« モノブロック | トップページ | 友遠方より来たる »

2007.06.28

今日はアパレル

R0010381今日は朝からアパレルなどを含めたグッズ系の撮影。
写真はスーツを俯瞰で撮っているところ。

うちのスタジオでは撮影取り込み用はこのアップルのモニターを使っています。

正式な名前はなんて言うのか分かりませんが、、、結構、カメラマンでもお使いの方が多い機種ですね。

撮影取り込みようにはこのモニターはかなりイイと思います。あくまで撮影取り込み用ですよ。

23インチなので、スタジオ内で使うにはちょうど良い大きさだし、クライアントが何人か来てモニターを取り囲むように見ても角度によって見え方が変わるということは、かなり少ないです。
モニター裏側にはFireWire、USB端子が付いているので、僕みたいなカメラの横にモニターを付けて、引きずり回すという使い方にはうってつけです。うちではカメラからのケーブルはすべてモニターから取っています。そうすれば大きいパソコン本体を引きずり回すこともないですから。

肝心の色ですが、、もちろんキャリブレーターで調整してのお話で、、ハデすぎますね。明るさもCGシリーズとは同じになりません。これで画像調整、修正は、、、僕はオススメいたしません。どう調整しても。。

スタジオ撮影用モニターとしては最強だと思います。ハデな色合いも、パッと見は良い色に見えますし、、、環境光の悪いスタジオで所詮どうやったってちゃんとした色なんか分かりませんしね。
なんと言ってもアップルらしい格好良さがあります。あれ以上、カッコイイモニターはないと思っています。

スタジオ撮影はある意味、カメラマンのパフォーマンスの要素も必要です。MacBookの小さいモニターをみんなでのぞき込むのと、23インチのアップルのモニターに撮影画像が映るのとでは、同じ写真でもウケが違うのは、誰でも想像できる話でしょう。

最近はレンタルスタジオでもこのモニターを貸し出ししているところが多いので、MacBookでも、モニターだけ借りて、繋いで、本体を隠しておけば、デスクトップかと思うでしょうから、そんな使い方も有りだと思います。たぶん、1日3000円くらいのレンタルフィーだったと思います。持って行くより、借りた方が楽で良いですよね〜。
ただし、、簡易型でも良いですから、キャリブレーターは持って行った方が良いでしょう。

|

« モノブロック | トップページ | 友遠方より来たる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モノブロック | トップページ | 友遠方より来たる »