« 青山でランチ | トップページ | ちょっとバタバタ、、 »

2007.02.01

エプソンPX-5800ネタ ブラックインクって?

Img_009801エプソンのプリンターPX5800には2つのブラックインクが搭載されている。
マットインクとフォトブラックインクだ。
これは大抵のハイエンドプリンタではこの2つを備えているケースが多い。
なぜかというと、、、光沢紙とマット系の用紙で使用するインクを切り替えるから。
で、小型のプリンタだと、人間の手でインクの入れ替えをしないとならない。古くは名機PM4000PXがそうだった。エプソンのプリンターだと、この5800より大型のものはヘッドとインクカートリッジが別体になっているので、この2つのブラックインクを同時装着できる。使うときだけプリンタ側が自動で切り替えて使い分けるという機能なのだ。
さて、本日、昨日撮影した女の子にあげるためのサムネイルプリントをしたんだけど、、、仕事ではないので、ノーギャラだし、確認のみ出来ればいいレベルのプリントアウトということで、エプソンのスーパーファインという用紙を使ってみた。
この用紙はデザイナーさんがよく使っているもので、発色が良い割に安いという、定番の紙。
ただ、写真向きではない。イラストとかに向いている。
普通のコピー用紙にプリントするよりはよっぽど良いので、僕の場合、最低限の写真プリントはこの紙に決めている。
さて、普段、メインで使っているピクトリコのプルーフ用紙などはフォトブラックインクを使う。今回のスーパーファイン用紙はどっちでも良いと書いてあるので、試しにフォトブラックインクで刷ってみた。
が、、、ダメですね。これでは。
黒が薄すぎ。
やはり、マットブラックかぁ〜、と思って、早速切り替え。
すると、プリンタの液晶表示がこんな感じなった。>上の写真。
推測だけど、ヘッドまでのインクが通るパイプ、これって、ブラックインクで1本しかないんじゃないか?と思った。で、マットブラックとフォトブラックインクを切り替えると、パイプの中のインクを、すべて排出して、詰め替えているんじゃないか?と・・・・
あくまで推測。
と言うことは、マットとフォト、切り替えの度にインクを捨てていることになるので、頻繁に切り替えない方が良いのでは?と思った。>セコイ話だけどね・・・だいたい、セコク安いペーパーを使うために切り替えているわけだから、それでインクを捨てていたのでは本末転倒。

さて、その後、また元のフォトブラックインクにしようと思ったら、今度は下の表示になった。
ヤレヤレ、やはり捨てているのかもしれない。。。
Img_009701

|

« 青山でランチ | トップページ | ちょっとバタバタ、、 »

コメント

PM-4000PXでもインク換えるとしばらく「空流し」しますから、ノズルが共通ならやってるんじゃないですかね。まあ、パイプの中に前のインクが残ってたら意味ないから、今のメカニズムだと仕方ないんでしょうね。となると、紙の価格差とどっちが得か、という事になりそうですねえ。

投稿: Shimizu | 2007.02.01 22:45

こんにちは。私はPX-5500を使っているのですが、インクチェンジはもったいないこともあってめったにインクの切り替えはやらないです。PX-5800のインクチェンジについて、説明書を調べると「フォトブラックからマットブラックへの切り替えには約2 分かかり、約1.5ml のインクが消費されます。マットブラックからフォトブラックへの切り替えには約3 分15 秒かかり、約4.5ml のインクが消費されます。必要以上にインクを消費しないために、計画的に印刷することをお勧めします。」とありました。合計6ml(!)とは。一本80mlの7.5%、一本5000円として375円分をインク切り替えに投じたことになります。(おお、、、、)

投稿: はんちゃんJP | 2007.02.03 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/13746813

この記事へのトラックバック一覧です: エプソンPX-5800ネタ ブラックインクって?:

« 青山でランチ | トップページ | ちょっとバタバタ、、 »