« 15日過ぎ | トップページ | 最新です。 »

2007.03.17

それが答えだ。

Img_0401今月号のコマフォトに僕の書いた記事が載っています。>コマフォトとは月刊「コマーシャルフォト」という写真、広告業界では一番有名な雑誌です。
今回で2回目の登場。
内容はeSATAの外付けHDを使った、撮影のスピードアップという切り口のもの。このHDはRAIDになっていてミラーリングとして使えば画像のバックアップにもなるという使い方を提案している。

どこかのブログで、僕のことを「デジタルバックを使っていてもバックアップ(複数)撮影しているのか?」と揶揄したことを書いていた人がいたが、今回の記事、それが答えだ。(ウルフルズ風ね)

この件に関しては、事情を知らない人のために概略を書いておくとこんな感じ・・・
電塾のBBSで画像を無くすトラブルがあったというスレッドがあった。その時に、僕は「フィルム撮影時代から、大切な撮影では複数のカメラで撮影するというバックアップがあった」と書いた。もちろん、スポーツ写真の現場や、婚礼の指輪の交換の瞬間など、2台のカメラで撮れるはずもないときは、そんなのは無理ですが、と念押しで書いておいた。
が、あいつはなんでもかんでも複数のカメラで撮れと言っている、とその部分をすっ飛ばして、拡大解釈されて伝聞されていった。
もう数年前の話です。
今でもまだ、ブログでそういう話をされていると言うことに、僕自身、愕然とした思いでした。
しかも、内容的にそれを揶揄出来るのは同業者なわけで、、、渡る世間に揚げ足取りばかり、、、となんとも情けない思いにかられます。

「バックタイプでもバックアップ撮影しているんだろうか?」だって、、、、同じカメラマンでありながら、人を揶揄するのもいい加減にして欲しい。

今回の記事、そう言う奴らに対しての、答えです。

|

« 15日過ぎ | トップページ | 最新です。 »

コメント

フイルム時代から、複数台のカメラで「押さえ」ておくのはプロとして常識だったと思うんですがねぇ。
という私自身、1DsMarkIIは1台しか買えなくて、2台体制になってなかったりしますが。

投稿: おーくま | 2007.03.18 07:59

揚げ足取りというより、単に長い文章を理解する頭が無いんですよ、そういう奴は。最近、非常に増えてますが、携帯メールが短い文章しか扱わない為という説もあります。

投稿: Shimizu | 2007.03.18 11:32

湯浅様、Shimizu様 バックアップはプロとして
の常識というより、時と場合によりだと思います。
確かに重要な事ですが、しかし一撃必殺 のような
場合は1台に集中したい。 そんな時ってあると
思いませんか? 現場にカメラは2台持って行って
もです。 剣術で言えば”居合い斬り”です。 
1台に集中して良い結果が得られない人はは2台
使っても下手な鉄砲数撃っても当たらない。 
良い結果は得られないと思います。 

その場で2台同時に使ってバックアップする事
よりも撮影したデータを壊さない事が大事で
あって、その場で削除を行わない事。キヤノン
のカメラは削除の隣に全削除という恐ろしい
選択肢があって私がバックアップ用に呼ばれた
ある撮影現場では、頼んだ人が操作ミスで全部
削除してしまったという笑えない話がありました。 
もう脂汗タラタラになって「ちゃんと撮れてる?」
って聞いてきた回答がそれでした。 

一応、湯浅様がココで書いてる事を実践している
ので今だ、現場で消えて大汗になった事は私は
無いです。 

投稿: Daisuke Kudo | 2007.03.19 15:23

皆さん、ありがとうございます。
おーくまさんがおっしゃるように高いカメラを2台も3台も揃えられないという現実もありますね。
どこまでリスクを想定して、どこまで許容できるか?でしょうね。100%はどうやっても行きませんからね。
現実的には普通にやっていればほとんど何も起きないと思うのですが、交通事故が良い例で、間の悪い時にはそれが重なりますからね。せめて二重の回避策は考えておくべきかと思います。
まあ、揚げ足を取られるのも、リスクマネージメントがなっていないと言うことなのですが、、、

投稿: tatsphoto | 2007.03.24 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/14293852

この記事へのトラックバック一覧です: それが答えだ。:

« 15日過ぎ | トップページ | 最新です。 »