« LightRoom 対 aperture | トップページ | 安達さん、逝く »

2006.10.20

打ち合わせ2本

Dsc0086401午前中に学研のCAPA編集部で打ち合わせ。明日からの撮影会のため。
もろもろの事情で前日打ち合わせになってしまった。。。が、春に一度経験しているイベントなので、確認事項のみだし、お互い安心感があるから大丈夫。

午後、お借りしていたフェーズワンのP45の返却と、事務所に置いてあるMacBookProの修理発送。
P45は、先日のイベントのあと、試したいというお客様がいらしたそうで、僕の所からそこに搬送する。
フェーズワンのイベントでは「僕の話を聞いて、、、」というお客様が数人いらしたそうで、商談に進んでいるそうだ。少しはお役に立てたみたいで良かった。
というか、カメラマンサイドとしても、次のステップ、と言うことを常に考えていなければならないし、その切っ掛けが僕の話だったら、それはそれで、僕としてもうれしい。
H25を講演の中では薦めていたけど、正直なところ、アレが一番コストパフォーマンスが高い。P45を使ってみて思うのは、「ここまで大きい画像データはそうは要らないな」と言うことだった。
年に数回は必要になるだろうけど、、、、バランスが良いのはもう少し下のクラスだと思う。

さて、MacBookProの修理。
これは9月の頭に買ったものだけど、その時からふたを閉じるラッチが弱くて、2カ所あるうちの片方が開放してしまうと言うトラブルを修理に出したのだ。(17インチはラッチが2カ所ある)

しばらくはMacBookProが活躍するロケはなさそうなので、今のうちに修理に出してみた。

現時点で僕の使っているMacはノートが2台、desktopが2台という構成なので、どれがトラブルになってもバックアップはあることになる。たぶん、このくらいが仕事で使っていく上ではちょうど良い感じかな。これ以上あっても一人では管理しきれないし、アプリケーションも合法的に入れることは金銭的に負担になってくる。
フォトショップCS2はアクティベーションがネット経由で行われるので、1ライセンスでの同時使用が2台までだし、フェーズワンC1Proは1ライセンスで2台までのPCのみ使用。が、これはほかのPCにライセンスを移行しようとすると、アメリカ本国に登録PCの抹消などの手続きをしないとならないので、1ライセンスしか持っていないと結構使い勝手が悪い。僕は2ライセンス持っているので4台のMacすべてで使えるようにしてある。

さて、午後、納品などがすんでから、スタジオエビスでAPAの打ち合わせ。
RGBガイドブック(仮称)の発行準備が進んでいる。僕も数ページほど書かなくてはならない。年内には終わっていないとまずいので、年末に掛けてイベントはあるし、仕事もあるしで、ちょっと不安。

写真はガイドブックの取り仕切り役の伏見さん愛用のD200。レンズフィルターにはお手製のソフターが・・・

|

« LightRoom 対 aperture | トップページ | 安達さん、逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/12357265

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち合わせ2本:

« LightRoom 対 aperture | トップページ | 安達さん、逝く »