« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.29

月末週末雨の金曜日

Ok1d7668もう6月も終わってしまいましたね〜。
あっと言う間、、、
月末で週末、そして雨と言うことで、道はスッゲー混んでいたらしいですが、、、

僕は朝からスタジオで撮影の準備、午後からブツ撮り、、急ぎの撮影が入ったので、それを割り込ませて、4時から取材系のロケ、6時戻りで納品行って、戻って昨日納めたデータの修正依頼が来たので、それをやって、、、さっきの取材系の納品データも作って、月末なので請求書の連絡メールを書いて、、、そんなことをやっていたらもう9時過ぎ。。。。まだ請求書を書き切れていません。。
だけど明日も明後日も撮影なので、もう帰ります。
写真は取材先の窓からの眺め。銀座に出来る60階建てのツインタワーのマンションももうすぐ完成みたいですね。60階に住む人ってどんなんだろうと、軽く想像してみる・・・

| | コメント (0)

最近のお仕事070629

先月やったお仕事です。
NEC「VALUESTAR(バリュースター) N」
他にも沢山やっているんですが〜、、
この時はお店の開店時間10時から昼間での間で撮影しました。短時間で撮った割に良い感じでしたね。

| | コメント (0)

友遠方より来たる

R0010380昨日古い友人が来てくれた。
彼とはもう30年近い付き合いか?
写真学校の時、同級生だったのが付き合いの始め。。。同じ群馬県出身と言うこともあって、すぐに仲良くなったような気がする。その後、同じスタジオに勤めて、僕が辞めるまで、そこで一緒にカメラマンとして働いていた。
彼とは趣味が同じだったり(オフロードバイク、四駆、キャンプ・・)して、よくあちこちに行ったものだ。。。

最近はほとんど音沙汰なしだけど、たま〜に会った時は楽しい時間になる。

昨日はアメリカからも一人来ていて、、

遠方より来たると言っても、アメリカじゃあ、遠すぎだろって、、、(笑)

Aくんはたまにメールを頂ける人。
アメリカでカメラマン、ライターをやっているそうだ。
明るく夢なんぞを楽しく語ってくれる、、、その若さがすごく羨ましい。

彼らはこれから温泉に行くそうだが、、僕はゲロゲロに忙しい毎日です〜。

| | コメント (5)

2007.06.28

今日はアパレル

R0010381今日は朝からアパレルなどを含めたグッズ系の撮影。
写真はスーツを俯瞰で撮っているところ。

うちのスタジオでは撮影取り込み用はこのアップルのモニターを使っています。

正式な名前はなんて言うのか分かりませんが、、、結構、カメラマンでもお使いの方が多い機種ですね。

撮影取り込みようにはこのモニターはかなりイイと思います。あくまで撮影取り込み用ですよ。

23インチなので、スタジオ内で使うにはちょうど良い大きさだし、クライアントが何人か来てモニターを取り囲むように見ても角度によって見え方が変わるということは、かなり少ないです。
モニター裏側にはFireWire、USB端子が付いているので、僕みたいなカメラの横にモニターを付けて、引きずり回すという使い方にはうってつけです。うちではカメラからのケーブルはすべてモニターから取っています。そうすれば大きいパソコン本体を引きずり回すこともないですから。

肝心の色ですが、、もちろんキャリブレーターで調整してのお話で、、ハデすぎますね。明るさもCGシリーズとは同じになりません。これで画像調整、修正は、、、僕はオススメいたしません。どう調整しても。。

スタジオ撮影用モニターとしては最強だと思います。ハデな色合いも、パッと見は良い色に見えますし、、、環境光の悪いスタジオで所詮どうやったってちゃんとした色なんか分かりませんしね。
なんと言ってもアップルらしい格好良さがあります。あれ以上、カッコイイモニターはないと思っています。

スタジオ撮影はある意味、カメラマンのパフォーマンスの要素も必要です。MacBookの小さいモニターをみんなでのぞき込むのと、23インチのアップルのモニターに撮影画像が映るのとでは、同じ写真でもウケが違うのは、誰でも想像できる話でしょう。

最近はレンタルスタジオでもこのモニターを貸し出ししているところが多いので、MacBookでも、モニターだけ借りて、繋いで、本体を隠しておけば、デスクトップかと思うでしょうから、そんな使い方も有りだと思います。たぶん、1日3000円くらいのレンタルフィーだったと思います。持って行くより、借りた方が楽で良いですよね〜。
ただし、、簡易型でも良いですから、キャリブレーターは持って行った方が良いでしょう。

| | コメント (0)

モノブロック

この日のロケで使ったのはこのストロボ。
R0010377モノブロックタイプのストロボです。
このストロボはサンスター、だったかな??X4という名前の。。。すみません、モノブロックは何台か持っていて、このストロボはほとんど使っていないので、名前も覚えていません。
名前もロクに覚えていないくせに、性能は知ってます。(笑)

コレの最大の特徴は出力をデジタル表示できて最小パワーが6WSまで落ちるという点。フルパワーは400WSなので、調整レンジは広い。ただし、、デジタル表示されているからと言って、コンデンサー調光というわけではなくて、電圧調光方式なのでパワーを落とすと色温度の落ちが激しいです。

某所で話題になりましたが、、、
色温度の落ちはどうしようもないし、、、自分の工夫で解決するのが一番安くて合理的なやり方でしょう。

ただし、、、コレの前提は「使用ストロボ、すべてを同じ調光方式のもので揃えること」という大前提があります。すべてサンスターのX4で揃えれば、それほど色の違いは気にならない。問題なのはメーカーや機種をバラバラで、多灯のライティングを組んでしまったとき。

計画的にストロボ機材を揃えている人は良いけど、僕みたいに場当たり的に買っている人は要注意。

僕の例で言うと、、、
コメットのシリーズカット方式のストロボと、コンデンサー調光方式のストロボと、電圧調光方式のストロボ、3種類持ってしまっています。この3種類のストロボはそれぞれパワーを変えると色温度の変わり方が違います。

パワーを落としていくと、、、
シリーズカット方式は青くなり、
コンデンサー調光はほとんど変わらず、
電圧調光方式はアンバーになります。

僕はすでに10年以上、そんなのを組み合わせながら使っていますが、非効率きわまりないですね。
かといって、すべてを同じ方式に揃えるにも、相当な金額がかかりますから、、、たぶん、カメラマンをやめるまでこのままでしょう。

デジタルだから色温度はいくらでも後で調整できる、、と言った論理を振りかざす人もいるのですが、、、それはスタジオ撮影をしたこと無い人の台詞。多灯でライティングしていけばそれぞれで色が変わるので、極端に言えば、立方体の左側が赤くて右側が青い、、といったことが起きてしまいます。それを後処理で揃えようと思っても、マスクを切って、それぞれを調整、、みたいな事をやらないとなりません。
最初から色温度が揃っていれば、それが例え何ケルビンだろうが、一発で補正できます。

色温度を揃える、、というのはスタジオ撮影、広告撮影では基本中の基本。

ただ〜〜、カラーメーターも手に入りにくいような時代になってきましたから、今後はどうなるのか?・・・

ま、色温度も「知らない幸せ」はあると思います。

| | コメント (3)

最新の携帯

R0010376日本最大の携帯キャリア会社の会議室で撮影。
発表前なので外に出せないと言うことで、、、こんなコトになっています。
撮るものは小さいので会議室クラスで十分、、、というか、この会議室、僕のスタジオよりも大きいのですが〜〜。(笑)
このところ雑誌の携帯特集26ページをほとんど一人でやっているので、連日、携帯ばかり撮っています。もう気持ち悪いくらい・・・
R0010378軽いロケ用の買ったMacBookがこのところ大活躍です。MacBookPROいらないかも・・・
カーボネイトだからアルミの筐体のように気にせずにどこにでも動かせて、機動性を要求されるロケにはうってつけですね。HD容量もメモリーもたっぷりあるし、、、
R0010379撮影は順調に進んで、夕方まで掛かる予定だったのが3時に終了。
その後、急に入った撮影の商品をピックアップに六本木まで。
そのクライアントの待合室に置いてあったのがコレ。ソニーの新型携帯です。ワンセグ内蔵で置いて見るスタイルが出来ます。だってブラビアブランドで出しますから〜。
ちなみにほとんどの機種がワンセグ内蔵になってきてますネ〜。デジカメすら携帯内蔵のは使っていないというのに、、今度はテレビですか??更にちなみにですが、、携帯の中で録画も出来ます。(笑)

スゴイ時代ですね〜。

| | コメント (1)

2007.06.25

ようやくCS3

070625日曜も仕事でしたが、本日は撮影無し、、、明日から忙しい毎日になりそうです。
と言うことで、今のうちにやっておきたいこと、、まず、CS3のアップグレード、それと、プリンタ用紙など消耗品の買い足し。。アキバのヨドバシまで行きます。
何でヨドバシかって??APA会員の特典である、ポイント+3%を付けるためです〜。>セコイ話。
ネットで買うとどうしてだか?この+3%が付かないで普通の人と同じなんです。それでは会員の意味がない、、、ってこともないですが、まとまったものを買うときはヨドバシまで行きます。

AdobePhotoshopCS3はアップグレード版で26000円。これがAPA会員特典だと3000円くらいのポイントバックがあります。時間のあるときは店舗に行った方がいろいろ見られるし、お得だし、、、

さて、事務所に戻って早速のインストール。
が、けっこう手こずりました。と言うのは僕のメインマシンのMacProにはCS3Betaがインストされていたので、、コレの削除はなかなか面倒でした。インストールディスクにもベータ版のアンインストール方法が書かれていますが、スクリプトを走らせてもダメ。結局、全部手作業で一つ一つファイルの取り除くことになって、、、こんな目に遭うなら入れなきゃ良かった!という感じでした。ベータ版を入れてもそれほど使いませんでしたし。。

ようやくインストールできるようになりましたが、、、これが時間が掛かる。とてもじゃないですが、見ていて終わるようなものではないです。放っておいてお茶にする、とか、他のことをやっていないと時間の無駄。インストールする人は雑誌でも見ながらやった方が良いでしょう。

さって、CS3にようやくアップグレードしました。インテルマックの実力発揮、、、と言いたいところですが、、、実のところ、このところ、Photoshopを使わない方向に仕事の流れが変わってきています。雑誌、ウェブ系の仕事が増えたと言うこともありますが、、、キヤノンのDPPでRAW現像して、そのままDPPでコンタクトシートを作って、プリントアウト。プリント上で画像のチェックをして直したくなったものだけを修正、、あとはCDRに焼いて納品。。。
これだとPhotoshopレスで仕事できます。
以前はPhotoshopでコンタクトシートを作っていましたが、あまりにかったるい!しかもプリントアウトするのに一枚ずつプリント指示を出さないとならない。。。プリント時にCMYKシミレーションプリントを刷るために仕方ないのでPhotoshopの遅い作業に耐えていましたが、DPPでのコンタクトシートも同じようにCMYKシミレーションプリントが出来るので、今はそればかりです。

広告の仕事のように修正も入るし、何度も色味をチェックしながらと言う仕事でしたら、Photoshopは必需品ですが、時間と手間を重視する仕事だったら、いかにPhotoshopを使わないか?それを考えた方が仕事の効率が上がると思います。

CS3が出たばかりなので、ウキウキの人も多いでしょうけど、浮かれているのは一部の進んだカメラマンだけのような気がします。多くの人は「またか・・」とアップグレード料金のことを考えたりして居るんじゃないかと思うんですが。。。

ただし、インテルマックで使うと速いです、確かに。今までの修復ブラシツールなんか追従性が恐ろしく良いです。
僕レベルでは新機能をまた勉強していく、、というのも正直、気が重いです。笑

| | コメント (5)

2007.06.24

キティちゃんカード到着

R0010375今朝、書留で届いたもの。
そうです、キティちゃんカードが到着したのです。
昔、キティちゃんの通帳を持っていました。>これは古い日記に書いています。
当時はキティちゃんグッズのムックを作っていたこともあって、ウケ狙いでキティちゃん通帳にしていたのです。その後、その仕事もなくなり、、、第一勧銀もなくなり、、、みずほではキティちゃん通帳にすると、旧富士銀系では通帳の更新が出来なくなると言うことで、普通の通帳に戻っていました。

2週間ほど前、みずほに行ったところ、新型のICカードにしませんか?と勧誘を受けて、ちょうどヒマだったし、使っているカードももう20年くらい使っているものでしたから、、この際換えることにしました。ちなみに写真の奥に写っているのが以前のカード。ミズホの人に「久しぶりに見ました」と言われたくらい、古いデザインです。

ICカードに換えるに当たって、何種類かのデザインが選べるのですが、何となくキティちゃんにしてみました。こんなオッサンがキティちゃんのカードを持っている、、、そんな意外性がウケるかな〜っと。ネタ仕込みに大変ですね、オジサンは・・・(笑)

先週、久しぶりにキティちゃんを撮影しました。
で、今日、キティちゃんカードが届いたのは、偶然ではなく必然だったのでしょうか?

| | コメント (0)

2007.06.23

オトコの腕時計

R0010366初対面の人とお話しする時にどこを見ますか?
相手が男性の場合、もちろん顔から始まって、眼、めがね、洋服、靴、、、そんなところでしょう。僕は高い順位でその人がしている腕時計を見ます。
携帯の普及とともに「時間を知る」道具ではなくなった感のある腕時計ですが、その人のオトコ度、センスなどを表現するには欠かせないアイテムになっています。
先の記事で書いた雑誌「Pen」ですが、表紙をめくって中面をパラパラ見るとかなりの頻度で腕時計の広告が入っています。景気回復からか、男性向け腕時計が売れているそうです。しかも、高価格のものが。(100万以上の売れ行きは凄いようです)

さて、上の写真は金曜日の雑誌の撮影でうちのスタジオにいらしたライターさんがしていたもの。これを見てすぐ「ふ〜ん」と思う人はデザイン通ですね。かの吉岡徳仁さんのデザインでイッセー・ミヤケブランドから出ているものです。吉岡さんは若手デザイナーとしては最も有名な人でしょう。先々週だったか、NHKの「プロフェッショナルの流儀」にも出られています。

この時計、もはや時間を知るという機能すら無くなりつつありますね。それどころか、ライターさんが言っていましたがよく天地を間違えて付けることもあるとか・・・時計の付いているブレスレット、という感じですね。

その場にいた編集の人としばし時計談義になりました。
やはり、相手が男性の場合、その人がしている腕時計を必ずチェックすると言うことでした。クルマと同じでその人の収入や価値観、大げさに言うなら生き方さえも感じられるのが、腕時計かも知れません。
僕の他のある知り合い編集者は、そんな「値踏み」をされるから時計は絶対しない、という人もいらっしゃいます。
特に編集者や、デザイナー、クリエイターというような職種の人たちは、ダサイ時計で変なイメージを持たれるのでは割に合いませんからね。

僕がしているのはオメガですが、オメガはこの手の輸入時計の初歩なので、若い人でして居る人がかなり多いですね。電車に乗って吊革につかまっていると隣も、その隣もオメガでしたという光景は、東京ではよくあります。ある程度の年齢、社会的立場になると、「今更オメガは出来ない」という人もいるくらい、、、金満ニッポンという感じですが〜(笑)

最近、僕の年齢ゾーンで多いのは電波時計をしている人。。。一時、僕も買おうかと思いましたが、ある若い人に「電波時計買おうかと思って、、、」って言ったら、
「あ〜〜、うちの親父も欲しいって言ってましたよ。年取ると欲しくなるんですかネ〜。だんだん自分が正確でなくなってくるから、正確なモノが欲しくなるのかも??(笑)」
って、、、、
さすがに買う気は失せました。(笑)
まあ、でも、的を射てるかも、、、

と言うことで、電波時計をしている人を見ると、ついついその時のやりとりを思い出してしまいます。

| | コメント (4)

2007.06.22

ビリーな一日

ブート・キャンプと聞いてMacとか言っているようでは、もう末期症状ですから気をつけた方が良いでしょう。(笑)

昨夜、ビリーが来日して、今日は朝からテレビ出ずっぱりですね。
このビリーズ・ブート・キャンプは昨年の秋頃からケーブルテレビの深夜のショップ・チャンネルで流されて、その後、新しもの好きな連中がレアな話題にするため買ってみて、それがだんだん広まったというものです。

僕はフィットネスクラブに行っているのですが、この手のプログラムはアメリカでは結構あって、日本ではそのプログラムごと買ってきてフィットネスクラブでやると言うこともされています。コナミのボディ何とか、というシリーズはそれですね。ビリーズ・ブート・キャンプはコナミのボディ・コンバットと内容的には非常に近いものです。

僕も女房もこのボディ・コンバットは週1回はやっている軽い「常連」なのですが、最初にやったときは筋肉痛でひどかったですね。日頃使わない筋肉なので、、特にキックがきついのです。バックキックなんてやらないですもんね。

ビリーズ・ブート・キャンプはプログラム的にも当然イイし、ビリーの個性がそれに輪を掛けて面白いし、、、
ただ、この手の自宅でやるプログラムは続けられません。それが出来るようならこんなの買わなくても毎日腕立て伏せと腹筋、スクワットをそれぞれ100回くらいやっていれば、誰でも良い身体になれますから。それが出来ないからお金を出してフィットネスクラブに行くわけで・・・

ビリーが来日したことで、すでにブームは頂点を過ぎた感がありますね。普通のオジサンがその流行を知ったときには、そのブームは終わったと言われてますから。

でも、プログラムは良いです。これを機にちょっとでも興味を持った人はお近くのフィットネスクラブへGO!

| | コメント (0)

2007.06.20

暑い1日でした。

R0010348朝からたまプラーザで撮影。
順調に終わって、、、最近、撮影は順調に終わるな〜、良いことなんですが、、、。
で、昼ご飯は現場の近くにあったモンスーンカフェ。平日のお昼なのに子供連れの奥様方が多い・・たまプラーザというイメージピッタリな空気です。
R0010349
東名に乗って帰りますが、、渋滞情報が、、9キロだそうで。3号線で10キロ以下はまだ空いている方・・たまプラーザ方面は環境は申し分ないのですが、都心まで通うのはたいへんです。
渋滞中のクルマの外気温はこんな数字です。
来月からまたガソリンが上がるそうで、、、渋滞するは、エアコンかけるは、で、燃費も悪くなる一方です。

| | コメント (0)

ColorEdge CG241W 実機

R0010353_1スタジオ写真フェアで一つの目玉だったのがコレ。
EIZOのColorEdge CG241Wの実機です。
たぶん、僕たちカメラマンの一番気になったものでしょう。
僕も先の発表直後の記事で書いたくらいです。ダメかな〜と書いた以上(笑)実機を見に行かねば、、、
ちょうど鹿野さんも実機を見にいらしていたので一緒に拝見いたしました。さすが鹿野さん、ご自身のテスト用画像をモニター画面に映してチェックしておられました。イヤな顔しないナナオさんもさすが。
で、個人的な印象ですが、、、
はなから僕は「ダメだろう・・」と先入観を持って見ました。が、、それを裏切るくらいの質の高さです。CE発売当初のCGシリーズと並べるとどうしようもない差が、今回はありません。CGと並べて置いてありましたが、、、sRGBのCG211と比べると当然のことながら鮮やかな色の出方がまったく違います。>それが良いことなのかどうかはさておき・・

いろいろ会場で立ち話をしましたが、、、
印刷現場からはsRGBのCGシリーズを残しておいて欲しいという要望があるというお話しでした。端的な話で、コレが一番興味深かったですね。僕も並べて見て「鮮やかな色を見られるのは良いことだろうけど、、、商業印刷でそれが全部出れば誰も苦労はしないな・・・」と相変わらずマイナス的な感想でした。笑

それとあくまで個人的な推測ですが、、CG211,CG19などの非ワイド液晶は早晩作られなくなるのではないか?と思っています。言うまでもなく市場の売れ線はワイド液晶ですから・・・どんなに写真家、印刷業界が欲しいと言っても、売れる数はワイド液晶の方が遙かに上でしょう。メーカーは売れないものは作らなくなります。EIZOはモニターメーカーですが、液晶メーカーではありません。あくまでも液晶を買ってきて組み込んでいるだけですから、売ってない液晶でモニターは作れません。

そんな背景もあって、今回のワイド液晶のCGシリーズは、今後の方向性として必然だろうと思います。同じようにIPS液晶ではないと言うことも。。。

そんなことで今回のColorEdge CG241WはCRTモニターが無くなった時と同じように、液晶モニターが次のステージに一つ進んだ、そんな感覚を受けました。

CG19,CG211をこれから「あえて」選ぶ人は少なくなるでしょうね。。。。

蛇足ですが、、、こんな製品が出ても、僕のオススメはあくまでもCG19かCG211です。笑 
注! あくまでも商業印刷物が最終というカメラマン、写真家は、と言う断りを付けておかないとまずいですね。ついでに言うなら、商業印刷物でもクルマや宝石などの高度な印刷物が最終というカメラマンなら、高いモニターの方が良いと思います。webのお仕事も19、211の方が良いと思います。

| | コメント (4)

スタジオ写真フェア2007

スタジオ写真フェア2007に行ってきました。
朝から横浜方面で撮影。。。順調に終わったので昨日のAppleStoreでの会場で知り合いカメラマンからこのイベントのパンフレットを頂いたのでした。昨日から2日間と言うことで、今日行かないと終わってしまいます。潔いですね〜、2日間というのも。
このイベントを知らない人に簡単に説明すると、、、主に営業写真館に向けての写真業界の展示会です。春のPIEは写真全体に対してのイベントで、スタジオ写真フェア2007とはターゲットがまったく違います。かといって、僕たち雑誌、広告写真の業界ともちょっと違っていて、、まあ、そのあたりはどうでも良いですね。
R0010359
昼過ぎに着いて、1時間くらい見ればいいか〜、と軽く思っていましたが、結局5時まで居ました。あちこちに知り合いが居るのと、デモをやっている人も知り合いだったり、、
PIEと違って、デモの人との距離が近いし、非常にアットホームな感じです。2日間という凝縮された時間なので見てる方も展示社も瞬発力という感じで、、、昔、浜松町でやったとき、一度だけ見に行ったのですが、その時とは雲泥の差ですね。スゴク良いイベントになったなと感じました。ちょうど昔のIPPFを彷彿とさせる感じ・・・良い具合にPIEと棲み分けて定期的なイベントとして定着して欲しいと思います。それと、営業写真館だけでなく、雑誌、広告分野のカメラマンにももっとイベント自体の告知をするべきでしょう。

上の写真は有名な茂手木さんのロケ用ラップトップ入りバッグ。茂手木さん、さすがです!
R0010361今日は良い天気でした。

| | コメント (0)

2007.06.19

「美しいモノクロプリントテクニック」アップルストア銀座

R0010342お昼過ぎからの撮影は順調に終了。
いろいろな都合から立ち会いのクライアントさんが撮影データをそのまま持ち帰るとコトになり、納品もしなくてイイし。。。手離れが良い仕事になりました。

予定よりも早く終わって、ダラダラと明日のロケの準備をして、夕方からはアップルストア銀座のコマーシャルフォトセミナー「美しいモノクロプリントテクニック」に行きます。講演者の根本さんはAPAに入っているカメラマンなら知らない人はいないでしょう。一般人にはそれほど知られているわけではありませんが、エプソンの新型プリンター関連のセミナーもやっているので、モノクロ写真業界?では有名な方です。
根本さんは強面なので>ココを見てないと思いますが、もしご覧になったらごめんなさい、、僕も最初は怖かったですが、(笑)、お話しすると紳士的だし、且つ、下町っ子らしいチャキチャキ感があって、個人的に凄く好きなタイプの方です。
で、今回のセミナーですが、、、、僕は久しぶりに良いものを聞かせていただいたな〜と思うくらい、良かったです。この手のセミナーに期待するのって、チップスだったり、設定だったりするわけですが、そんなものはどうでもいい話で、、、特にプリントアウトするモノクロ写真の場合、結果良ければすべて良しですからね。
CMS信者からすればいろいろ言うでしょうけど、どうでも良いことです、そんなことは。

いや、今回の講演は本当に良かった。。。いろいろな人の話を聞く機会がありますが、最後の最後は「その人」だな〜と、改めて思いました。

| | コメント (0)

2007.06.18

父の日

R0010293日曜日、父の日でしたね。
母の日は、そう言っちゃ何ですが、まあ、花を贈っておけばサマになりますが、父の日はね〜〜、困ります。
今はうちも女房方もリタイアしているので、昔みたいにネクタイなんて贈ったって、何の足しにもなりませんし。。。10年くらい前はポロシャツなんかを良く贈っていました。ここ数年は食べ物かな。メロンとか・・・
そんなことで、今年もやってきてしまいました。母の日のあとに女房と「どうするゥ〜〜?」とネットを見たりして考えた結果、決めたのはマンゴです。そう、アノ宮崎県産の「太陽の卵」。値段も手頃だし、なんと言っても目新しい!たぶん自分じゃ買わないから、入院でもしないと貰えないでしょう。

で、YAHOO!のショップ「築地市場」というところで送料込み5000円というのを贈りました。1個5000円ですから、果物としては高い方でしょう。
さて、注文の段になって、ふと、僕も食べてみたくなりました。あとで「美味しかったヨ〜」って絶対電話が来るから、その時に思うと思うんですよね〜、「そんなに美味しいのか・・・」って。
で、ついでに自分ち用のを1個、頼んでしまいました。笑

さて、土曜日にそのブツが届きました。
土曜日は出かけたりしたので冷蔵庫に入れて日曜日に食べてみると、、、うっわ、美味しい!!コレって今まで食べたことがないくらいのうまさです。

いや〜東国原知事の影響ってスゴイですね。こんなところでも宮崎産品が売れてしまうわけですから。と言うかテレビの使い方のうまさですかね。コレだけの報道がなかったら一生宮崎産のマンゴなんて食べるチャンスはなかったと思います。少なくてもパーティーなんかで食べるでしょうけど自分では買わないでしょうからね。

でも、ホント、マジに美味しいですよ。機会があったら食べてみてください。

| | コメント (0)

モネ展

R0010332月曜日、仕事はないので、この際、モネ展に行くことに。
六本木方面に納品もあったし、麻布の法務局にも行きたかったし、、
クライアントのある六本木1丁目は歩いても行ける距離です。このところ運動不足なので歩いて行って、そのまま六本木の新国立美術館まで行ってみようかと思いました。

天気も思ったより持ったし、、久しぶりに歩きました。

モネ展はticket売り場では10分待ちとのこと。
今日を逃すとたぶん来れないから、、、、当然見ます。

それにしても熟年層が多いです。特にオバチャンの集団が、、、
会場へはすぐ入れましたが、、、、スゴイ混み方で、、、絵の前まではなかなか行けません。僕は割に背が高い方なので、オバチャンの後ろから絵を見て回ります。

モネ展は、、、と言うか、やはり混んでいるとダメですね。雑音もスゴイし、歩いて移動するのも一苦労です。取りあえず代表作だけはちゃんと見てきましたが、ほとんどは流すような感じで、、、ちょっと無駄な入場料という感じでした。
ここも終盤なので木金は夜8時までやっているので、夜に来るのも良いかもしれません。

どんな良い作品でも見る環境が良くないと良い思い出になりませんね。
昨日と今日の違いはそこでしょう。

| | コメント (0)

日曜日 グレゴリー・コルベール「ashes and snow」写真展

R0010309映画のあと、写真展会場へ。
今日はお台場に来るのにクルマにしました。と言うのは夜、帰るのに船はないしゆりかもめに乗っても二人で行くとけっこうお金掛かるし、、、クルマだと1日料金のところに駐めておくと1500円ですから、他の交通費と比べてもそれほど高くありません。
で、駐めた場所はこの写真展会場のすぐ横。この会場自体、お台場の空き地に出来ているので元は駐車場だったというわけです。この駐車場は1日1500円なので映画を見たり、食事をしたりして1日居ても安上がりです。さすがに良く知れ渡っているらしく、地方ナンバーばかりですが。。
R0010314で、昼間に車を駐めたときに会場の入り口を見たら、長蛇の列。土曜の1時間待ちがまだ天国に見えるくらい、スゴイ混み方でした。
で、夜にドキドキしながら会場に来てみると、、行列はナシ。やったね〜!
R0010315ま、それでもこの時間帯にしてはお客が多いと思います。
会場に入ってみると、まるでギリシア神殿のような作りで、そこに幅2メートル以上の和紙のような紙にセピアトーンの写真がプリントしてあり、天井からテグスで吊って、飾ってあります。
コンテナで壁を作ってあり、天井などの隙間は防水シートで覆われています。
過去に行った人のレポートを読むと、風のある日はそのシートが揺れたり、写真も揺れたりするそうです。当然、雨の日は雨の音が聞こえるでしょう。
そう言うのもすべて含めての写真の展示になっていて、写真展というよりはアート作品のインスタレーションという感じです。
僕が行ったときは風もなかったので、中では音楽しか聞こえませんでしたが、あえて天気の悪い日に行くというのも違った印象になって良いかもしれません。
R0010321写真は、とやかく言う人が多いですが、、、、素直な目で見ればすばらしいの一言です。
ですが、僕も彼女もこの業界の端くれですから、、、特にカメラマンである僕なんかはどんな写真を見ても、「どうやって撮ったのか?」は常に考えてしまいます。
特にこのプリント作品は大伸ばししているので、その粒子がすごいことになっています。たぶん35を使って撮っていると思われますが、、、
どうやって像を眠らしたのか?とか、モデルになった子供、現地の人など、ギャラはどのくらいなのか?、、、下らない想像をしてしまいがちです。
職業病ですね。裏の裏を考えてしまうのは。

とにかく、普通の人はただただ感動するでしょう。それほどすばらしい作品です。それと、出来ればDVDは買った方が良いでしょう。コレもすばらしいです。うちのスタジオでクライアントが来たら流そうと思っています。

あと1週間で終わってしまいます。お時間の都合を付けてぜひ行ってみて下さい。

| | コメント (0)

日曜日 パイレーツ・オブ・カリビアン 3

R0010296日曜日、再度、お台場に行くことに、、、そうです、写真展に再挑戦です。
土日に二人とも休みというのはそうないし、写真展はあと1週間で終わってしまうし、、来週に休みという保証はない。
で、今度は万全を期して、笑、、、夜に行くことにしました。と言うのは金、土、日は夜10時まで開館しています。週末なら混んでいると言うこともあるでしょう。翌日が休みですから、、、でも、日曜の夜はさすがに明日仕事ですからね。それほど人は来ないんじゃないか?と読みました。
R0010300さて、夜に現地に行くとして、それまでヒマです。映画を見るか?ということになり、これも話題作「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールズエンド」を見に行くことに。。。
お台場にはメディアージュというシネコンがあります。ここで3時間くらい映画を見たあと、夜7時過ぎに写真展を見に行けばちょうど良いんじゃないか??と予定を立てました。

連日、二人でお台場って、まるで付き合っている時代みたいですが、、、苦笑
実を言うと女房とはお台場にデートってほとんど行ったことありません。二人とも仕事でお台場は良く行く場所でしたし、、お台場が話題になったのはもう10年以上も前ですからね。
R0010303ランチはレインボーブリッジが見えるカフェで、、

肝心の映画ですが、二人で見る機会はそう無いので、この際、「スーパープレミアムシート」で見ちゃおうか!?と言うことになって、聞いてみたらすでに売り切れ。。。仕方ないのでただのプレミアムシートに。
そう言えばこの前作のデッドマンズ・チェストも封切り後の日曜日、有楽町で見た覚えがあります。
混んでいるときの映画館は、、、嫌いですが、、他人を観察するのも面白いかな。
休みはバカップルが多くて、、

さてさて肝心の映画ですが、、、
期待していくとダメダメですね。ハッキリ言って1,2,3と回を追うごとにダメになっていった典型です。1の完成度は高かったですからね。2でどうしてあそこまで人気が出たのか?ぜんぜん分かりません。
3は1,2を良く見直していかないと何が何だかストーリーもつかめません。
2でガッカリした人はもう見なくても良いと思いますヨ〜。


| | コメント (0)

2007.06.16

プレジデントとPen

R0010201土日は休みの予定、、、、でも、イマイチ体調が万全ではなくて、、風邪がまだ治りません。咳が出るのでフィットネスクラブに行くのはあと1週間延ばします。
ということで、ヒマな土日を迎えそうだったので久しぶりに雑誌を買いました。
雑誌の仕事をしていながらほとんど雑誌を買いません。。。すみません。
自分で仕事をした雑誌は送られてくるので買いませんが、、、と、本当はそんなコトじゃいけないんですよね〜。ある編集者は自分で作った雑誌をわざわざキオスクで自腹で買うと言っていました。立派です。。。

自分で買うのは興味ある見出しだったときと、写真を取り上げた特集だったとき。。。

今回買ったのはPenとプレジデントです。

Penはブレッソン特集だったので、これ買わないカメラマンは「ダメ」でしょう。やっぱり。。。(笑)

プレジデントは見出しが面白そうだったから。
「40代と70代、だれもが2度破産の危機を迎える」、、、とか。読んでみたくなりますよねぇ〜。

内容は結構面白かったです。

まあ、端的に言うと、、、分不相応な暮らしはするな、の一言に尽きるのですが、、、

実際、難しいですね〜。カメラマンとサラリーマンは違いますが、、、
カメラマンの場合、売り上げのピークは30〜40歳です。これ以上の年齢で売り上げを上げていける人はそれなりのオリジナリティを確立できた人です。多くのフツーのカメラマンは若者系の雑誌をメインにやっている人だと、早い人は30過ぎにピークを迎え、後は落ちる一方という人もいます。

難しいのは調子の良いときに、それなりの生活をしてしまうことです。

たとえば、、、事務所をイイ立地の所に構えたり、クルマを外車のしかも新車にしたり、腕時計の高いヤツ買ったり、海外旅行に仕事と言って年に数回行ってみたり、、、、ちょっと売れると大抵のカメラマンはそんな調子になります。

人間ですから、一度くらいは贅沢もしてみたいですよね〜。。。気持ちは僕もよ〜っくわかります。

ですけど、落ちていく人も多いのがこの世界ですね。

と、他人事っぽく書いていますが、、、明日は我が身です。プレジデントを読んで、引き締めていきます。

| | コメント (2)

グレゴリー・コルベール作品展「ashes and snow」

R0010243お台場へ行った目的はグレゴリー・コルベール作品展「ashes and snow」を見るため。
一時話題になったので見に行った方も多いと思います。
3月からの展示もいよいよ今月で終わりなので、いけるうちに行きたいと思っていったのですが、、、

現地に着いてみたら、なんか並んでるんですけど〜〜、ひょっとして入るのに並ぶのかな〜、と思って行ってみたらまさにその通り。。。1時間近く待ちだそうです。

R0010244まさかそんなに混んでいるとは想定外だったので、、、まったくツブシが効かなくなってしまいました。

この炎天下、そとで1時間待つのもつらいので、根性のない僕ら夫婦はそうそうにやめることに、、、

でも、せっかく来たのだからコンテナの積んである外回りだけでも見て帰るか〜、と言うことで1周・・・

入り口横にミュージアムショップがあったのでそこで写真集を買って帰ることにしました。

R0010245会期終盤からか、写真集を買うとDVD、ポスターがオマケでもらえると言うこと・・
写真展は見ないで帰るけど、出来れば会期中にもう一度、平日の夜にでもトライするつもりだけど、万が一見られないときのために写真集を買って帰りました。
R0010252この写真集、ナポレオンの時代と同じ製法、印刷法で作られているとか、、、、作りは非常に良いです。
値段は16800円。DVD付きならお得でしょう。
なお、DVDを家に帰って早速見ましたが、、、
かなりイイです。
ちなみに日本語のナレーションはアノ渡辺謙さん。いや〜、さすがです。
R0010253DVD見て満足しちゃいそうですが、、、
写真展は近いうちにもう一度、見に行きたいです。
でも、、、六本木のモネ展も確か今月で終わりだったので、それも見に行かないと〜〜、美術館巡りも忙しいです。

| | コメント (0)

芝浦からお台場へ 船旅

R0010204昨日に引き続き良い天気の一日でした。今週は夫婦揃っての土日休みです。かなり久しぶり。。。女房の方は今週かなり忙しかったのでグッタリの週末かな〜と思っていましたが、、
お昼過ぎ、お台場に行こうと提案。
というのはお台場でやっている写真展が今月で終わりなので。。。
R0010207うちは品川なのでお台場はマンションから見える距離・・でも、結構遠いんですね。と言うか足がないと、、、
もちろんクルマで行ってしまえば簡単で早いです。でも、それではつまらない。
と言うことで良い天気だし、船で行くことにしました。
これは近所の芝浦からお台場までアーバンランチという船が就航しているので、それを使って行ってみようというプランです。
R0010209芝浦からの船は芝浦アイランドという新興タワーマンション群の島から出ています。スマップが数年前に宣伝していたので記憶している方もいらっしゃいますか??
この芝浦アイランドまではうちから歩いて15分位、高速の下を歩くので気分は良くないですが、、、
ちなみにこの路線の時刻表は友人カメラマンのDPstyleさんのblogに載っています。アーバンランチのHPの時刻表と違うので、ドッチが正しいんだか?、、と思って船着き場まで行ったらDPstyleさん掲載の時刻表の方が正しかったのにはビックリ。。。ありがとうございました。
R0010214船は芝浦アイランドのマンションを眺めながら東京湾に出て行きます。
レインボウブリッジが見えてくると感激しますネ〜。
気分はもう、観光です。ココはニューヨークか?サンフランシスコか?って感じ。
R0010217二人で行ってるのでお互い撮りっこ、、、です。(笑)
犬が乗っていたり、自転車が乗っていたり、、いや、なかなか地域密着型で良い雰囲気です。晴れた日の東京湾は最高ですね。
R0010233
R0010239
R0010238
Img_0330

| | コメント (0)

2007.06.15

モノクロ化

R0010191「スクェアで行こう!」をご覧頂いている方も多いようで、ありがとうございます。
基本的にモノクロ写真で今後も行くつもりです。
GX100の白黒モードで撮影時からモノクロで撮っているのがほとんどです。が、やはり、コントラストを着けたり、あとで多少変化を付けてアップしているのですが、最初からのモノクロ画像だと、調整の幅が狭いのです。
キヤノンのデジカメなどはモノクロモードでもカラーフィルター効果を効かせた画像を撮影時から撮ることが出来るのですが、GX100にはありません。
で、そんな時はどうするかというと、、、
カラーで撮って、その画像をソフト上でモノクロ化させるのです。
今使っているソフトはAdobeのLightroomですが、カラー画像を色相ごとに明るさを換えたモノクロ画像に出来るので、かなり使い勝手は良いモノクロ化が可能です。

上の写真は今朝撮ったもので、「スクェアで行こう!」にアップした画像は下の写真です。
基本は暗室作業で自分でプリントしたような、そんな雰囲気にしたいなと思っています。
今は面白くてやっていますが、今後は違う展開になるかも、、、飽きやすいですから〜。
070615_gx100_005

| | コメント (0)

GX100 ハレーション

R0010193良い天気だったようで、、、
午前中からスタジオで撮影だったので、良い天気かどうかもよく分かりません。遅めのランチを食べるために外に出たときの写真がコレ。
僕は太陽に思いっきりレンズを向けるのが好きなので、こんな写真を良く撮ります。
GX100でも当然、、、

R0010200仕事が一段落してから画像を確認したらびっくりなハレーション。
僕もいろいろデジカメを使ってきましたが、ここまで盛大なものは初めてです。ある意味、「面白い」とは思いますが、、、やはり、姉妹機のGRDに比べるとレンズ性能は低いようです。そこらへんがcaplioの称号の由来かも?・・

| | コメント (0)

六本木にて

R0010186納品先のビルから。

| | コメント (3)

今週のお買い物

R0010185セットショップ、じゃなかった、スタジオショップに行ったらセールだったと言うことで、、、でも、あまり欲しいものがなかった。
タダで帰るのももったいないので、買ったのはコレです。
写真のフレーム。棚ズレ品で処分価格、一個420円。それを5個買ってきました。

写真がデジタルになって、何が変わったかというと、プリントを気軽に出来るようになったことでしょう。
そこそこのプリンターはカメラマンであればほとんどの人が持っているので、手軽に自分のところでプリントが出来ます。そして、それを自分の部屋に飾るとか、人にあげるとか、そんなことが気軽に出来るようになりました。フィルム時代はプリントするのも1枚、1000円以上は掛かっていましたから。気軽に他人にあげちゃうと言うのは、、、なかなかしませんでしたね。

そんなことで、単にペナペナのプリントを上げるよりは、ちゃんとした額に入れたいという要望も多くなった気がします。僕も相手がそこそこの方でしたら、ちゃんと額に入れて差し上げます。

今回買ったのは、そんな理由もありつつ、自分の家のリビングに飾るため、、、部屋に合わなかったら誰かにあげちゃっても良いですしね。

| | コメント (0)

2007.06.13

ColorEdge CG241W 6月29日発売

EIZOからCGシリーズの新しいモニターが発売されます。
まだ見ていない状況下で、以下の文章を書きますので、個人的な憶測と思ってください。

最初にこのニュースを知って感じたことは「CGシリーズにしては安い設定だ」と言うこと。
24.1インチでAdobeRGBに足りないくらいの色域、、、デジタルユニフォーミティの搭載など、誰がどう見ても「欲しくなる」設定です。リリースには同サイズのCEのリプレースというようなことが書いてありました・・・・

さて、この旧型のCE240W,同じく210W、僕は「最も買うべきではないモニター」と思っています。ただし、カメラマン(フォトグラファー)は、と言う但し書き付きで。

理由はCGシリーズと並べてみれば僕がウダウダ言わなくても分かるはずですが、、、、
コレを買うならL997を買った方が絶対良いと言いきります。

さて、問題の新型CG241W。CEからCGに名称がグレードアップしています。僕も最初はスッゴク期待しましたが、、いろいろ推測するとどうも液晶は旧型と同じではないか?と言うフシがあり、、かなり?マークが、、、

CGシリーズのブランドネームを与えたのはたぶんデジタルユニフォーミティ搭載、AdobeRGBに近い、、、という性能からでしょう。それと、商売的にCGシリーズの方が僕みたいなブランド志向の人間をくすぐるという点も大きい。(笑)

さて、結論は見てからですね。そのうち電塾でも見ることが可能でしょう。>今月の中部電塾勉強会では早くもお披露目と言うことですが、、

景気回復か?還付金が戻ってきた季節からか?(笑)機材の入れ替え、買い換えが盛んな写真業界ですが、くれぐれもご自身の目で確かめて納得してお求め下さいネ〜。

| | コメント (5)

うれしい連絡

朝、1本の電話。
あるメーカーさんからで撮影会の講師をお願いしたいと言うこと、、、
僕なんか有名でもないし、、、と言ったら、去年の撮影会のが評判が良かったとか、、、ウソでもうれしいですね〜、そんなこと言われると。
10月の話ですが、もう、そんなスケジュールが入るんですね〜。。。先日も電塾の大勉強会の打ち合わせがありましたが、それも12月のお話しです。イベント系は半年先を見ています。

まだ夏前なのに、今年後半に向けていろいろが動いています。

| | コメント (0)

2007.06.12

本日のロケ070612

R0010133お昼過ぎから新木場の公園の駐車場で撮影。
某メーカーのカーナビ、雑誌のタイアップですね。

早めについて買っておいたおむすびでランチです。
こんな晴れた日の公園は最高です。
幼稚園の遠足とぶつかり、遠くの方から子供の声が聞こえてくる、、、という雰囲気も昼下がりの公園の欠かせないアイテムですね。
R0010162今日の撮影はカーナビなのでこんな感じでクルマの中で撮っています。
ドピーカンなのにクルマの中に男ばかり乗って、窓には目張りをして、、、時々車が揺れるんですけど〜、、って知らない人から見るとかなり怪しい撮影になっています。笑

これはこれでけっこう大変なんですけどね。

話は変わりますが、、、今回のクルマはフォルクス・ワーゲンのトゥーラン。ファミリーカーにはちょうど良いクルマです。日本車を良く研究して作ったな〜と、そんな印象です。
R0010170

| | コメント (0)

SDカードのコピー

R0010173Shimizuさんのコメントがあって、僕も改めて調べてみました。
それによって重大な事実が!・・・>続きは10秒後・・・笑


まず、大きな間違いがありました。
デスクトップのメイン機はMacProですが、そこからモニター2台を繋いでます。そのモニターにはUSBハブが付いていて、SDカードのコピーはそこに繋いだリーダーライターからやっていました。

使っているモニターはEIZOのCG18、CG19の2台。両方ともUSBハブは付いています。CGシリーズ独自のモニターキャリブレーションシステムを使うためには両方のモニターのUSBハブを直列に接続していないとアプリケーションが機能しないという仕様になっています。そんなことでうちではMacPro>CG18>CG19という接続になっています。

勘の良い読者ならすでにお分かりでしょう。

CG18の内蔵ハブがUSB1.1の規格ではないかと思われます。メーカーのHPを見てもUSBの規格表示がないので2.0がまだ無かった(一般的ではない)時代の製品かと思います。ちなみにCG19は2.0規格と明記されています。

そんなことで、うちのUSBカードリーダーは異常に遅いスピードだったという顛末です。

さて、ではノートではどうなのか?

MacBookProを使っていて、内蔵カードスロット経由の方が速い印象があるから、さきのブログを書いたのですが、、、。

計測データです。
2GBのSDカードに1360カットの画像データ831MBが入っていてそれを内蔵HDにコピーしたときの時間です。

MacBookPro(初期型)>USBカードリーダー 2分6秒6
MacBookPro(初期型)>ExpressCard/34スロット1分13秒7
MacBook(2007/5月)>USBカードリーダー 1分17秒7
MacPro>USBカードリーダー  1分13秒6

以上の結果となりました。
つまりMacBookProだけUSB接続がやけに遅いという結果です。ExpressCard経由も、僕の感覚以上に普通だったと言うことも分かりました。
MacBookProへのコピーですが、僕の持っているものだけ遅いのか?(故障などの理由で)それとも初期型MacBookPro固有の問題なのかは分かりません。

さらに同じデータをCFカードでもやってみました。

MacPro>USBカードリーダー     1分30秒6
MacPro>FWカードリーダー(レキサー)1分01秒5
MacPro>FWカードリーダー(ロジテック)3分50秒5

僕にとっては衝撃的な結末。。。
いつも使っているのが3番目のロジテックのFireWireのカードリーダーです。なんとUSB接続の2倍以上もの時間を掛けていたわけで、、、このリーダー、すでに3年以上は使ってるもの。ノートラブルなのでそのまま使っていました。多少遅いだろうとは思っていましたが、、、これほどとはね。

今回は良い機会となりました。ノートラブルで来ている機材ほど、時代遅れになると言うことも、実感いたしました。

| | コメント (1)

2007.06.11

バタバタっと

R0010113昼から大崎のA社で打ち合わせ・・・
その前に区民税を納めに銀行へ。
東京都民になったのは去年のこと。その年の1月1日に住んでいる場所に住民税を納める決まりなので、引っ越したのは去年だけど、去年までは浦安に住民税を払っていました。今年から港区に区民税を払うことになります。そんなことで自動支払いの手続きをしに行きます。
住民税ですが、今年から上がったと言うことで、、それでなくてもこの時期は固定資産税や消費税、法人税の支払いもあって、出るものが多いです。
さて、時間が思ったよりも掛かってしまい、あわてて大崎へ。
ある会社の開発の方とのミーティングでしたが、、、、外人なので。。。意思の疎通は難しいです。日本人同士でも伝わらないというのに、言葉が出来ないと・・・
映画の「バベル」を思い出します。

写真はその時の頂き物。

4時からはスタジオで撮影が入っているのであわてて浜松町に戻ります。

撮影現場でもスタッフの意思疎通が、、、クライアントが何を望んでいるのか?優先順位はどこか?いつものことながらそれを探るのは大変です。

まあ、夫婦、家族の間でも何を考えているのか?分かっているようで分かりませんからね。

カメラマンという商売って、写真を撮ることではなくて、相手の意志をどうくみ取るか?その力量だと思っています。

| | コメント (0)

2007.06.10

新型MacBookの弱点

R0010101新型MacBookファンの皆様、ご覧頂きありがとうございます。(笑)

さて、良いことばかり書いてもしょうがないので、、、気になる点を。

写真は外部モニターへの変換ケーブルです。これがないと外部モニターにMacBookの映像を映し出せません。僕は以前のiBook G4の時代のユーザーだったのですが、その当時からこのようなアダプターがないと外部モニターを繋げられない仕様でした。折しも第1回のフォトショップワールドで電塾シアターのセミナーを僕がやることになりまして、iBookを持ち込みました。が、いざその日になって重大な忘れ物に気がつきました。そう、このアダプターです。今はない12インチのパワーブックも同じ仕様になっていましたが、使用されている方に聞くとやはり「よく忘れる」そうです。
今回、MacBookを買ってみて、やはり、このアダプターを買いに行きました。プレゼンやデスクトップ機として使う、そんな使い方を想定している人は要注意です。必ず忘れます。フォトショップワールドの時どうしたかというと、、品川から山手線に乗って有楽町ビックまで買いに走りましたよ。(笑)

次にデメリットと思う点。。。カードスロットがないことです。
ここでまたまたマックであることのデメリットが発揮されるわけですが、、、スタンドアローンで撮影したカメラの中のカードから、どうやってパソコンにデータを移すか?
僕だって常にWiredでカメラとMacを繋いでいるわけではないですからね。撮影の合間にクライアントから、「ちょっとさっき撮ったの見せて」と言われれば、見せないわけにはいきません。繋いで撮らない状況下と言うことは外ロケだったり、クルマの中だったりするわけで、、そんな状況でカードリーダーライターを繋いで、コピーというのは、、、しかもMacです。つまりUSBは遅いんです。FireWireのリーダーライターを使いますけどね、もちろん。
「ちょっと見たい」と軽い気持ちで言っているのに、コピーするデータはRAWデータでは、、、時間が掛かりすぎます。
そんな時、キヤノン1Dmk2Nのバックアップ記録機能でSDカードに軽いJPEGを保存する設定にしておけば、データのコピーも早くてすみます。が、持っていないんですよ、FireWire接続のSDカードリーダーライター。で、使っているのはUSB接続のリーダーライター。。。これが遅い。やはりMacだとしょうがないです。

で、カードスロットが付いていたら?・・・MacBookPROには付いていて、僕はそこにカードタイプのSDカードリーダーを常時入れてます。このカードスロットはメインボード直結に近いくらいのスピードが出ますから、SDカードのコピーはメチャクチャ早いんです。
MacBookPROだと、このカードスロットを使うことによって、遅いUSB接続のデメリットを回避することが可能になります。

安いMacBookには望むべくもないことですが。。。

そこ行くとWindowsのノートタイプはほとんどSDカードスロットが付いていますからね。便利です。忘れることもないし。

「だからロケ用はWindowsを買えってことだろ!」と言われるのは重々承知ですが、、、(笑)

| | コメント (2)

今頃、ランチ!?

R0010104
R0010105お昼頃に起きて食事をしたので、この日2度目の食事はこんな時間帯に・・
まあ、一応ランチと言うことで。
女房の仕事が終わらないので、結局この日は一日家の中にいました。
夕方のランチでワイン飲んだりして、、
ま、こんな休日も良いでしょう。おかげでブログの更新が進む進む・・・(^^

| | コメント (0)

急に晴れた日曜日

070610_gx100_013ベットの中で「暗いな〜」と思って寝ていたら、お昼でした。
久しぶりに昼まで寝坊した日曜日、夫婦揃ってゆっくりしています。
というか、女房は事務処理に追われていて、パソコンに張り付き放し。僕はヒマなのでデジカメでいろいろ撮りまくっています。
ふと、晴れたので曇っていたときに撮ったものを撮り直してアップしてみました。
「スクェアで行こう! GX100」もご覧になって下さい。

| | コメント (1)

スクェアで行こう! GX100

最近のお気に入りのデジカメ、リコーGX100で撮った写真だけのアルバムを作りました。右側のフレームを参照してください。
昔、ハッセルをヨドバシカメラで買ったときのことを思い出しました。
その後、自宅に暗室を構えて、柄にもなく作品作りしたり、、、
スクェアはハッセル好きにはたまらないフォーマットですね。

| | コメント (0)

2007.06.08

新型MacBook

続けて新型MacBookを入れた理由。

数日前のブログに書いたように軽装備のロケでもクライアント確認用のパソコンが必需品となりつつあるという現状が、まずありました。カメラの背面液晶をみんなで覗き込んでも、、、そんなもんじゃ小さくてわかりゃしません。カメラマンも良く分からないものが素人さんのスポンサーさんが分かるわけ無いでしょ。

と言うことで小型でもモニターが必要なのです。外ロケの場合、何度かここでも紹介している無線モニタリングを使うので良いのですが。室内でそこそこラップトップが使えるときには小型のノートが欲しくなります。
で、仕事で使えるノートは?と考えました。この時点でマックでなくても良いという考えがありました。>小型ノートはマックでの選択肢がほとんど無いので。

まず、カメラに繋いで使えるノート。僕の持っているカメラのインターフェイスはFireWire400の6ピンがほとんどです。Phase Oneを動かせるノートが僕の最低限のラインでした。しかも、Phase Oneのデータを格納できると言うことは2.5inchのHDを積んでいないと容量的に無理でしょう。このFireWireインターフェイスが付いていることと大容量HD搭載ノートで、そこそこ小型、CPUはせめてCore2Duo以上。以上の基準だと、新型MacBookはかなりイイ線なのです。ウィンドウズマシンで小型のノートはいくらでもありますが、FireWireが付いているノートはサブノートではあまり見かけません。どうしても13インチ以上の大きさになります。だったらマックで良いわけで、、、マックなら手持ちのアプリケーションはそのまま使えるし、却って安く済みます。

ここでmk3を買わなかった理由が生きてくるわけです。MK3を使うなら、ウィンドウズマシンでも良かった、と言うか、むしろウィンドウズマシンを買った方が快適に使えます。BootCampで使えば?と言うツッコミをする人が必ず居ますが、僕の意見は「そうやるなら最初からウィンドウズマシンを買えばいいのでは?」と思っています。卵が先か?鶏が先か?みたいな論議になりますが、、、、
ちなみにですが、、、BootCampでWindows起動させたマックでAdobe製品を使うにはマックとは別ライセンスが必要になると正式にアナウンスされました。同じライセンスで同じハードは使えないと言うことになります。この動きは別のソフトメーカーにも波及していくのではないかと思っています。

今のところ、先の計測結果を見ても新型MacBookは良い選択だったと思っています。

気にしていた点は液晶だったのですが、、、、クリア液晶しか選択肢はありませんでしたから。仕事で何回かロケに持っていきましたが、昔の液晶みたいに映り込みがひどくて、、、と言うことはありません。コーティングが良くなって、映り込みが少ないのです。
一応キャリブレーターで調整はしてますが、所詮ノートの液晶ですから、、、ちなみにですが、MacBookProの方はキャリブレーションもしていません。他のカメラマンが見ると鬼の首を取ったように「調整もしていないのか!」って叫びますが、、、笑。
僕の考えは所詮ノートの液晶で何をやっても大差はないと思っているからで。。。カメラの後ろの液晶と同じレベルと思っています。ノートの液晶で露出、色などは判断できません。クライアントには「大丈夫です。納品の時にはちゃんとしますから」っていつも言い訳しています。
僕が信頼しているのは事務所に置いてあるEIZOのCGだけです。それでしか調整も、判断もしません。>こんな事書くとまたいろいろ言われると思いますが、、、本当のお話ですので。

長くなりましたが、以上、新型MacBookのお話しでした。
松田さん、ご納得いただけましたか?

| | コメント (2)

キヤノン1Dmk3

怒濤の更新をしていますね〜、ヒマなのがバレバレ・・・笑

MacBookを入れたという理由を書く前に、キヤノンの1Dmk3をなぜ買わないか?と言う理由を書かないとなりません。
理由、、、お金がないから。・・・と言うのがほとんど本当の理由ですが、、笑、それだけではないので。

MK3はスゴク良いカメラです。使っていないので多分としか言えませんが。
今の僕の機材はキヤノンのデジカメ5台とPhase Oneが1台です。Phase Oneを入れてからはブツ撮りのほとんどはH25になりました。その分、1Dsmk2の使用頻度が極端に落ちました。ただ、モデル撮影、雑誌のブツ撮りなどで使っていますが。使用頻度で最も高いのが1Dmk2Nです。印刷上がりでA4以下という仕事がほとんどですし、最近増えてきたWEB系ではこれでも大きいくらいですし。人物から、ブツまで、オールマイティーにほとんどの仕事が1Dmk2Nでまかなえます。
その他、20Dがありますが、雑誌の小さくなるカット用に使っています。
20D以外で考えるとこの4台の1D系は共通部分が多いのです。操作系、電池、充電器、パソコンとの接続ケーブル、、、カメラを仕事によって換えるだけで周辺の機材を変えずに仕事が続けられます。間違いも少ないし、現状では僕にとって一番安定した環境になっています。

この安定感が理由その2。

次がパソコンとの接続ケーブルがUSBになったことがMK3の最大の欠点だと言うこと。ただし、これはマックユーザーにとって、と言う断りを付けないと。。。
mk2NまではFireWireがインターフェイスでした。USBになるのは仕方ないでしょう。ユーザーのほとんどはウィンドウズマシンユーザーです。ウィンドウズマシンなら、USB接続でも何のデメリットはありません。マックの場合、何がダメなのかというと、直結撮影での転送速度が遅いのです。これは外付けHDでもマックの場合、USB接続のHDは遅くて使い物にならないのと同じ理由です。ウィンドウズマシンではUSB2.0になってからFireWireとのスピードの差はほとんどありません、と言うか、むしろUSB接続の方が速いというお話しです。
マックの場合、ハードの問題と言うより、OSの問題だと言われています。知り合いのカメラマンがBootCampでウィンドウズマシンとしてMacを使ったとき、転送はウィンドウズマシンと同じ速度になると言うテスト結果でした。

1Dmk3でどれだけのカメラマンが直結撮影をするのか?そのうちどれだけの人がマックユーザーなのか?非常に少ないと言わざるを得ません。広告などの業界ではパソコンはマックという人が多いですが、1Dmk3の主なユーザー層である報道分野ではマックユーザーなどは皆無に近いです。もちろん、広告分野のカメラマンでもこのカメラを選択するでしょうし、実際に使うでしょう。でも、全体からすれば「少数派」でしかないのです。

そんな背景があるので、キヤノンとしてはFireWireからUSBにインターフェイスを変更したのでしょう。
ただし、今年発表される時期1Dsmk2、仮称「1Dsmk3」のインターフェイスがFireWireからUSBになったら、、、このキヤノンの決断はかなり大きな意味を持つと思います。一つの回答はワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E2の存在。RAWデータをWirelessで飛ばすのは現時点で無理ですが、これでLAN接続が出来ます。マックユーザーにはLANでね、というアプローチはアリかもしれません。

さて、直結撮影を実際にBeta機でテストしてみての体感速度ですが、、、
ウィンドウズマシン直結撮影とマック直結撮影ではその転送スピードに天と地ほどの速度差があります。(RAWデータ記録時) モデル撮影をRAWデータで、と言うニーズにはとてもじゃないですが、使えないと判断するしかありませんでした。
これはPhase Oneを2台で使う、というブログと同じように現時点での僕の個人的な感想です。今後、OSが変わる、機材が変わると言うことでスピードアップされることもあるでしょう。また、市販機では改良されたという可能性も否定できません。ただ、このカメラをマック直結撮影で使う人はかなり少数です。ウェブ上でその結果が報告されることもたぶん無いでしょう。もし、直結撮影を考えているようでしたらご自身でお試しの上、カメラを買うことをお勧めいたします。

理由その3が以上です。

続けてMacBookにした理由を書いてみたいと思います。

| | コメント (0)

Phase One C1proをダブルで使う

またまたブログ読者の方からメールを頂きました。大阪のKさんからです。ブログ上でお答えした方が良いかと思いまして、掲載させていただきます。
------------------------------------------------------------------
湯浅さんのプログは、P45を検索していて迷い込みそれから
1年近く拝見させていただきとても勉強になっております。
質問なのですが、2007.02.24のアパレルの撮影で、2台のマックをC1PROでつなぐ方法なのですが、今頃ですが、このことを思い出し、自分もやってみようということで試したのですが撮影した画像を取り込み、LANで繋だもう一台のパソコンで見ようとしてもホルダーを一回一回切り替えないと反映されません。タグやトーンカー
ブも反映されません。(ライセンスが違うパソコン同士)それと、ライセンスが同じパソコン同士でも一応はこの使い方ができるようですが、この辺りの意味合いがもうひとつ理解できていません。
ブログを拝見している限りでは、もっとスムーズにお使いのようですが、
こちらの操作及び設定の、何かが間違っていると思うのですが…。
お忙しいとは思いますが、よろしくご指導願います。
---------------------------------------------------------------
メール有り難うございます。ご指導って、、、言うのもおこがましいです。先生でも何でもないので。

まず、最初にお断りを。。。
ブログ上では非常に良いことばかり、格好いいことばかり書いておりますが、現実はそうでもないです。笑
クライアント様も見ておられるので、失敗したことなんかは、書けません。商売上。笑

そんなことをお含み置き下さい。

さて、2台のマックを繋いで、、、というやり方ですが、「良くやっています」とは言えません。と言うのはそこまで大がかりに出来るのはレンタルスタジオで割に余裕がある仕事の時だけです。そんなお仕事は僕の場合、月に一度あるかどうか?・・・(;。;) 自社スタジオを持っていると言うこともあって、レンタルスタジオを使う頻度はそれほど多くありません。
メールいただいたことで、久しぶりに試してみました。と言うか、ちょっと前の仕事でやはり繋いで使ったのですが、結果が思わしくなくて、別のやり方でその場を切り抜けたと言うことがありました。その後、仕事が忙しく、追加検証などやっていませんでした。ちょうどヒマなので、(;。;) やってみました。
R0010038カメラはPhase OneH25。C1Proを2台で使います。2台はクロスケーブルで共有をします。
結論ですが、、、、フォルダーを切り替えないと更新されません。以前のブログを書いたときは、リアルタイムの更新、とは言えませんが、ちょっと待っていれば更新されたのですが、、、、何が変わったのか?C1Proのバージョン、OSのバージョン、、、原因が分かりませんが、現状ではC1Proで見ているフォルダーを切り替えないと新しい画像を見ることが出来ません。それと、2台目のマックでパラメーターをいじっても撮り込みようマックの画像データには反映されないことも確認いたしました。これも以前とは違いますね。

ということで、以前のブログに書いた2台で繋いで効率的に見るというやり方は、出来ない、と変更させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしました。

ついでですが、、、
他のソフトでも検証してみました。
キャノンのDPPがv.3になったのでその後2台で使ったことがなかったので。v2の時は可能でした。
で、検証結果ですが、これもダメですね。反映されません。

と言うことで、今の時点で、2台のマックを使うメリットはあるか?と言うことで少し、、、

先月の撮影で2台のマックを持ち込んで使ったのですが、それは違うソフトを使っていました。
取り込みようマック:MacBookPro>C1Pro>1Dsmk2
閲覧用マック:PowerBookG4>PhotoMechanic
と言う組み合わせです。

この時、PhotoMechanicでselectをした場合、元データに書き込まれます。ただし、Phase OneのC1Proのパラメーターは元データとは別ホルダーに格納されるので、selectなどは無駄になります。
ソフトを使う上での大前提は「使うソフトは一つにする」という点です。
違うソフトでselect、調整をいくらやっても、実際に現像するソフトと違えば、何の意味もありません。

上記の場合、どうしたか?と言うと、selectだけをPhotoMechanicにさせたのです。キヤノンのCR2の場合、PhotoMechanicのセレクトタグは元データに付加されるので、元データのみのホルダーをどのコンピューターに持っていってもPhotoMechanicで見ればセレクトタグが生きているので、セレクト作業を更新できるのです。

Phase Oneの場合は、パラメーターホルダーが取り込みホルダー内に生成されるので、それを一緒に読み込めば、どのコンピューターからも作業の継続が出来ます。ただし、同時使用は出来ないと言うことです。

以上、ブログだけの情報だと、誤解が生じやすいのですが、、、現時点ではこんな感じで使っています。
ご不明点があればコメントなど頂ければありがたいです。

| | コメント (0)

新型MacBook RAW現像比較

R0010033ヒマだったので、、、
取り急ぎ(日本語がヘン?)計測データをアップしてみます。


「hikaku.pdf」をダウンロード


これは電塾の5月の勉強会での計測結果に僕の計測を加えたものです。
時間計測は1回のみ。極力同条件になるようにMacProも起動ディスクに本データと変換データを保存するように設定しました。速いHDを増設しているような人だと結果は異なります。転載や無断使用はお断りいたします。
R0010037

さて、現像比較をしようと思ったのは昨日、アキバに行ったついでにMacBook用のメモリーを買ってきましたからです。メモリーを増やすことでどれだけカメラマンにメリットがあるのか?そんなテストをしてみました。

買ったMacBookは吊しの状態。1GBのメモリー。1GBですからね〜、最初からこれって、スゴイ時代です。普通に使う分にはこれでも良いかぁ〜、って思っていましたが、アキバ館でメモリーを安く売っている情報を聞きつけ、この際、2GBにチューンナップしてしまいました。と言っても1万以下の出費ですから、、、大それたお話しではなくて恐縮です。

テスト結果を見ると使用ソフトによって差が大きいものと小さい物がありますね。Phase Oneを使う人はメモリーは目一杯、というのが正しいようです。

それにしても、、、初期型MacBookProと同スペックになってしまいました・・・新型MacBook、恐るべしですね。僕がMacBookProを買ったのは1年前くらいでしたから、、、その後、Core2Duo搭載の第2世代が出て、つい先日、第3世代目が出ました。ラップトップのマックがIntelマックになってから、たったの1年ちょっとのこの短期間に3世代の進化をMacBookProは遂げたわけで、、、正直、付いていけませんね。笑

今回、MacBookを買ったのは、少しでも安く、対費用効果が高いもの、という目論見からです。その意味では良い選択だったでしょう。

なぜ、MacBookだったか?はまたあとで書きます。>引っ張るね〜〜笑

| | コメント (1)

GX100 スクエア

R0010021
R0010023
R0010026

| | コメント (0)

2007.06.07

ヒマだったので・・

Rimg0002風邪を引いていたので書きませんでしたが、、、
先週から仕事のキャンセルが相次ぎ、ヒマです・・・苦笑

まあ、そう言う時もあるでしょう。とは、毎度の慰めの言葉。
そんなこともあって、ヒマならではことを色々やり掛けています。

一つは家用のパソコンの入れ替え。
これはチラッと書いたMacBookのことです。以前から使っていたのは17inchのPowerBookG4(最終型)でした。Intelマックに比べるとどうしてもかったるさはつきまといます。ロケ用にはもう一台、17inchのMacBookProを持っているので、本格的(?)なロケはそれでやっています。以前にも書いたように最近はウェブ用などで軽い装備なんだけど、ラップトップを要求される局面が多々あって、17inchが2台あっても仕方ないし、、という仕事のニーズを満たすため(?)G4の方を入れ替えました。
MacBookは出たばかりのIntel Core 2 Duo。ただし、「サンタ・ローザ」ではなかったのが残念ですが。
これについてはまたの機会にちゃんと書きます。

で、余ったG4をヤフオクで売ったのですが、これが予想以上の高値で売れて、かなりラッキーでした。MacBookの金額以上だったので、あまりが結構あって、、、で、ここでよからぬ思いが、、、最近飽きが来ているキヤノンのコンパクトデジカメG7もこの際処分して、違うカメラにしちゃおうかなっと!
G7はまだ700枚くらいしか撮っていないのに、もう飽きてしまいました。苦笑・・

やはり、広角が欲しい。
そんなことで、やはりここはリコーか??と言うことでGRDか、GX100の選択に・・・横木安良夫さんのブログが面白いし、、、それを見ているうちに欲しくなってしまいました。

と言うことで、、、本日、アキバまで行って買ってきました。GX100。
やはり、ワイドは面白いです。それとアングルファインダーも。
これでまたしばらく街撮りが復活しそうです。笑
Rimg0006
Rimg0008
Rimg0012アキバに行く前に寄った銀座キヤノンサロン。手持ちのデジタル一眼をすべてセンサークリーニングに出しました。
しめて5台。でも予想以上に早く上がって、、、明日もヒマだから明日で良かったんですけどね〜。

| | コメント (0)

花 6/7

Img_0744_1家の玄関脇に咲いていたので。
なんですかね〜、、、まだ蕾で沢山ありました。

| | コメント (0)

2007.06.06

日比谷シティ

Ok1d6942日比谷シティにある某会社で撮影。
午前中に終わって外に出ると吹奏楽が、、
ランチタイムのオフィス街って、のんびりしていて良いですね。天気の良い日のお昼時は外でランチ!と言いたいところですが、そそくさと次の仕事に・・・

| | コメント (0)

2007.06.05

大活躍

Img_0720このところロケが多いので大活躍なのがコレ。
Lowepro (ロープロ)ローリングコンプトレッカープラスAW ブラック
毎日のように大活躍です。
明日のための準備がこんな感じ。
モノブロックが2灯とEOS1Dmk2Nが2台、レンズが単焦点3本、16〜35が1本、メーター、無線シンクロ、スタンド2本、ボックスライト1個、傘1本、ACコードが数本という装備。

電車で行っても良いんだけど、これで車で行くケースがほとんど、、、なぜって、地下鉄だと階段が多いので、この手のローリングバッグでは辛いという局面が多いから。都内のクルマ移動だとタイムスのようなパーキングが結構あるので、そこからコロコロ転がして、、という感じで現場に向かいます。

先日の福井ロケでもこのバッグ一個で行きました。この背面にはラップトップが入るので、、、ちなみに17inchのMacBookProも入っちゃいます。

このところ、WEB系の仕事もままあるのですが、タイアップものなので現場にはスポンサーさんをはじめ、代理店の方も多くいらっしゃいます。そんな現場でカメラの後ろの液晶を見せても、、、わかりゃしません。
どんなにショボクてもラップトップを持っていくのが当たり前になりつつあります。

そんなことで、軽いロケ用にMacBookを投入したのですが。そのお話しはまた今度。

| | コメント (1)

2007.06.04

敦賀に行ってきました。

Ok1d6612土日で福井県敦賀に行ってきました。
自転車雑誌の取材の仕事で、敦賀で行われた自転車イベントの撮影。
久しぶりです。こういう取材系の仕事は。このところスタジオ撮影が多かったし、福井県は行ったことがなかったし、自転車のイベントも見てみたかったし、、、天気良かったら気持ちいいだろうなぁ〜と、仕事そっちのけで受けたお仕事でした。笑
が、そんなに甘くなく・・・
なにせ最悪だったのは体調。風邪が治っていないところに地方ロケは、、、きつかったです。声を出そうと思うと咳が出てしまい、満足に意思疎通が出来ない状態で、、。金曜日のモデル撮影も、そんなことでかなり厳しい撮影となっていました。カメラマンってしゃべるのは必要なさそうに思われるかもしれませんが、実はしゃべる、声を出す、と言うことは写真を撮る上でけっこう重要なファクターなんです。ブツ撮りでしゃべっている人はちょっと危ないですが、、笑、人を撮るときは声を掛けて撮らないと、良い表情になりませんね。
写真にはそのカメラマンが写ると、僕は思っています。同じもの(人)を撮っても、撮るカメラマンによって違って写ります。良い例は自分の恋人の写真。どんなに高名なカメラマンでもかなわない、自分の恋人(奥さん)の一番良い表情を写せるのは、恋愛感情のあるその人だけです。
そんなことで、声の出せないカメラマンは、100%の仕事は出来ません。

と言っても、体調の悪いのは仕方ないことだし、誰も代わりはいませんし。とにかくどんなにきつくても写真だけは撮るのがお金をもらっているプロってもんです。

さて、敦賀へは新幹線と特急を乗り継いで4時間足らず。意外に早く着きます。土曜日は移動だけで翌日のためにレンタカーを借りたりして、早めにホテル入り。翌日は朝5時には出発です。ホテルは1泊5000円の安いビジネスホテルですが、ボロボロの部屋でもちゃんとLAN端子が付いているのが今風ですね。ロケ用に買ったMacBookが役に立ちました。

翌日は朝から良い天気。
イベントもスムーズに撮影できたし、、、天気の良い日のロケは最高ですね。福井の山間の穏やかな土地で、久しぶりにリラックスできました。やっぱり田舎モンは田舎が合っているのかもしれません。
Ok1d6615
Ok1d6617
Ok1d6696
Ok1d6697
Ok1d6722
Ok1d6724
Ok1d6725
Ok2d6752それにしても、僕の携帯はソフトバンクなのですが、山の中ではまったく使い物になりませんでした。ソフトバンクは都会人の携帯ですね。

| | コメント (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »