« 最新の携帯 | トップページ | 今日はアパレル »

2007.06.28

モノブロック

この日のロケで使ったのはこのストロボ。
R0010377モノブロックタイプのストロボです。
このストロボはサンスター、だったかな??X4という名前の。。。すみません、モノブロックは何台か持っていて、このストロボはほとんど使っていないので、名前も覚えていません。
名前もロクに覚えていないくせに、性能は知ってます。(笑)

コレの最大の特徴は出力をデジタル表示できて最小パワーが6WSまで落ちるという点。フルパワーは400WSなので、調整レンジは広い。ただし、、デジタル表示されているからと言って、コンデンサー調光というわけではなくて、電圧調光方式なのでパワーを落とすと色温度の落ちが激しいです。

某所で話題になりましたが、、、
色温度の落ちはどうしようもないし、、、自分の工夫で解決するのが一番安くて合理的なやり方でしょう。

ただし、、、コレの前提は「使用ストロボ、すべてを同じ調光方式のもので揃えること」という大前提があります。すべてサンスターのX4で揃えれば、それほど色の違いは気にならない。問題なのはメーカーや機種をバラバラで、多灯のライティングを組んでしまったとき。

計画的にストロボ機材を揃えている人は良いけど、僕みたいに場当たり的に買っている人は要注意。

僕の例で言うと、、、
コメットのシリーズカット方式のストロボと、コンデンサー調光方式のストロボと、電圧調光方式のストロボ、3種類持ってしまっています。この3種類のストロボはそれぞれパワーを変えると色温度の変わり方が違います。

パワーを落としていくと、、、
シリーズカット方式は青くなり、
コンデンサー調光はほとんど変わらず、
電圧調光方式はアンバーになります。

僕はすでに10年以上、そんなのを組み合わせながら使っていますが、非効率きわまりないですね。
かといって、すべてを同じ方式に揃えるにも、相当な金額がかかりますから、、、たぶん、カメラマンをやめるまでこのままでしょう。

デジタルだから色温度はいくらでも後で調整できる、、と言った論理を振りかざす人もいるのですが、、、それはスタジオ撮影をしたこと無い人の台詞。多灯でライティングしていけばそれぞれで色が変わるので、極端に言えば、立方体の左側が赤くて右側が青い、、といったことが起きてしまいます。それを後処理で揃えようと思っても、マスクを切って、それぞれを調整、、みたいな事をやらないとなりません。
最初から色温度が揃っていれば、それが例え何ケルビンだろうが、一発で補正できます。

色温度を揃える、、というのはスタジオ撮影、広告撮影では基本中の基本。

ただ〜〜、カラーメーターも手に入りにくいような時代になってきましたから、今後はどうなるのか?・・・

ま、色温度も「知らない幸せ」はあると思います。

|

« 最新の携帯 | トップページ | 今日はアパレル »

コメント

湯浅様 こんにちは この前はありがとうございました。

そうですね~色温度知らないほうが幸せ・・・な人、身近に
居ました。トップが傘で下からバンクという場合、
デュフューザーが違うだけでも100~150kの誤差が出る事が
ありますし、それらを調整する為に光源部に補正フィルター
を貼っていたら・・・何してんの? プリセット取れば
いいじゃない って笑って言われてしまいました。 

何してんの?と聞いて来た人、写真館経営なんですよね・・・

投稿: Daisuke Kudo | 2007.07.01 14:16

kudoさん、ありがとうございます。
一概に写真館の方がそうとは言えませんが・・・どのジャンルでもすべてにおいて無頓着な人はいらっしゃいますね。逆に異常に神経質な人も居ます。僕はどっちかって言うと後者の方かな??

ストロボは直で使うことはまず無いですから、ボックスはもとより、傘でも、新品から使い古しのものまで、色はその度ごとに変わりますからね。

気にしない、、、知らない、、、そんな人はそれでかまわないと思います。
色なんかよりもっと重要な要素があるという写真はいくらでもありますし。

投稿: tatsphoto | 2007.07.04 18:18

自分も細かい所は異常に神経質です。(笑 
自分のやっている一般向けデジカメ講座もずいぶん
細かい所教えてます。 一般向けに商業写真館の人
がこっそり来たりしてますけどね。 そういう人は
電塾に行けばいいんです。(笑 

色温度とは関係ないですが今、自分のセミナー
で使っている露出計のSEKONIC L-758D いいですよ。 
複数のカメラ(3台まで)の個体差を露出計に登録が
出来ます。撮影でもレンタルでカメラを借りる事が
多い私にとっても便利です。

以外とデジタルカメラの素子によって個体差がある
のでフィルムカメラ用の露出計がそのまま使えない
事や最近になってデジタルカメラのISO100の定義
がCIPAによって決まった事とか、これも知らなければ
幸せな人・・・いると思います。

投稿: Daisuke Kudo | 2007.07.05 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最新の携帯 | トップページ | 今日はアパレル »