« 早くも1Dmark3 | トップページ | 5/13日曜日 六本木から銀座 »

2007.05.14

FRUBOって知ってる??

Img_0708アキバへの納品帰り、定番コースのヨドバシに寄りました。
プリンタ用品とCDRなど消耗品の買い足しで。
用紙売り場で見慣れないペーパーを発見しました。


スイスの最高級インクジェットメディア FRUBO swiss

「プルーフ用紙」と書いています。
現在、印刷用プルーフ用紙では各プリンタメーカーからの純正紙、それとピクトリコのペーパーの、大きく分けて2種類あります。純正紙は、当然ながら問題ないでしょう。でも、その難点はコストが高い点。
ピクトリコのペーパーは純正紙よりも若干安めです。
今回のFRUBO(フルボ)は、僕は初めて見ました。ひょっとしてマニアな人はすでにチェック済みでしょうか?

テスト用の紙とかが無いので、買ってみるしかありません。値段はかなり安め。。。。

うちの問題として、印刷用のプルーフ出しがコストの点と時間の点で、どうやってその負担を下げるかが課題になっています。時間に関してはPX-5800にしてかなりの短縮になりました。コストもインク代は安くなったと思われます。あとは紙ですね。ピクトリコのプルーフ用紙を湯水のように使っていますから、、、

テストしてみようと思っても、テストピースが置いていないので買うしかありません。

ちなみに、A4100枚入りが3780円。ピクトリコのプルーフ用紙の2/3くらいでしょうか?
取りあえず、100枚入りを買ってみました。
事務所に戻ってさっそくテストプリント。

ペーパープロファイルがありませんから、ピクトリコのプルーフ用紙のプロファイルのまま使います。

ペーパーの紙白が若干黄色いのと、連量が軽いので、持った印象がペナペナです。

ピクトリコのプルーフ用紙とまったく同じ条件で刷ってみてですが、、、、まあ、使えなくはないでしょう。
というか、雑誌の輪転機で刷るような、軽い紙の条件にはむしろ合っているかもしれません。紙の色も雑誌などに近いですし。薄さも裏写りするような印刷に似ています。

取りあえず、無駄にはならなかったようです。しばらく使ってみたいと思います。

|

« 早くも1Dmark3 | トップページ | 5/13日曜日 六本木から銀座 »

コメント

はじめまして。
実はちょうどこの用紙気になっていました。
私も秋葉原のヨドバシカメラでみかけ、その独特な
パッケージデザインに惹かれ購入しようかと迷っていたところでした。
スイスのブランドみたいですが、made in Japanと書いてあるのが
気になりますが、雑誌みたいな・・・というところが
求めている用紙だったので、今度買ってみたいと思います。
ちなみに、仕様プリンターはPX-5600です。
その後、こちらの用紙いかがですか?

投稿: Clark | 2011.02.03 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早くも1Dmark3 | トップページ | 5/13日曜日 六本木から銀座 »