« 気分は上々 | トップページ | セミナー »

2006.11.17

裏目に出る

何をやっても裏目に出るときがある。
ここ数日が僕にとってのそんな日々だった。
この直前のブログには「気分上々」と書きながら、その直後からダメダメの日々・・・

先は誰も読めないですね。

まずは会社の半期の決算から、、、これが思ったよりもダメだったこと。特に僕の撮影部門が思わしくなかった。自分では「こんなにやっているのに・・・」という思いがあったから、余計落ち込んでしまった。

フリーカメラマンの売り上げなんて、漁師みたいなもので、潮目が良ければ漁獲量が上がるし、外れれば落ち込むという、まったく先の読めないものだ。

まあ、赤字になっているわけではないので、騒ぐこともないけど、自分のやったイメージとのギャップが大きかった。

次は携帯をソフトバンクにしたこと。これが女房の不満爆発という感じで、、、
ドコモユーザーからソフトバンクは、確かに不満も出るだろうな。今まで通じていたところで通じなくなると、全部僕が悪くなってしまう。

次にそんな状況下での大きい買い物。そんな余裕ないジャン!という感じだった。

そして、今日。
訳あって、他人の撮影を僕が請け負ったのだが、、、撮影はまあまあ順調だった。が、データをコピーする段でトラブルが起きてしまった。
やらなければいいのに、休憩の時間に撮り終わったデータをMacBookProに取り込んでいるとき、トラブルは起きた。
次の撮影が急に始まってしまい、僕だけ撮影に戻り、アシスタントをその取り込みに当てた。が、しばらくして戻ってみると、「書き込みが止まったままです」という状態だった。
何をどうやっても止まったままだった。
どうしようもなく、Macを強制終了。
撮影現場では終了までの時間が限られているので、そのまましまって、撮影に戻らないとならい。

もう、気が気ではなかった。
キヤノン1Dsmk2のデータ、6GBのマイクロドライブを使い切るほどのデータが、途中終了させてしまったのだ。

ここで焦って、再度、Macを起動し直して、取り込みを試してみるという事を、やるべきか?
かなり悩んだ。

気持ち悪くなって、吐きそうになるくらい、迷った。

数百カット、ダメになってしまったかも知れない。

かといって、その場で焦っても良いことはない、、、僕はそう判断した。

僕の今までのやり方は、どんなに急いでいても、ロケ現場では取り込みをしない、という鉄則があった。それを今日に限って、破ってしまった。そのせいでこんな事になってしまったことを悔やんでいる。
が、悔やんでもどうにもならない。とにかく、いつものように自分のやり方でやる。そう、自分に言い聞かせた。

気が気でない状態のまま、撮影は続行された。

1時間後、すべての撮影は終了。

挨拶もそこそこに事務所に戻った。

震える手で事務所のMacProにマイクロドライブを差し込んだ・・・・desktopにマウントした!

これほど神に感謝したときはなかった。自分の運を感じた。

幸い、データは1点も壊れていなかった。
最悪はRAW+JPEGで撮っているので、データレスキューでJPEGのみ取り出す可能性を考えていたが、RAWデータも大丈夫だった。

今回は良い教訓だった。
かなりあわただしい現場だった、カット数もあった、、、、がそんなことは何の言い訳にもならない。どんな時も確実に写真を撮ってこそ、プロだし、自分はそうありたいと思っている。
どんな時も焦らず、いつもの自分でなければならない。
その法則を必ず守る、ということの大事さを痛感した一日だった。

やることなすこと裏目に出る。そんな日がある。

だけど、焦らず、自分を信じる。じっと我慢する。そんなことを45になった今でも刻み込んでいかないとならない。

|

« 気分は上々 | トップページ | セミナー »

コメント

読み込みの時にハングしても、よほどの事がない限りデータは無事です。大抵やるのは、装置が気を利かせて「初期化しますか」と聞いて来た時に反射的にYESをしてしまう事でしょうかね。

マイクロドライブだって、書き込み禁止ノッチみたいのはありますよね? カメラから取り出したら、必ずそれを禁止にしては?

投稿: Shimizu | 2006.11.18 00:18

同業者として湯浅さんの気持ち重々解ります。
度重なる重い日々、私でもあります。
これを乗り越えるのが我々のサガとも思えます。

当方、MNPでDoComo FOMAからauに替えた口ですが、たいへん安定しており気持ちよく使わさせてもらっています。
auをおすすめします。

投稿: sat | 2006.11.18 01:00

Shimizuさん、毎度です。
MDは書き込み防止ノッチって、無いんですよ。
確かにあったら便利でしょうね。
それと、データが無事かどうか?以前の経験として、途中ハングしてデータが読み出せなくなったことが3回くらい有ります。
どうしてそうなるのか?不明ですが、指揮者の人に言わせると、Macのデータコピーの際に、メディアに何かを書き込むという性格上、読み出しが出来なくなると言う、説を何人かの方から聞いています。
データレスキューに関してはWindowsの方が圧倒的に優位ですので、非常時に備えてWindowsマシンを一台持つように、と説く人もいらっしゃいます。

satさん、初めまして。
どこまで行っても確実なものはない、と頭では分かっていますが、、、、いざ、自分がそう言う境遇になると、焦りますね。
平常心を保つことの大切さを痛感しました。
また、トラブルはよりによっての時に起きると言うことも。

フィルム現像のトラブルも以前はありましたが、他人がやったトラブルですから、責任の重さも今ほどではなかったと思います。

これほどまでにプレッシャーに日々耐えていって、あと何年現役を続けられるのか?不安ですね、正直なところ。。。

投稿: tatsphoto | 2006.11.18 13:02

へ〜、ノッチが無いんだ。そりゃ不安・・・・

読めなくなる理由ですが、多分、マイクロドライブのヘッドがトラックをサーチ出来なくなるんじゃないかな。何らかのタイミングの問題かと想います。MacのOSはリカバリ機能をかなり持ってるので、よほどの事でもなければマウントは出来るのが普通です。データ復活に関しては確かにツールとしては窓機の方が豊富ですね。でもIntelMac使ってるんだから、それこそParallelsでも動かしてやればいいのでは?

投稿: Shimizu | 2006.11.18 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/12723804

この記事へのトラックバック一覧です: 裏目に出る:

« 気分は上々 | トップページ | セミナー »