2は振り分け記録は出来ません。

ただし、、、、
ボトルネックがあります。3箇所に記録すると言うことは、どのメディアも速さと容量を要求されます。どれかが遅いメディア、小さい容量だったりすると、、、、すべてがそのメディアに足を引っ張られます。

直結撮影に関しては、まだまだ書きたいことがあるのですが、、、今日はこの辺にします。

|

« 相性か? | トップページ | CG241W 再び・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相性か? | トップページ | CG241W 再び・・ »