« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007.07.31

ソフトライトBOX

070731_152509月曜日の幕張ロケの後、日曜日に撮影した商品を返却にアキバへ行きました。
アキバに行ったついでにヨドバシアキバ店に寄るのは、けっこう恒例のコースです。笑

この日の目的はこのソフトライトBOXを買うため。
フリーカメラマンなら一度くらいは使ったことがあるはずの、このBOXライト。写真電気工業という渋い名前の会社が作っています。これが世の中に出たのは確か20年ほど前ではないかと思います。当時はストロボのライティングと言えばカサが一般的でした。BOXライトももちろんありましたが、据え置き型の大型のものが多かった時代です。写真電気工業からソフトライトBOXが発売された時は、「便利なものが出たな〜」と驚いたものです。カサの用のに簡単に折りたためて、使うときにはサッと広げるだけ、、、映り込みが四角くなるので、光沢の多い商品を撮るときには、これを使うだけでそこそこ撮れるので、ロケの時には必需品になりました。

僕はこれの80センチ角を2個、50センチ角を1個持っています。どれもすでに10年以上使っています。もちろん、ディフューザーは数年で交換していますが。今回買ったのは50センチ角のもの。手持ちのものがすでにあちこち壊れているので、この際、もう一個買いました。
店舗取材など、現場で料理などを撮るのには、80センチ角では大きいのです。もちろん、コース料理などではそのくらいの大きさが必要になりますが、単品料理くらいを店の片隅で撮るには、撮影セットも簡単に、そして素早くセットできる必要があります。

今回はナショナルのグリップタイプのストロボにこのSD55を付けて、ほとんどの撮影をしています。

キヤノン純正の550、580などのクリップオンストロボを使うという手もあるのですが、マニュアル操作がしにくいし、確実に発光する保証がないし。。。と言うのは写真のようにストロボを覆い隠すようにBOXの布が被ってしまいます。赤外線のST-E2でスレーブさせようと思っても、思ったように飛ばないときがあって、、イライラするので、僕は昔ながらのナショナルを使っています。このストロボも写真学校の時に買ったものだから、25年くらい使っています。物持ちがイイですね。

デジカメに代表されるようなこの頃のカメラ機材は、とにかく使えなくなる年数が短くなってきています。昔の機材は2,30年経ってもけっこう使えるものです。ただし、壊れると修理が出来なくなっているでしょうから、大事に使わないとなりませんが。

自分の身体もそうですが、大事に大事に長く使っていきたいものですね。

そうそう、書き忘れましたが、、、ヨドバシアキバ店、このSD55をちゃんと常備しています。しかも、交換用ディフューザーも常備しています。僕が行ったのは夜9時過ぎ。それでもお店が開いているので翌日のロケで使うことも可能です。スゴイことです。東京のプロカメラマンの機材やさんは、すでにヨドバシカメラだと、言っても良いくらい、そのくらいプロカメラマンにとってはありがたい存在です。

| | コメント (2)

月末〜

070731_152441月末ですね〜。8月になると言うのにこの天気は・・・
さて、先週末から幕張に連日行っています。
あるガイドブックのお仕事で、幕張近辺のお店紹介の撮影。
20件近くのお店を廻って、施設、料理などを撮ってくる仕事です。
カメラマンなら一度くらいはやったことのある「お店取材」ですね。食べ物屋さんの場合は取材を受けてくれる時間がほとんど同じです。ランチの終わった後から夕方の開店が始まるまでの数時間。。。この時間帯に何軒廻れるかが勝負になるのですが。
最初は30分刻みで廻っていくのはキツイかな〜と思っていましたが、、、けっこう何とかなってしまいました。
お店の都合に合わせるので空き時間もちょっとは有って、その時間はお茶したり、買い物したり、、、大型ショッピングセンターでの撮影が多かったので、空き時間は楽しかったですね。
普段、こういうお店に行かないので、、、アウトレットモールなんか、もう、最高です!。笑
連日、買い物三昧で、、、ナイキショップから、アディダスショップ、、、この際、フィットネス用のウェア、靴などを新調してしまいました。カルフールでは海外雑貨をチェックしたり、、、

幕張、楽しいです。
やはり、人間、生活の場にはショッピングセンターが無いと、辛いですね。今住んでいるところが、この手の施設が近くにないので、、、新しくできたショッピングセンターとマンションの複合都市は、生活には最高に便利です。引っ越す前の新浦安がまさにその先駆けだったのですが、、、

まあ、新興住宅地には新興住宅地の、都心部には都心部の、それぞれの良さがありますね。

夕方、事務所に戻ってから、月末だし請求書でも書くか〜と思って、今月の仕事をチェックしていたら、、、広告の仕事は来月請求になっていて、、、あとはほとんどが雑誌の仕事だったので、請求書を打たなくても良いような状態でした。。。それも、ちょっとさびしいなぁ〜。

| | コメント (0)

2007.07.29

土日

土日も仕事でした。
土曜一日で終われるかと思っていたのですが、予想以上に後処理に手間が掛かってしまって、、撮影時にちょっと気を抜くと、後のしわ寄せを解決するのに時間を取られます。一瞬でも気を抜いてはいけないと言うことなのですが、、、

土日も仕事と言いながら、適当なところで切り上げてフィットネスクラブに行っています。そうでもしないと身体が持ちませんから。身体が、というよりも気が持たないと言うべきか??

気分とか、モチベーションとかをどうやって高く維持していけるかが、本当に大変です。

そう言えば選挙報道一色ですが、、、自民党、大敗のようです。

別に自民党支持者ではないですが、、、参議院で民主党が多数派になると、これからの日本は何も進まなくなるでしょうね。またまた停滞しそうな日本、という感じがします。

| | コメント (2)

2007.07.27

本日も心を亡くした日

本日も忙しい一日でした。
この時期、雑誌の仕事をしている人にとってはお盆進行という状態でして、、、仕事はいくらでもあるという所でしょう。
午前中は昨日の昼頃に電話があったwebのタイアップ企画の撮影を丸の内で。お昼過ぎから医療器具のカタログ撮影をスタジオで。クライアントを会社までお送りして、とんぼ返りで事務所で雑誌の撮影。。。
10時頃に終わってから明日のロケの準備と、結構疲れました。

撮影だけをしているので未処理の撮影データが山積み・・土日につじつまを合わせます。

| | コメント (0)

2007.07.26

忙しいという字は、、

R0010614忙しいという字は「心を亡くす」と書く・・・
ここ数日、忙しい状況です。たぶん、土日まで続きそう、、
でも、却って気は楽です。余計なことを考えなくてすみますからね。まさに心を亡くす状態。ちょっと感覚は違うかも知れませんが、ランナーズ・ハイに近いかも知れません。

さて、昨日、ブログを更新しようと思ったらニフティのメンテナンス中で書けませんでした。いろいろあったのですが、気持ちがそがれました。

R0010617昼は納品行ってから、飛び込みの撮影をやって、急ぎの納品データを作って、、であっという間に夕方。今日まで今週は昼ご飯はすべてコンビニのおにぎりという感じです。
何でそんなに急いで仕事をしたかというと、銀座アップルストアのコマーシャルフォト・スペシャルナイトのモノクロプリントのセミナーに行くため。僕が言うまでもなく、モノクロプリントはココ1,2年のデジタルフォトのトレンドです。コマフォトではモノクロプリントのシリーズ・セミナーを開催していて、今回の小島さんのセミナーで3部作完結と言うところでしょうか?僕は1回目の茂手木さんは行けませんでしたが、根本さん、小島さんので2回を見られました。
で、印象ですが、、、小島さんの悪口を書くわけではないですが、セミナーとしてはちょっと、、という感じ。そもそも論として良い技術者が必ずしも良い講演者ではないというところですが。
ただ、話としては面白かったです。問題なのは伝え方であって、それは本筋とは違う話でしょう。

さてさて、肝心のモノクロプリントですが、、、結局の所、自己完結のメディアなので途中の道筋はどういうルートでも良いのではないか?と、僕は受け取りました。この辺り、ケミカルのモノクロプリントも同じですが、結果としてのプリントが自分の意図通りになっていれば、もしくは、偶然そうなったとしても、それはそれで結果オーライでしょう。

予定よりも早く終わったセミナーでした。
僕はそんなこともあろうかと思って、2件隣のコナミスポーツに行く準備をして行ったのでした。思いっきり汗を流してしまうと、もう、なんか、どうでも良いなぁ〜、と言う気になってしまいます。それじゃあいけないんでしょうけど。。

それにしても、聴取者は多かったですね。おみやげ目的の人もいたかも知れませんが。。
モノクロプリントにどれだけの人が興味を持っているのか?アーカイバル処理のように1ジャンルを築けるのか?

それにしても、、、ペーパーが高い。
自分の好みを具現化するのも、金次第、、という感もなきにしもあらず。芸術は金がかかる、の一言で総括できるのかな〜。

| | コメント (0)

2007.07.24

ブルーマンデー

R0010468日曜日が夜まで撮影だったので月曜という気がしない、、という月曜日。
昨日はがんばったから今日はゆっくり、、と思う気持ちもあるのですが、歯医者の予約があるので朝イチで会社へ。歯医者は会社の隣のビルなのです。
先週、いや先々週だったか、、、ブリッジが取れてしまいました。ブリッジと言ってもCSなんとかじゃありません。歯の方の話ね。
コレ、去年の夏に取れていて、ちょうど忙しかったので歯医者さんに「取りあえず1ヶ月持てばいいので付けてください」と言って付けてもらったもの。その後、別に調子良いので、そのままにしていました。
そして、ちょうど一年後、取れてしまったのです。
去年取れたときよりも留め金の金属部分がボロボロになっていました。。。歯の力ってスゴイです。

今回も忙しい時期だったのですが、もう、これ以上引っ張れないだろうと思って、新たに作り直すことに。
セラミックで作る予定なので25万くらい掛かります。
歳は取りたくないですね〜。歯も眼もあっちもこっちもガタ付き始めています。

今回のブルーな日々も原因の一端は体力面にありました。
5月末から風邪を引いたのですが、それがなかなか直らず、つい先日まで咳が出るという有様。おかげで唯一の趣味であるフィットネスクラブにも行けず、精神的に内に内に入ってしまう感じでした。

健康な身体には健康な魂が宿る、、、ですね。

先日の土曜日には久しぶりにウェイト系のトレーニングをやったので、今日はあちこち痛くて大変です。2,3日後に筋肉痛が出るのは35を過ぎてからかな〜。

さて、本日は午後から広告系の撮影が2本。
明日やる予定だったのが、商品が速く届いたのでやってしまおうという事にしました。

フリーになりたての頃は「明日出来ることも今日やる」くらいガツガツしていました。ここ数年は「明日で良いものは明日やる」というスタンスに変わってきました。確か、マスター郡司さんも同じようなことを言っていましたっけ。(笑)
そんなことで夜9時過ぎまでスタジオにいたのですが、そのクライアントから電話が、、、明日のお昼までに上がりが欲しいと言うこと。。。いや〜、今日やっておいて良かったです。
明日は納品とデータ作り。速く終われば夕方からThe Apple Storeにでも行きたいと思っています。

| | コメント (0)

2007.07.22

本日も撮影

R0010606ご無沙汰でした。
ぜんぜん書く気力が無くなってしまい、日にちだけが過ぎていきました。
ブログにコメントを頂いたり、直接メールを頂いたり、ご心配をおかけしました。
取りあえずはちゃんとやっています。って、当たり前ですが〜。笑
今日も撮影していました。今終わったところ。。。
ここ数日、雑誌の仕事が多くて、毎日、4,5GBくらいのデータが溜まっていくという日々です。細かくてカット数が多くて、、、、
淡々と日々やっていくしかないですね。いろいろ考えてもため息しか出ませんし。昔っからため息が多いって、良く言われるんですよ。気をつけないとね。

さて、本日の撮影で使ったレンズ。雑誌6ページ分の撮影でした。
R0010609自分のスタジオでの撮影なので取り込みようのG5にEOSを直結で撮影しているのですが、新しいバージョンのEOSUtilityがどうにもイマイチ。。。
DPPのバージョンアップと同じ時期にこのEOSUtilityもバージョンアップされたのですが、直結撮影時に自動再接続をしない仕様になりました。一つ前のバージョンではコネクト不良、または電池の消耗時など、接続が切れても、つなぎ直すことで直結撮影が可能な仕様でしたが、今のバージョンではEOSUtilityを再起動させないと再接続が出来なくなりました。
僕の場合、2台を交互に使うときが多くて、、、
メインのイメージカット用に1台をセットに据え置き、手持ちで細部カットを撮る、、みたいな時には自動再接続の機能はすばらしく便利だったのですが、、、新しいバージョンでは出来ません。
先のスタジオフォトフェアの時にキャノンの開発の方がいらしたので、その件を言ってみたのですが、、、バグではなくて確信的にその機能は外されたようです。もちろん、希望は伝えましたが、、、僕程度のカメラマンの言うことで仕様は変わらないでしょうね。
先週のマイナーバージョンアップで、「ひょっとして・・・」と淡い期待を抱いていたのですが、、、残念な結果でした。
DPPもEOSUtilityもマイナーバージョンアップはMK3対応の案件のようで、、

直結撮影をするカメラマンの多くはPhase OneのC1プロを使っているようですが、気持ちはスゴクよく分かります。C1プロは使いやすいですからね。僕の場合、ブツ撮りはキャノン純正と決めています。ソフト上でシャッタースピードと絞りが変えられるのは、なんと言っても便利ですから。

さて、明日からまた一週間が始まります。がんばって行きましょう。

| | コメント (0)

2007.07.13

最近の我が家

R0010457久しぶりの書き込みです。
仕事がないわけではないのですが、、、というか、むしろ忙しい1週間でしたが、いろいろあって、気分的に落ちています。デジタルの大変さを思い知った今日この頃と言いますか・・・このままではカメラマンを廃業しようか?というくらい滅入っています。
ですが、そんなこと言ってても始まらないですからね。今ある仕事に全精力を傾けましょう。


R0010463さて、最近の我が家です。
上の写真は僕が飲んでいるビール。ビールは相変わらず新製品がよく出るので、取りあえず新しいのは買ってみます。発泡酒、第3のビールの類はどうもダメなので、もっぱらビールと言われるビールです。本当はドイツでもビールとして通用する麦芽とホップだけを使っているものが一番好きなんですけどね。
この写真は最近、女房が飲んでいる焼酎。
僕も一口頂きましたが、、、僕は黒丸の方が好きかな。
R0010462そんな女房ですが、、、、昨日、家に帰ったらブレッソンの写真集がありました。
女房がその日に写真展に行ったので帰りに買って帰ってきたそうです。
僕も欲しかったものですが、、、高かったし、、(笑)
17000円の写真集ですから、そうそう・・・ね。

ちなみにですが、女房は写大出身です。暗室なんかも当然出来ますし。
夜二人でお酒を飲みながら写真の話が出来るのは、僕にとってすごくホッとするひとときです。

そんな彼女が今日、欲しいと言ってきたものがあります。
ライカです。
思いっきり影響されてますネ〜。まあ、それも良いんじゃないでしょうか?ただ、ライカを触ったこともないのでたぶん、、、ライカは無理かな〜と言う気はしますね。デジタルライカだったら、面白いかも知れません。
そのうち、銀座のライカに行ってみようかと思います。
R0010455さ〜って、明日は電塾の合宿です。
名古屋付近まで行くのですが、台風は来ているし、、、新幹線の切符は取っていないし、、、クルマで行こうか、新幹線で行こうか?この時間でも悩んでいます。

明日の朝、起きてから、webで道路状況とかを見てから決めようかと思っています。
単に参加するだけですから、気が楽・・・

そんなことで、行ってきたらまた何か書きますね。

写真は品川駅での広告入れ替えの場面。新700系だそうで、、、僕はてっちゃんではないので何の興味もなし。

| | コメント (5)

2007.07.11

泣ける!オリンパスE-510

泣けますネ〜、オリンパスE-510・・・
オリンパス

と言っても、CMの話ですが〜、、
宮崎あおいさんがモンゴルに行って、、、みたいなストーリーだと思いますが、現地の男の子が持っている手作りのカメラ、、、おもちゃです。
その時の言葉が泣けますネ〜〜。

今日、仕事で一緒だった編集の人も同じく泣けると言っていました。ちなみに男性。
うちの女房は「なんで??」みたいで、、、共感いただけませんでしたが、、男性特有の感覚なんでしょうか?

更にちなみにですが、、二人ともこのCMがどこのメーカーだか記憶がありませんでした。。。オリンパスとしてはどうなんでしょうか?
でも、僕はすごく好きなCFです。ミスチルの曲も良い!

| | コメント (5)

2007.07.09

CG241W 再び・・

R0010430土曜日の話ですが、、、電塾の勉強会でした。
この日はいくつかのセッションがあってその一つが以前ココでも取り上げたEIZOの新型モニターCG241Wのメーカーの方を交えた説明でした。
写真のようにCG241Wとその前機種CE240Wを並べて見られるようにしてあります。
さて、すでにこの写真を見ただけで、色の違いに気がついてしまいますね。ちなみに両方とも同じ条件でハードウェアキャリブをしてあります。僕の座っている方向から撮っていますので、角度の違いによる色、明るさの差もあります。が、会場での印象はほとんどの方がこの写真を見て感じるのと同じように感じたと思います。

このブログでいろいろ書くと、僕も各方面からいろいろ言われます。だから面倒くさいし、書かなきゃ良いんですが、、「書きたいことを書く」という初心で始めたものです。しばらくはそれを通してみたいと考えています。

さて、印象ですが、、、お断りしておきますが、あくまで僕個人の印象です。見る目のないヤツがまた何か言っている・・と思っていただいて結構です。


この日のこの状況で、会場には2台とも午後一杯、この状態で展示されていました。僕はそのすぐ前の席について数時間、それを眺めていました。
それでの印象ですが、、、まず、旧型機のCEがあまりに問題なしなので、僕はビックリしました。CGがどうこうという話よりも、こっちの方が僕にとっては驚きでした。僕がCEはあまりオススメできないモニターとして以前書きましたが、僕が見ていたのはちょうど1年前、発売直後のものでした。その時の印象は電塾の勉強会レポートにも書いています。公式レポートなので濁らして書いていますが、、当時の印象では「ダメ」の一言です。
この日、新型CGと比べて、遜色がないのに驚きました。(sRGBとかAdobeRGB表示だとかは抜きにして)
ナナオの人に「発売時と液晶を変えましたか?」と質問をぶつけたところ、同じメーカー、同じ型番と言うことでした。ただ、、、、ナナオの方からは改善点として数々の要求をメーカーにぶつけているので、それに対して修正が入っているかどうかは、、分かりかねるというお話でした。

で、本日のメインのCGの方ですが、、、これがまた、、、、アラが見えてしまいました。

この手の液晶の場合、どうしても画面左右での色の見えが違います。旧CEの薦められない点は画面の中で左右、真ん中の差がでかい点でした。
その問題を何とかするために出来た技術がデジタルユニフォーミティですが、、、これとても液晶に対して真っ正面の見えは同じに出来るのですが、角度を付けて見た場合は同じになりません。モニターは人間が真ん中から使うのでワイド液晶では右と左でその角度が大きくなり色の差を感じてしまうと推測され、その点はどうしようもないところです。

前置きが長くなりましたが、新CG241W、この日のモニターではその差を僕は感じてしまいました。もちろん、会場では気にならないという人もいらっしゃいました。よ〜く見れば、と言うレベルだと思います。
ちなみにですが、、最上位機種のCG221だとこの色の差はないというお話です。当然、値段が高いですから、そりゃ当たり前という感じですが。

旧CEですが、、、会場に持ってきていた個体では新CG241Wよりもその差がありませんでした。。。つまりは、僕には旧CEの方でも悪くないのではないか?と思うくらい、、、、

新CG241Wが悪いとか、ダメとか言う話ではありません。

たぶんですが、、同じ機種でも多少のバラツキがあるのでは?と言うことなんです。それと、発売時と1年も経てば、同じ機種でも熟成されてくると言うことは、モニターに限らずどんな機械製品にもある話です。

僕も今使っているCG18にムラがあるのでナナオの修理に出したことがありますが、出荷基準内と言うことで帰ってきた経験があります。今でも使っていますが、真ん中でしか判断しないようにしています。同じようにCG19も使っていますが、真ん中でしか当てにしていません。CG18も19もデジタルユニフォーミティなんかない時代のものですから、ある程度のムラはあります。キャリブレーターは真ん中にしか付けられませんから(EIZOのハードウェアキャリブの場合)、真ん中は正解、と言う見方しかできません。

ワイド液晶の場合、真ん中で見ろ!と言ってもタダでさえでかいですから、、、それを納得していただける人は少ないかも知れませんね。所詮、真ん中しか当てにならないんだったらワイド液晶はいらないというのが、僕の論理です。

会場でも何人もの方がこのCG241Wを購入対象にしていました。「コレを買え!」と言って欲しい、と言う気持ちはよ〜く分かります。が、誰も正解は言えないでしょう。

ただ、今現在で、カメラマン、フォトグラファーがモニターを選択しなければならない、、、と言う状況でしたらこのCG241Wは上位でしょう。ただし、、、このモニターを2個買ってDualにすることはオススメしません。色の差が気になってしまう可能性が大です。24インチを2個並べたいという人も少ないと思いますが、、(笑)
デュアルモニターにするときはまったく違うメーカーのもので並べた方が気が楽です。所詮、同じ機種を並べても同じ色具合になりませんから。。。

それから、、、EIZOの方がデモでおっしゃっていた、「CG211は今後ともsRGBの最高のリファレンスモニターであり続けるでしょう」という言葉が、僕には頭に残っています。たぶん、これ以上(CG211)のモニターは今後は出ないと言うことでしょう。

それと、みんながみんな、商業印刷用のリファレンスモニターを求めているわけではないという点。先のブログにアップルのモニターはスタジオ撮影では最強、と書きましたが、用途によって、使い分けは必要です。

それから、、、AdobeRGB表示がどうしても必要なのか、どうか? 僕にはそれを断言することは出来ません。

| | コメント (2)

2007.07.06

カメラ直結撮影

僕の場合、カメラとパソコンをつなげて撮るケースが半分以上です。自社スタジオで撮るときは100%繋ぎますし、ロケでも外ロケ以外では繋いで撮ることが多いです。
Eosutility
そんなことで、今回は繋いで撮るときのバックアップについてのお話し。

ちなみにキヤノン限定です。

キヤノンではEOS Utilityというアプリケーションでカメラとパソコンをつなげて撮ることが可能です。この際、EOS Utilityの環境設定で「カメラ内のメモリーカードにも保存をする」という設定をチェックしておくと、撮影画像はコンピューターのHDとカメラ内のメモリーカード、両方に記録されます。

以前よりこの機能はあったのですが、、、僕は使ってきませんでした。なぜなら、、スピードが遅くなりそうだから、、、
ですが、正確にどれだけ遅くなるのかは実証したことがありません。
今日はヒマだったので、、、笑、やってみました。

記録はRAWデータのみ、カメラは1Dmk2Nです。PCはMacデスクトップG5、デュアルコア2.3G。
テスト方法は1分間でどれだけシャッターが切れるか?というシンプルなもの。1分間で切れるだけシャッターを押します。とうぜん、バッファを使い切りますので、数秒後には断続的にしかシャッターが切れなくなります。転送、記録が終わり、バッファが空きが出来ると切れる、と言うことを繰り返します。1分間で切ったシャッターの転送がすべて終わるまでの時間も記録しました。

カメラ、Mac 両方記録 70コマ 1分23秒
Macのみ記録      78コマ 1分25秒
カメラ、Mac 両方記録 RAW+JPEG CFカードとSDカードに振り分け記録
            62コマ 1分25秒

と言う結果に。

やはり遅くなりますね。モデル撮影の時にはこのバックアップ方法は向いていないでしょう。コマフォトに僕が書いた記事でのeSATAのRAID-HDに記録させるのが最も速く安全性が高い方法でしょう。

ロケなどで安定電源が取れないときは、このやり方でのバックアップは有効です。

一番下の「RAW+JPEG CFカードとSDカードに振り分け記録」にすれば同じ画像を3個のメディアに保存することになります。
更にですが、、、カメラ側のバックアップ撮影を有効にしておいて、記録方法をRAWデータのみにすればカメラ内のCFカード、SDカード、パソコンと3箇所に同じRAWデータが記録されます。JPEGデータはどっちにしてもいらないから、とにかく安全に、、という要望にはこれが最も適しているでしょう。以上、1Dmk2Nでの話です。たぶんMK3も同じだと思いますが、、1Dsmk2は振り分け記録は出来ません。

ただし、、、、
ボトルネックがあります。3箇所に記録すると言うことは、どのメディアも速さと容量を要求されます。どれかが遅いメディア、小さい容量だったりすると、、、、すべてがそのメディアに足を引っ張られます。

直結撮影に関しては、まだまだ書きたいことがあるのですが、、、今日はこの辺にします。

| | コメント (0)

相性か?

070706今日は朝からプロフィール用の撮影を1件だけ。
順調に終わってしまったので、またまたヒマです。笑

で、以前から気になっていたカードリーダーの不具合を調べることに。。。

35タイプのデジカメ、メイン機はキヤノンの1D系なのですが、これはダブルスロットと言ってメモリースロットが2個あります。CFカードとSDカードが1枚ずつ、入りますが、バックアップ記録と言って同じデータ、またはRAWデータとJPEGデータをそれぞれ振り分けて記録をすることが可能です。
これはリスク回避に現時点では最高の安全度を誇るシステムと言えます。

そんなことで、僕もこのダブルバックアップはいつも使っています。
R0010423

で、SDカードを何枚か持っているのですが、その中のトランセンド2GB150倍速が手持ちのカードリーダーのいくつかと相性が悪くて認識できません。

今事務所にあるのが写真の3種類。SDカードが読めるものだけで。
左からアイオーデータ、エレコム、バッファローと、誰しもがよく使うメーカーのものばかりです。

この中で例のトランセンド2GBが認識できるのがバッファローのみ。ちなみに他のSDカードは安売り定番のAデータ。これはすべてのリーダーで読み込めます。

最初、テストしたときは真ん中のエレコムのリーダーでも認識しませんでした。その後、カメラで物理フォーマットを掛けたら、エレコムは認識可能に、、最後に残ったアイオーデータはどうやっても認識せず。。。

もはや、相性としか言えません。ちなみにですが、、SDカードはSDHCではありません。リーダーライターもそれ対応のものではなく古いと言えば古いタイプでしょう。アイオーデータのこれは同じものを2個持っていますが、両方ともダメでした。

現場で認識しない、、ということもあるでしょう。かなり焦りますよね〜。事前のチェックはいろいろなところで欠かせない作業ですね。


| | コメント (6)

2007.07.05

アンリ・カルティエ・ブレッソン展

R00103902今日はぽっかりと空いているので、ブレッソン展に行ってきました。

ブレッソンは先の雑誌penでも特集されていました。
今回の展覧会はかなり大規模、、確か350点だったか??
見るのには相当時間が掛かります。

梅雨の割に天気が良かったこともあって、家からは自転車で出勤。
ブレッソン展のやっている東京国立近代美術館は竹橋ですが、ふと、自転車でこのまま行ってしまおうか?と思い立ち、、、

銀行にも何軒か寄りたかったし、、、銀座に支店があるので、銀座経由竹橋のプランに。

平日の銀座はなんかゆったりとしてて良い感じです。
美術館へは結局3時過ぎに到着。
平日なのでそんなに人がいないのかな〜、と思っていましたが、けっこういらっしゃいます。
ただ、絵画の展覧会に比べて、オバチャン率が圧倒的に低いので、静かに見ることが出来ます。
R0010396
展示内容は、、、、
見所はヴィンテージプリントの部屋があるので、そこのプリントはやはり感動的です。
その他のプリントは後年、プリントされたものですが、ヴィンテージプリントと比べると感動という面では薄い・・・
その差は何なのか?
デジタルフォトでも良く言われるけど、雑味なのかな〜と。
黄ばんだプリントを見ているだけで、何となくその奥底にある、ブレッソンの撮影したときの感覚、そんな幻影を感じてしまうのかもしれません。

後半にフィルム上映をしていますが、サラ・ムーンが撮影したフィルムは興味深かったですね。ブレッソンと一問一答みたいな会話が続いています。
写真って盗人みたいね?とサラ・ムーン、、、
「いや、スリという感じだ」とブレッソン。

いかにも、、、スナップショットの巨匠という感じでしょうか。
R0010402国立近代美術館には自転車置き場があるにはあるのですが、車輪をスタンドに入れるタイプではないのです。僕の自転車にはスタンドがないのでこんな感じで椅子にくくりつけます。
R0010400

| | コメント (0)

凹みレンズボード

R0010415カメラ機材屋さんである銀一から商品入荷の連絡を受ける。
1,2ヶ月以上前から頼んでいたあるもの、、、凹みレンズボードです。
大判カメラはジナーを使っていますが、同じ規格で国産のホースマンのボードや蛇腹が使えます。値段も安いのでジナーを使っているプロはホースマンの製品を流用している人が多いです。

今回の商品はこの間買ったローデンシュトックの35ミリレンズ用に買ったものです。テヒニカボードではここまでの凹みレンズボードはあり得ません。レンズボード自体が大きくなってロケなどには不便ですが、35ミリレンズで無限遠を出して、更にあおるにはこの位の凹み具合が必要になります。ちなみに40ミリのへこみです。
R0010413このボードにレンズを付けるとレリーズなどが付かなくなります。
そこで登場なのがへの字のレリーズアダプター。古い大判カメラ使いの方なら誰しも使ったことがあると思います。この製品、実は一度、生産中止になったものと言うこと。困るカメラマンがいると言うことで銀一の方で特注させたそうです。このアダプターだけで2000円ですから、高いと言えば高いものですが、無いと困りますね〜。
R0010417
そもそも、手動でレンズ操作をするのは、ISSに慣れると、、、どうにもかったるいものです。
ですが、こと、広角レンズではこのようにISSシャッターを入れることは不可能なので、どうしても手動操作になってしまいます。
Phase One使いとしても有名な伊藤さんのところでは、改造してISSを使えるようにしていると言うことですが、、、一般的には「手でやる」カメラマンが多数派でしょう。
R0010422ローデンシュトックの55ミリはテヒニカボードの凹みレンズボードに付けます。これも操作がやりにくいですが、、、レリーズに関してはアダプターを必要としない構造なので、まだ良しとしましょう。

Phase Oneなどのバックタイプをつかって大判カメラで従来型の写真を撮ろうとすると、まだまだ各自のノウハウ、工夫が必要です。
でも、その手間を上回るくらいの仕上がりが得られます。35タイプで満足できない方は次のステップとして考えてみても良いのでは?と思います。

| | コメント (2)

2007.07.04

何となくBlue

久しぶりです。
土日も仕事だったりで、そこそこ忙しい日々でした。

でも、何となく仕事もうまく進まなかったりで、ブルーな感じです。天気のせいか、、暑くて夜、熟睡できないせいか??

気分転換で身体を動かしに行ったり、映画を見に行ったりもしてます。映画はダイハード4.0。久しぶりに面白い映画でした。相変わらず「死なないヤツ」です。普通の人だったら10回は死んでますね。映画の中で。笑

ま、自分の思い通りにならない、、、のは仕方ないことです。

今日も予想以上に早く終わったので、フィットネスクラブに行きます。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »