« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.31

月末ですね

Img_008001今日で1月も終わってしまいます。月末です。
ココをお読みの方から良く言われます・・・「なんか気分がジェットコースターみたいに上がり下がりしてますねぇ〜」って 笑
確かに、、、
忙しいときは気分的にも高揚感があって、イケイケみたいな感じで書き込んでいる自分がいます。仕事のない日が続くと、「これで俺も終わりなのか??」と悲壮的な思いの書き込みをしています。

色々ありますが、、、、続けていくことしか出来ないですからね。
アウトな自分が上向きになることを祈って、上の写真。笑
Img_007701G7で初めてモノクロで撮ってみました。
Img_008501夜は知り合いの女の子がスタジオに来て、「撮って欲しい」ということで撮影になりました。女の子を好きなように撮るのは、楽しい時間です。歳を取っても、いつまでもこの感覚を味わっていたいと思うのですが、、、60くらいまでは大丈夫かな??

そう言えばLightRoom発売記念と言うことで、久しぶりにこの写真をLightRoomで読み込ませて、修正して載せています。今まではiPhotoでやっていますが、さすがにAdobeがフォトグラファー向けとして出しているだけのことはあって、調整がやりやすいです。あるジャンルのフォトグラファーにはかなり良いソフトになると思っています。使いこなしにちょっとだけクセがあるのが難点ですが、、、

さて、明日は朝からロケです。2月はいろいろなご依頼を頂いているので、少しは忙しくなって欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.30

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe Photoshop Lightroomと言う名前で正式に発表になった。
使い勝手についてはいろいろご意見のあるところだろうなぁ〜。
ココでは値段についてだけ書いてみます。
このソフトが話題になったのはかれこれ1年ほど前だったかと思う。ちょうど1年前の電塾勉強会でフリートークみたいに話し合ったのが懐かしい。
その会場で僕は「すべては値段が問題」と言ったのを覚えている。
どんな良い商品でも値段が高ければ、それは当たり前という評価になる。コストパフォーマンスという言葉がぴったり来るように、安いなら安いなりの性能だし、高いものには高いなりの理由があるべきと考える。

1年前にも希望する価格を言い合ったが、1万以下から5万程度までの開きがあった。が、多くの人は1万台、もしくは1万以下を望んでいたと思う。
LightRoomに関してはAdobeは多くのヒアリングとテスト、それのフィードバックを繰り返し行って開発してきたわけで、それなりの金がかかっている。そんなソフトを1万以下で売れ!と言うのは、まあ、通らないだろうなと思っていたけど、、、、発表された値段は予想価格のほぼ上限と言ったところかと思う。半年間のディスカウント価格が、僕の考える定価に近い印象だった。出来れば19800みたいな値段だったら、、、と思う。

さて、この値段で、さんざんテストしてきた人たちは、果たして買うのだろうか?

この手のソフトは去年の勉強会でも僕が言ったように、「囲い込み」のソフトという性格がある。画像データはデジカメの普及と共に日々日々その人のコンピューターに蓄積されていく。今はまだ人それぞれの整理をしているだろうけど、このまま増え続けるデータを記憶に頼って整理は無理。
そこでライブラリー機能のあるソフトを新たにどうぞ!ってのがAdobe、Appleの売り込みなんだけど、、、このライブラリーって、一度作ったらほとんど他のソフトに移ることが不可能になる。良い例がiTunesで、iPodの成功の裏にはこのiTunesがあったからなのだ。使っている人には分かるけど、いったんiTunesに音楽を入れ始めたら最後、他のソフトには行けない。もちろん、方法はいくらでもあるんだけど、実際にやるとなったらうんざりすると思う。
同じAppleのiPhotoというソフトがそう。写真を蓄積してしまうと、他のソフトに移行しにくい。

LightRoomとapertureの狙いがまさにソコ。
デジタル撮影が普通になった今、画像のライブラリーを握れば、お客は他に移れなくなる。結果的に将来にわたってソフトメーカーにアップデートなどの料金を吸い上げられるという寸法。

こんな事書くと、メーカーさんから怒られそうだけど、、、

LightRoomが悪いソフトと言うことでは決してない。むしろ、写真家のような自分の作品をいろいろな媒体で発表していく人たちには、まさに時代が望んだソフトだと言うべき。
僕が言いたいのは、将来にわたって、特定のメーカーに縛られるという自覚を持って使うべきだと言う、その一点のみ。良いソフトを自分で使いたければ、お金を出してちゃんと買って、メーカーに貢献するべき、更にメーカーさんはそのお金とユーザーからの意見で、更に良いものを出していく。。。。これが正しい循環だと思う。

さて、LightRoomがどう普及していくのか?僕としてはかなり楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PowerShot G7ってどうなの?

Img_006401さすがに買ったばかりのデジカメがあると撮りまくりますね。笑
ま、毎度のことなんですが、、、女房には「すぐ冷める・・」と言われています。気のせいか、新しいカメラを買ってうれしいという期間が年々短くなっている気がします。
さて、今日は天気が良かったので、近くの汐留まで昼ご飯を食べに行ったときのもので、上の写真は「あざやかブルー」モードで撮ったもの。イクシーに比べてあざやか度合いが甘い。もっと青の彩度が上がっていても良いんじゃないかと思う。というか、青空に関して言えば、撮っている人間の思い入れが一番出るもので、青ければ青いほど喜ばれる。メーカーさんはそのあたりをよくご存じなんだけど、ユーザーはさらなる彩度アップを望んでいるらしい。というのは、新しいテレビ(薄型のヤツね)を買ってみれば分かるけど、これのデフォルト(買ったときの状態)での発色はすさまじい。量販店の店頭に置かれている状態もほぼそのままだと思うけど、何台も並んでいる中で人間は一番あざやかなものを選ぶのは仕方ないこと。ユーザーにしてみれば買ったばかりのテレビが、真っ青な空と海、緑の芝生でのサッカーを見れば、「あ〜〜やっぱ買って良かった!」と思うはず。メーカーさんはもちろんこんなのはよ〜くご存じで、結果的に今売っているテレビはどれもスゴイ色になっているという寸法。
パソコンもそうだけど、テレビなんかは最たるもので、買ってきたらその画面表示設定を自分好みにする人なんて、ほとんど居ない。結果的に日本人の目はあざやかさに麻痺した眼になって行っていると言うことなのだ。>あ、これは僕の論理ですので。
Img_006601
Img_006801そうそう、お昼ご飯で食べたのはこの親子丼。日テレの前にある鳥屋さんだけど、結構美味しい。メニューが「究極の親子丼」と「極上の親子丼」の二つしかない。笑
こういう食べ物を撮るときのちょっとしたポイントは、ホワイトバランスをオートでは撮らないと言うこと。下の写真はオートホワイトバランスで撮ったもの。この手のお店は白熱光のライトを使っていることが多いので、カメラの設定は通常で考えるとオートホワイトバランスか、電球マークにするのが正しい。けど、食事を美味しそうに撮ろうと思うのなら、あえて太陽光マークで撮る方が、赤味が掛かって美味しそうに見えるわけ。
ちょっとしたことだけど、ブログなどで日々の食事を撮っている女の子に教えてあげると喜ばれる。>僕もそんな目にあったこと無いんで説得力無いですが。
Img_007001
Img_007301

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Macの小技

070130_window最近、僕のMacでやっている小技。
と言ってもたいした話ではないけど。
どこかのデジタルフォト雑誌で茂手木さんが披露していたもので、ウィンドウの表示オプションをちょっとカスタマイズしただけの話。Macの場合、アイコンを128ピクセル四方まで大きく表示できるので、この設定をすると画像ファイルなどは、そのウィンドウ自体を開くだけでブラウザとしても使えてしまうというもの。
070130_window2最初は僕もこの記事を読んで、「なんか子供だましなテクだな〜・・」と鼻で笑っていたけど>ゴメン!茂手木さん!ここ読んでいないから平気だよね??笑
実際やってみたら、結構便利。
さすがは、茂手木師匠!という感じで、最近は画面表示をコレにしています。
おかげでPhotoshopのBridgeいらずという感じ。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

PowerShot G7の2日目

Img_005401二日目のG7。
逆光のハレーションが気にくわないかな。。。格好いいハレーションなら僕は出てもかまわないという気持ちです。
それと他のカットでピンぼけ写真連発したのがあって、AFの苦手な絵柄だったのでしょう。MFに切り替えられるのですが、かなり慎重に合わさないとピンをはずします。スナップ程度で時間を掛けたくないので、そう言うときはイクシーの900isの方が簡単に撮れますね。
Img_006001そうそう、坪田さんのコメントもそうですが、このカメラ、結構写真好きの人は注目しています。僕の元アシスタントの片桐君も買ったと、さっき連絡をもらいました。笑
G7の輪は広がっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vista発売

ウィンドウズ・ユーザー待望のビスタが発売されましたね。
昨晩のニュースを見ていたんですけど、12時回ってもどこも中継をやっていなかったと思うのですが、、、今一つ盛り上がらないですね。
と言いつつ、僕の仕事もビスタに掛かっているので、どんどん売れて欲しいですが、、、
ココの写真は僕のです。
Vista搭載デスクトップPC 3モデル

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最近のお楽しみ

Img_004901最近の晩酌はコレ!
もともとエビスビールは好きじゃない。ビール好きの人から言わせると、あれが一番美味しいと、まさに口から泡を飛ばすくらいに、豪語する人が多いエビスビールだけど、僕はちょっと違うと思っていて、、、。
ま、人それぞれ嗜好品ですので、好きなものを飲んでいただくと言うことで。

で、エビスビールからでたこの琥珀。新発売のビールは大抵買ってみるので、早速試してみたら、、、エビスビールぽく無くて美味しい!最近はコレばかり飲んでいます。
エビスの苦いのが良いという人にはオススメできませんが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.29

新しいおもちゃ

Img_001701頼んでいたG7が届いた。
思ったよりも速かった〜。ちょっとうれしい。
早速事務所の帰り道に撮り歩いてみる。
Img_001901上の写真の真ん中部分を拡大したものが下の画像。
手持ち撮っていながら、この解像感は大したものだと思う。
Img_00192
Img_002901なかなか使い勝手がマニアック。カメラ好き、写真マニアにはかなり楽しめるカメラだと思う。
Img_004001
Img_004601

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.28

ボランティア

土曜日、APAのウェブについての打ち合わせに行った。
僕は別に何の委員でもない(今のところ、、)ので単なるお手伝いとしての参加。
打ち合わせ、勉強会は夕方まで掛かった。
僕だけではなく、参加者のAPA所属の写真家、すべてがノーギャラで動いている。それを当たり前と思うか、疑問と思うか?人それぞれだろう。
ただ、APAに対して、所属しているにも拘わらず、「何のメリットもない」と公言する人が居ることには、ある種の腹立たしさも感じる。そう思うのなら辞めればいいのに、辞めもしないで所属し続けている・・・自己矛盾。
ただ、ボランティアをしているから偉いとか、そんな話ではないんだけど。

積極的に関わっている人と、そうでない人との温度差があまりに有りすぎる。

もうすぐ発刊されるAPAのRGBワークフローガイド2007にも、僕は関わっているけど、これもノーギャラ。僕以外の会員もすべてノーギャラで執筆などをしている。そのことを一般の会員はまったく知らないし、それを連絡することもない。それもちょっと問題だなと思う。
お金が欲しいという話ではないんだけど、、、

電塾の勉強会でもそうだけど、仕事を断ってまで参加しているわけだ。それを個人の勝手と一刀両断にするのは簡単だろう。

今は、僕の場合、あくまでも「自分のため」と思っている。ノーギャラのボランティアでも、なんらか得る物はあるので。実際、RGBワークフローガイドは今まで読んでいただけだけど、校正作業などもやっていると、それなりに勉強になる。文字にはならなかった、葬り去られた一文も多々ある。その中に真実はあるんだけど、いろいろな縛りから、表沙汰に出来なかったものだ。
僕はそれを間近で見てこられたのは、お金には換えられないメリットだと思っている。
同じ事は電塾でも言える。

一匹狼のフリーカメラマンの僕が、いろいろな知り合いが出来たのは、電塾とAPAのおかげと言っても過言ではない。
なんだかんだ言っても、僕を必要だと思ってくれる人が居るのなら、そのために働きたいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.24

G7

G7と言っても、サミットではありません。
ここのところ時事ネタ続きか??と思った方、裏切ってすみません。笑

デジカメのG7の話。
キヤノンのデジカメなんですが、実は欲しくなって買おうと思って情報を集めています。
でも、コレ、どこにも売っていません。と言うか、予想以上の売れ行きでどこもバックオーダーという状態、、どのお店に聞いても1〜2ヶ月待ちと言うことです。
今頼んでも春になっちゃいます〜〜。

どうしようか??結構高いカメラなので(59800円くらい)、これくらい出すとニコンの一眼デジカメD40が買えるんです。よっぽどD40を買おうかと思いましたよ。でも、一眼って結局は持ち歩かないんですよね。いつも持ち歩いている伏見さんは偉いなと思います。。。ニコンのレンズがちょっとあるのでボディだけ買えばいいかな??と思っていたのですが、パスしました。

で、昨夜、ヨドバシカメラwebでポイントが20%付いているのを見て、買っちゃいました。。。でも、いつ届くのか分かりません。

そうそう、ヨドバシカメラですが、G7を探しにお正月にやったイベントの川崎ルフロン店にも行ってみました。そこの担当者とは当然顔見知りなので、なんとかなんないの??ってお願いしようと思って、、、
でも、結局、無いものは無いですぅ〜、ってあえなく撃沈。

その時に、ドリームフォトグラフィーの話になって、先方から真っ先に言われたのは、、、
「あの後、何人ものお客様がいらして、『あんまり良い写真だったので、写真のデータが残っていたら欲しい!』って言われて大変でした。」というお話しをされました。
すごく好評だったそうで、、、、。カメラマンとしてもそう言うお話を聞けるのが一番うれしいです。

他の店舗のカメラマンと後日話をしたら、撮影は5,6枚しかシャッターを切らないと言うことで、、、僕は少なくても20ショットくらいは切って、良い表情のものを差し上げていましたから。

かなり大変な仕事でしたが、喜んでいただければ何よりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.23

円安ススム

円安がジリジリと進んでいる。

各国通貨と円のレート

対ドルはもちろんのこと、対ユーロがここ1年くらいでかなりの円安。
先日ヨーロッパに行ってきた人の話では、商品の値段が高く感じて、楽しめなかったという話をしていたり。。
日本ではここ何年も値段は下がるものという「慣れ」があったけど、これからは変わってくるかな〜と言う気がする。

代表的なことで言うと、ヨーロッパ製のカメラ、クルマなどの値上げ。
僕の使っているPhase Oneでは新型から50万円値上げされる。これはユーロ高によるものです。実際、僕もユーロを多少持っているけど、1,2年前に円から換えたもので当時、1ユーロが140円くらいだったと思う。今は157円というとんでもない値段だから、、、僕個人としてはちょっと儲かってうれしいんですけど・・・笑

ユーロの場合、ほぼ一本調子での値上がりなので、まだこの先は止まらないような気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

衝撃

伏見さんのブログでも紹介されていたけど、細江英公先生のPGIでやっている写真展に行ってきた。

実はこのPGIというギャラリー、知らなかった。お恥ずかしい。。。

Photo Gallery Internationa

調べるとナント、僕の家の近所だと言うことが判明。しかも、このギャラリーの3軒隣にクライアントさんの事務所もあったりして、、、
今週もヒマなので、、、苦笑、、事務所に行く前に寄ってみることにした。天気も良かったので、久しぶりに自転車通勤。ギャラリーまではホンの5分程度だった。こんな所にギャラリーがあるなんて、、という気持ちだった。Cimg173401
先週の東京都写真美術館での細江先生の写真展も良かったが、ここのは別格。素晴らしかった。

場所柄と言うこともあって、会場には僕一人。誰にも邪魔されずに細江作品を好きなだけ見られるというのは、何とも贅沢な時間だった。

そんなこともあって、ゆっくり一点一点解説を読んでまわった。
アノ有名な薔薇刑の説明に「ダゲレオタイプ」とあった、、、え!?これって35ミリのカメラ(たぶんニコンかなと勝手に思っていた)で撮影しているんだろうと、そう思いこんでいた。ダゲレオタイプって???暗箱みたいなヤツ??

その通りなら、ものすごい衝撃的です。

写真マニアなら当たり前の知識なのかも知れませんが、僕は知りませんでした。

あの作風を暗箱で撮れるのか?しかも、僕の生まれた年の1961年に・・・

凄すぎます、細江英公先生。
比較するのもおこがましいですが、、、自分のふがいなさが、情けない、、、悲しくなるほどに。

Cimg173501

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.21

フジS5Pro 1/19

Cimg173301ヒマだったので(笑)、フジの新型デジカメS5プロの発表会、説明会に行ってきた。たぶん、フジからの案内はプロカメラマンだけに行っていたと思うので、この日、会場にいたのはほとんどがプロカメラマンだったと思われる。
平日にも拘わらず、この人数って、、みんな、ヒマなの??と自分もヒマだったから少し安心。苦笑

たぶん、だけど、この日に行った人のほとんどはS5の事も見たいと思っただろうけど、もう一つの目的は「印刷のためのデジタルデータの作り方」というセミナー(?)だろう。

何ともそそるお題目で、、僕たちプロカメラマンのほとんどが聞きたいと思うだろう。

まあ、結局はフジ製品のプロモーションになるだろうと、最初から分かっていたけど、、、聞いてみたらやはりそうでした。ま、当然ですね。
こういうセミナーで何でも全部解決すれば何も苦労はないわけで、、、期待して行ったヤツはアマちゃんと言うことだろう。
個人的には面白かったと思っています。というのはプレゼンの内容の画面の作り方などが参考になったので。

さて、本題のS5プロ、、、かなりそそられるカメラでした。
僕が一番気になったパソコン直結時の使い勝手ですが、まあまあ、、、できたてのソフトにしてはと言う前書き付きですが、、、。もう少し、先行している各社のソフトを研究して作って欲しいですね。良いところはどんどんマネをするべきです。

会場ではいろいろな方にお会いできて、それなりに楽しめた時間でした。

せっかく恵比寿に来たので、写真美術館によって、細江先生の個展「細江英公の世界」展を見てきました。

家に戻って、女房にその話をしたら、いろいろ話がふくらんで楽しかったです。というのは女房は写大で細江先生の授業にも出ていましたから。
最近の僕たち夫婦の夜は、テレビも付けずに二人で飲みながら食事しながら、いろいろな話をするのが、何よりもの時間になっています。お互い写真について話が出来るのは、写大出身の女房ならではと言うことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリントアウト用ペーパー

Cimg172501メインプリンタをエプソンに代えたことによって、プリントアウト用ペーパーも変更している。
プリンタの買い換えって本体だけにとどまらずに、予備インク、ペーパーと付属品も買い換えないとならないので、結構な出費になります。特に今回の僕のように染料系から顔料系という場合は特に使い回しが効きません。

現在のプリントアウト用途には次の種類があります。>プロカメラマン対象のお話ね。

1)ファインプリント>プリント自体が最終原稿の時
2)プルーフプリント>商業印刷目的での確認用
3)サムネイルプリント>フィルム撮影時代のコンタクトシート。選択用。
4)ポラ代わりのプリントアウト>撮影現場などでその場だけの確認用。

僕の場合、4はキヤノンの小型プリンタでやっているので用紙の選択は出来ない。
1,2,3のケースではそれぞれの用紙の種類を使い分けている。

コストと時間を最も掛けて良いのが1の場合。場合によっては採算度外視で、気に入ったペーパーを使えばいいわけで、作家の方はこの辺りのこだわりは人それぞれ。

仕事としてのプリントアウト用だと、日常的には2と3がほとんど。

2の商業印刷向けプルーフプリントには、僕の場合はピクトリコのプルーフ用紙を使っている。このペーパーの利点はA4のカット紙がある点。メーカー純正でも同じようなプルーフペーパーはラインナップにあるけど、ロール紙の供給になる。ピクトリコのプルーフ用紙はプリンタごとにプリントプロファイルを提供しているので、これを使えば十分実用レベルのプリントアウトが出来る。もちろん、中には時間を掛けて自分でプロファイルを作っている人も多いけど、それは個人の自由と言うことで。。。ある高名な写真家のご意見では、このプロファイル作りも、あるレベル以上のプリンタが前提なので、コンシューマー用プリンタでは無駄、と言うご意見もある。この辺りの使える使えないはかなり感情論ではないかと思うので、僕は各自の好みの世界と言うことにしている。

長くなったけど、、、、
さて、次にサムネイルプリントなどの、それほどのクォリティが要らない場合のプリントだけど、これを今回換える羽目になった。今まではキヤノンの9900でプリントアウトしていたので、キヤノンのエコノミー写真ペーパーを使っていれば十分だった。エプソンの場合、コスト重視のペーパーはこの写真のものになる。もちろん、社外品のペーパーは数多くある。が、ここでけちってもそれほど良い結果が得られないと言うのが、僕の結論。

もちろん、ちゃんとしたプロファイルを公開しているメーカーならまだしも何とかなると思うけど、純正紙準拠のプリントアウトだと、どうしても色の転びがある。かといって、そこで前にも書いたように自分でカスタムプロファイルを作るのは、、、本末転倒かと思う。だって、安いペーパーを使うために、自分の時間を削ってプロファイルを作るわけだから、、自分の時間をお金に直してみれば、分かる話だし。
ベンツ乗っているのに、安いガソリンを入れに、数十キロ離れたガソリンスタンドに行くようなもの、、、気持ちは分かるけど。(笑)

さて、この写真用紙エントリー、値段が安い割にかなりイイです。
実際の話、ここまでそこそこに出てしまうと、高い紙買わなくても良いジャンと思う人は多いんじゃないかと思います。

エプソンユーザーなら是非お試しを〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉持さん写真展パーティー1/16

新宿ニコンサロンで電塾でもお世話になっている倉持さんの個展パーティーに行った。
倉持さんをご存じでない方に説明すると、倉持さんはこのカメラメーカー、ニコンの社員さんで、いろいろなサポートをやっておられる。義理堅いお方で、数年前の僕の個展の時にもいらしていただいて、非常に恐縮した思い出がある。当時は今ほど親しいという間柄ではなかったし。。。

このパーティー、非常に盛大。というか、僕が経験した個展のパーティーでは最大級ではないかと思う。後援が小川さん、根本さんという、写真界の重鎮の方たちだったと言うことも大きいかな。ライオンというビアホールに入りきれないほど、、、たぶん200人以上は集まったのではないかと思う。
今をときめく各雑誌で活躍している写真家の方たちが勢揃いという感じで、僕なんか、それだけでも感動。
以前から気になっていた土屋さんと名刺交換したりして、、まったくミーハー。

会場ではエプソンの方ともお話ししたり、、初対面なのにこのブログを見ていただいたそうで、、、「チェックしています」と言われてしまった、、、う〜ん、書きたいこと書けなくなるなぁ。(苦笑) エプソンのヘッドのつまり話題をしておきました。念のため書いておきますが、5800を褒めているのは、純粋に良いと思っているから書いているので、、エプソンからは何も貰っておりません。(笑)

さて会場ではあまりに人が来すぎたため、僕なんか、ビール2杯とナッツしか食べられませんでした。(笑)

そんなこともあって、お腹空いたし、、、、と思っていたら電塾がらみで永嶋さんたちと次に行こうか?と言う話になり、、、そう言いつつ、APAがらみで根本さんたちと合流、2次会になりました。根本さんと一緒に飲むのは初めてで、ちょっと緊張。だって怖そうだし、、、と書くと怒られますが。。。根本さんはAPAの理事でもあるのですが、考え方が論理的で、個人的に好きな人です。カメラマン、写真家には大きく分けて2種類の方が居て、論理的な方と情緒的な方と言う分け方が出来ます。主に物撮りをメインとしている人には論理的な人が多いような印象を受けます。

さて、倉持さんの写真ですが、、、ご本人が今でもやっていらっしゃる社会人のバレーボールの写真です。経験者でなければ撮れない、そんなことをスピーチでおっしゃっておりました。会場でいろいろなプロカメラマンと話しましたが、技術的には当然、プロから見れば、それなりのレベルでしかないのですが、ですが、写真はそれだけではないと言うことを皆さんおっしゃっていました。つまり、被写体への愛情ですね。仕事で撮っているカメラマンは、倉持さんほどの愛情をそこにはぶつけていないでしょう。

写真って、結局は撮っている人間が写るものだと思っています。それは何を撮っても。仕事で撮っていると、いろいろな事情でそう撮るしかなかった場合でも、そこには写っているのはそのカメラマンの妥協です。それが一番よく分かるのは、撮った本人なのですが。

そう言う意味での写真の怖さを感じます。Cimg171801
Cimg172001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

「月光」

ベートーベンか、ドビュッシーか?と思った人はノダメファン? 笑

40歳以上の写真マニアで月光と言えば印画紙なんです。
それが、、、
三菱製紙のモノクロ銀塩写真印画紙「月光」がインクジェットペーパーとして復活

インクジェットペーパーとして復活という、何とも今な話題。

僕が最初に買った印画紙は月光だったと思う。
まだRCになる前のバライタ紙。フェロ板を掛けると、その光沢感がたまらなかった。
だから、月光は光沢!と思っていたら、今度のインクジェット用ペーパーは微粒面と書いてあるけど、、、これって、光沢??

ピクトリコには鏡のような滑面のハイグロス・フィルムという商品もあるので、僕の望んでいるような月光とは違う商品展開になるのではないか?と予想している。ただ、黒のしまりを重視しているようなので、その点ではインクジェット用としての月光というブランドを認知させていけるのかな〜と思う。

月光の復活を見ても、今の写真界のボリュームゾーンって40歳以上のオジサンってことだろうなと思う。お金もあるし、時間もある。心配なのはそのあとの世代がどうなるのか?と言うこと。今の20〜30歳の若い人たちに、どうやって高付加価値の商品を訴求していくのか??メーカーさんも大変だなと思う。

そうそう、この月光の推奨プリンタはグレーインクを搭載した顔料系と書いてある。ただ、HPに関しては8753は染料だけど入っている。このあたり、時代の流れは顔料系にシフトしてしまっていることを思い知らされる。今をときめくキヤノンの唯一の死角が顔料系プリンタなんだけど、、、タイムリーに市場に商品が出せなかったのは痛いな〜と思う。

それにしても、、、、エプソンのプリンター5800は良いプリンタだと思う今日この頃・・・

| | トラックバック (0)

2007.01.15

良いことがあったので、、

Cimg171401プライベートで良いことがあったので、本日2本目のビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充実

日曜日、溜まっていた画像データを納品用にするため、半日程度事務所に行く。
月曜納品という案件で、しかも、月曜日は午後からロケなので、今のうちにやっておかないと。

仕事は順調に終了。でも、午後4時を回ってしまった。
僕はフィットネスクラブに行くことが、趣味と言えば趣味で、今はコナミスポーツクラブに通っている。と言っても月に3〜4回も行ければ良い方で、去年後半は1ヶ月に1回ということもあった。月会費が13000円くらいするので、1回13000円掛かったことになって、辞めるか??と何度思ったことか。でも、たぶん、辞めると元に戻すのがまた億劫になるから、、、これはモチベーション的にね。

コナミの場合、会員種別によって、全国の施設を使える。僕は銀座店の会員だけど、土日は家から車で行きやすい青物横丁の本店に行く。今回みたいに日曜に事務所で仕事をしていることも多々あるので、事務所にも着替えと靴一式が置いてあって、気分次第でどこでも行ける体制にしてある。そうしないとホントに行けないので。

この日は4時を回っていたと言うことで、すでに銀座店のスタジオスケジュールは終了。コナミHPで事務所から行きやすく、帰りやすいところのスケジュールを調べる。都心部のフィットネスクラブって、土日に関しては意外に早い時間に終わるところが多くて、、、反対にちょっと離れた住宅地に立地しているクラブは割に夜遅くまでのスケジュールがある。

結局、選んだのは川崎。品川からは東海道線で一駅だし。5時からのレッスンには間に合う。

久しぶりに身体を動かしたので気持ちよくて、ボディ・パンプとジョギング・エアロの2本をやってきた。結構効きました。笑

で、終わったから帰ろうか?と思っていたけど、女房が大学の先生の還暦祝パーティーだとかで居ないので、もう少しゆっくりすることに・・・ひとりだし、映画かな〜。
映画は109のシネコンが川崎にあるので、そこで。
007カジノ・ロワイヤルを見ました。
新しいボンド役で、公開前はいろいろ言われていたけど、アクションはすばらしかった。スパイものは話の筋が複雑で、誰が裏切って、、、みたいな感じで、わかりにくい。冷戦終了後は映画界でも絶対的な悪者を設定できなくなったので、余計話が分かりにくい。
デートムービーだと思うけど、女性には難しいかも??ってこと書くと女性蔑視だ!と言われかねないけど。。。実際、終わった後の帰り道で、同じ映画を見たカップルが話しながら歩いていて、それを聞いていたら、「で、最後の人は、なんだったの??」って女の子が彼氏に聞いていた。

さて、久しぶりに充実した1日でした。盛りだくさんだったぁ〜。

今週はヒマな日が多いので、ゆっくりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.13

MacPro & DPP 爆速

土曜日の今日、午後から撮影ですが、まだクライアントが来ていないので、その前に一昨日の撮影データをセレクト。さ〜ってセレクトが終わったし、クライアントも来ないから、現像仕掛けて、飯でも行くかなと思ってDPPのバッチをやったら、、、もう終わってしまった。。。

400cut以上をJPEG書き出し、11分で終わっちゃいました。ちなみに1Dmk2NのRAWデータ。

爆速ですね。飯食うヒマもない。。。笑

さって、コンビニ行ってきます。>結局掛かっている時間同じジャね〜っか!?ってツッコミもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.12

本日の夕飯070111

Cimg171301本日の夕飯でした。
夜中の1時まわってからのカップ麺はもたれるので止めたいのですが、腹が減って、、ロケ終わりが22時、事務所に着いたのが23時、明日のロケの準備とデータの整理でさっき帰っての夕飯です。
ちなみに女房はまだ仕事から帰ってきません。
正月からこんな感じで二人ともよく働きます。(笑)
今年は僕が二日から仕事だったので、お餅も買っていません。お節なんて、結婚して20年、食べたこと無いですね。まあ、お互い仕事があるのでこんなもんです。

さて、明日は朝イチで長野の塩尻に行きます。某E社の撮影。ちょっと楽しみかな。

土日も仕事なので、体調に気をつけてもう一頑張りします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.10

iPhone

あちこちで話題ですね〜、iPhone。
Appleは社名からコンピューターをなくしてしまって、新たに発表したのがこのiPhoneと、TVセットトップボックス、そして、無線LANのAirMac。これだけしか出さないで、新しいコンピューターを期待していた人たちを、スッパリと肩すかしをしました。

発表された機器を見ても、コンピューターという名前をなくしたことも、新型Macを出さなかったことも、「さすが、Apple!」としか言いようがありません。
Appleはもう、コンピューターには目を向けていないんだろうな、、というかそれも含めての家電品メーカーというか、なにか新しい会社になるんだと思う。
良いか悪いかは別にして。世の中の流れと言うべきか。。。

それにしても、iPhone、欲しいです。
日本円で7万程度になると思いますが、Jフォン、いえ、ソフトバンクモバイルで、ぜひ出して欲しいです。早くても来年だろうと思うので、それまでは今の電話とクリエでがんばって行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

動き出した

今日から世間的には本格始動という感じですね。
一斉に世の中が動き出したという感じです。
おかげさまでかなり忙しいことになってしまいました。今週はほぼいっぱいいっぱい。土曜まで撮影が続きます。
連休中は久しぶりに遊びましたから、そのツケが来たなという感じ。
連休中のことを書こうと思いましたが、後回しです。

ヒマならヒマでぶつぶつ、、、忙しくなればなったで、また、ぶつぶつ。我ながらやっかいな性格だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.05

インクジェット用年賀ハガキ

Cimg1685印刷した450枚の年賀状が終わってしまい、出し漏れていた年賀状を出すため、インクジェット用年賀ハガキというものを初めて買ってみました。
驚いたのは写真用とただのインクジェット用と、2種類あるんですね。
写真用は10円高いと、ちょっと差別化されています。
これって、染料系のインクジェット対応で、エプソンのプリンターなどの顔料系には非対応なんですね。僕のところには染料系と顔料系、両方あるので別に困りませんが、エプソン命みたいな人には、しゃくに障る仕様かな。
たぶん、無理矢理顔料系で刷っている人がいると思いますが。

キヤノンのプロフォトペーパーの設定で刷っていますが、発色も良くて、良い感じですね。部数が少なければこれはかなり良い年賀状になります。

さて、年賀状は早々に終わりにして、撮影に掛かります。
Cimg1679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年賀状

遅くなりましたが今年の年賀状をアップいたしました。

Photo & Styling Y2

制作裏話もあり、、、コレは新年から見逃せないかも??笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドリーム・フォトグラフィー

ヨドバシカメラのイベント、ドリーム・フォトグラフィーの二日目も順調に終わりました。
ありがとうございました。

ヨドバシカメラへのLinkがニュースへのLinkだったのですでに他の記事になっております。
イベントの模様は以下をご覧下さい。

三宅さんのブログ

昔のニフティのフォーラム時代の仲間、三宅さんが会場にいらしてくれて、それの写真が載っております。

さて、撮影は順調でした。撮った写真は非常に好評で、、、、そりゃそうだろうなと思います。自分で言うのも何ですが、、、手は抜きませんから。
中には1日目にいらしたお客様が、翌日にもいらしていただきました。「写真があまりに良かったので、今日は違う家族と一緒に来ました」とおっしゃってました。また、中には1日のうちに2回いらしていただいたご夫婦の方も、、、「良い写真だったから、今度は違った感じで撮ってもらおうかと思って」と。

体力的にはかなりきつい仕事でしたが、楽しく、そして、得る物は多かったと思います。

自慢ではないですが、僕のプリントアウトはかなりのレベルだと思います。
デジカメだから誰がとっても同じ、誰でも撮れると思われがちですが、実は、かなり差があります。これは今回のようなイベントのプリントに限らず、仕事上での商業印刷での上がりにも顕著に表れます。

今回のようなJPEGで撮って、その場でエプソンのプリンターですぐプリントという場合、ちゃんとしたライティング、適正なホワイトバランス、ギリギリの露出、そして、カメラの微妙な調整がポイントです。

今回、僕が使ったのはキヤノンの1Dmk2Nというカメラ。なぜこれを使ったか?
ストレス無くシャッターを押していけることとピクチャースタイルが使えるという点でのセレクトです。
僕は人を撮るときにはほぼ100%ポートレートモードで撮影します。と言ってもデフォルトそのままではないですが。このモードは肌色の色相をちょっと赤よりに回転しています。それで肌が赤っぽく出てしまうのですが、、、それで使えないと判断する人も多いモードです。ですが、ちょっとだけ設定を変えるだけで、撮りっぱなしでキレイな肌色を再現できます。
今回のように撮影後に何もいじれないときは、どれだけ撮影時に設定を突き詰めていけるかが重要です。
常にRAWでしか撮らない僕ですが、去年のキャノンの撮影会などで撮ってすぐプリンターで出すという仕事を経験しているので、どうやればそこそこの写真が出るか?だいたい分かります。

もちろん、デジタル部分だけでなく、ちゃんとしたライティングが出来て、そこからというお話です。

今回は限られた時間で、どれだけ良い写真を撮れるか?どれだけ喜んでいただけるか?というハードルを、自分なりに越えられたなと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007.01.03

仕事始め

あけましておめでとうございます。

本年もこのブログをよろしくお願いいたします。

さて、1日に実家巡りから帰ってきて、2日の昨日から撮影しております。お仕事はこれ、

お正月はプロの写真家があなたを撮影!ドリームフォトグラフィー

APAで日頃お世話になっている写真家の方からのご依頼で、今年初めて引き受けたお仕事でした。

素人の方を1日、100組近く撮る仕事は、僕としても初めてでした。多くの人が見ているヨドバシカメラの売り場店頭でのスタジオセット。その中で「笑え」というのも無理な話。しかも、一組3分程度の中で、いかに良い表情を出していくか?難しい仕事です。
僕の場合、しゃべりながら撮るというスタイルなので、この時間帯はず〜っとしゃべりっぱなし、立ちぱなっしという感じで、のどと腰に来ました。若くないとつらいですね。

そうそう、川崎地区にはヨドバシカメラのチラシに僕の写真入りで宣伝されていたので、それを見た知り合いが何人か、応援(?)、冷やかし(?)にいらしていただきました。ありがとうございました。僕の写真が怖いという、ご意見もあり、(笑) 他人を撮る前に自分の写真をどうにかしないと、、、と思った新年初仕事でした。

さて、最終日の今日、これから行ってきます。

忙しくてブログの写真も撮るヒマがないので、、、、ご容赦。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »