« 新型MacBook RAW現像比較 | トップページ | キヤノン1Dmk3 »

2007.06.08

Phase One C1proをダブルで使う

またまたブログ読者の方からメールを頂きました。大阪のKさんからです。ブログ上でお答えした方が良いかと思いまして、掲載させていただきます。
------------------------------------------------------------------
湯浅さんのプログは、P45を検索していて迷い込みそれから
1年近く拝見させていただきとても勉強になっております。
質問なのですが、2007.02.24のアパレルの撮影で、2台のマックをC1PROでつなぐ方法なのですが、今頃ですが、このことを思い出し、自分もやってみようということで試したのですが撮影した画像を取り込み、LANで繋だもう一台のパソコンで見ようとしてもホルダーを一回一回切り替えないと反映されません。タグやトーンカー
ブも反映されません。(ライセンスが違うパソコン同士)それと、ライセンスが同じパソコン同士でも一応はこの使い方ができるようですが、この辺りの意味合いがもうひとつ理解できていません。
ブログを拝見している限りでは、もっとスムーズにお使いのようですが、
こちらの操作及び設定の、何かが間違っていると思うのですが…。
お忙しいとは思いますが、よろしくご指導願います。
---------------------------------------------------------------
メール有り難うございます。ご指導って、、、言うのもおこがましいです。先生でも何でもないので。

まず、最初にお断りを。。。
ブログ上では非常に良いことばかり、格好いいことばかり書いておりますが、現実はそうでもないです。笑
クライアント様も見ておられるので、失敗したことなんかは、書けません。商売上。笑

そんなことをお含み置き下さい。

さて、2台のマックを繋いで、、、というやり方ですが、「良くやっています」とは言えません。と言うのはそこまで大がかりに出来るのはレンタルスタジオで割に余裕がある仕事の時だけです。そんなお仕事は僕の場合、月に一度あるかどうか?・・・(;。;) 自社スタジオを持っていると言うこともあって、レンタルスタジオを使う頻度はそれほど多くありません。
メールいただいたことで、久しぶりに試してみました。と言うか、ちょっと前の仕事でやはり繋いで使ったのですが、結果が思わしくなくて、別のやり方でその場を切り抜けたと言うことがありました。その後、仕事が忙しく、追加検証などやっていませんでした。ちょうどヒマなので、(;。;) やってみました。
R0010038カメラはPhase OneH25。C1Proを2台で使います。2台はクロスケーブルで共有をします。
結論ですが、、、、フォルダーを切り替えないと更新されません。以前のブログを書いたときは、リアルタイムの更新、とは言えませんが、ちょっと待っていれば更新されたのですが、、、、何が変わったのか?C1Proのバージョン、OSのバージョン、、、原因が分かりませんが、現状ではC1Proで見ているフォルダーを切り替えないと新しい画像を見ることが出来ません。それと、2台目のマックでパラメーターをいじっても撮り込みようマックの画像データには反映されないことも確認いたしました。これも以前とは違いますね。

ということで、以前のブログに書いた2台で繋いで効率的に見るというやり方は、出来ない、と変更させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしました。

ついでですが、、、
他のソフトでも検証してみました。
キャノンのDPPがv.3になったのでその後2台で使ったことがなかったので。v2の時は可能でした。
で、検証結果ですが、これもダメですね。反映されません。

と言うことで、今の時点で、2台のマックを使うメリットはあるか?と言うことで少し、、、

先月の撮影で2台のマックを持ち込んで使ったのですが、それは違うソフトを使っていました。
取り込みようマック:MacBookPro>C1Pro>1Dsmk2
閲覧用マック:PowerBookG4>PhotoMechanic
と言う組み合わせです。

この時、PhotoMechanicでselectをした場合、元データに書き込まれます。ただし、Phase OneのC1Proのパラメーターは元データとは別ホルダーに格納されるので、selectなどは無駄になります。
ソフトを使う上での大前提は「使うソフトは一つにする」という点です。
違うソフトでselect、調整をいくらやっても、実際に現像するソフトと違えば、何の意味もありません。

上記の場合、どうしたか?と言うと、selectだけをPhotoMechanicにさせたのです。キヤノンのCR2の場合、PhotoMechanicのセレクトタグは元データに付加されるので、元データのみのホルダーをどのコンピューターに持っていってもPhotoMechanicで見ればセレクトタグが生きているので、セレクト作業を更新できるのです。

Phase Oneの場合は、パラメーターホルダーが取り込みホルダー内に生成されるので、それを一緒に読み込めば、どのコンピューターからも作業の継続が出来ます。ただし、同時使用は出来ないと言うことです。

以上、ブログだけの情報だと、誤解が生じやすいのですが、、、現時点ではこんな感じで使っています。
ご不明点があればコメントなど頂ければありがたいです。

|

« 新型MacBook RAW現像比較 | トップページ | キヤノン1Dmk3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型MacBook RAW現像比較 | トップページ | キヤノン1Dmk3 »