« EOS & PIXUSデジタルフォトゼミナール in 神戸 | トップページ | ある晴れた日061025 »

2006.10.24

Intel MACはすばらしい!

Img_016201朝からロケを1本。
あっと言う間に終わって、お昼前に事務所に戻ると、Appleから先週に修理に出したMacBookProが到着した。
確か、水曜日あたりに電話して、金曜日に宅配業者が来て、土日を挟んだけど、火曜の今日、修理上がりが届いたってことは???メチャクチャ速い修理で驚きました。
新品で買うとこういう点は便利。
まあ、故障はない方が良いけど、、、現在の電子機器はある程度のトラブル率は仕方ないと認識すべきかと思う。
さて、修理伝票を見てみると、「ボトムケース交換」となっている。ボトムケース??って何処のことだろうと、ヨ〜く見てみると、ラップトップの液晶ではない方の側、キーボードがあるところ、その部分が新品になって帰ってきている。もちろん、キーボードと電池は使った跡があるけど、筐体自体は新品になってしまった。
買って間もないとはいえ、キズもあったし、、、すっかり新品になってしまい、ちょっとラッキーでした。

さて、そんなことをしている場合ではなく、昨晩の撮影上がりを処理しないとならない。
昨晩は久しぶりにパーティーのスナップの仕事を頼まれて、数時間、銀座の某ショップでのオープニング・パーティーを撮っていた。キヤノンの1Dmk2Nを2台使って、総カット数600ショットくらい。
すべてJPEG+RAWで撮っていた。うまくすればJPEGでそのまま行っちゃおうかと思ったんだけど、見ていると直したくなってしまい、結局、全カットRAWデータからJPEGにすることにした。
キヤノンのRAW現像ソフトDPPがuniversalバイナリ化されていて、MacProだとかなり速くて快適。
ただ、相変わらずDPPが不調で、調整をしている間に、なんのはずみか突然終了してしまうと言うトラブルを抱えていて、数十カットを調整したら、別のホルダーを参照させて、レシピをオンメモリーからファイルに書き込むという作業を、手作業でやらせないとならない。>このあたりの話は経験者でないとちんぷんかんぷんだと思うけど。

調子に乗って調整していって、最後の方で突然死・・・ということが今日も1回あった。今まで1枚1枚調整していったものがまったく保存もされないので、その調整していた時間が全くの無駄になってしまう。

被害が少ないように大量のカットの時は小分けしたホルダーにするなどの自己防衛が必要になる。

さて、こんなことでちょっと調整には手間取ったものの、バッチでの現像まで行けば、こっちのもの。

600カット、JPEG書き出しが、なんと30分ちょっとで終わった。MacPro、爆速ですね。

そのあと、同じDPPでコンタクトシート作成。これも速いし、しかも数十枚を一気にプリントできる。

おかげでこうやってブログを書く暇が出来ている。笑

IntelMac、スゴイです。マジで。

PhotoshopのCS3まで、あとどのくらいなのか???ウワサでは来年の後半にならないと日本語版は出ないのでは?と言う憶測もあり、、、、そこまで待つのも、気の長い話です。
画像修正、合成などをしないカメラマンには、ますますPhotoshopいらずの仕事の流れにシフトしていきそうです。

|

« EOS & PIXUSデジタルフォトゼミナール in 神戸 | トップページ | ある晴れた日061025 »

コメント

Photoshopですが、OSXでは基本的にマルチリンガルで作られる筈だから、日本語版が大幅に遅いなんて事はないはずです。最悪でも英語版使えばいいだけのこと。英語版でも日本語のハンドリングに問題はまず無いはず。ただ、Photoshop本体がUniversalになっても、フィルタ類は別ですからね。

投稿: Shimizu | 2006.10.24 19:26

kusaさんから、コメントを頂きましたが、ご本人から削除要請があり削除いたしました。文面は以下です。

私はWinですが、「ファイル-レシピを付加して保存」の操作で、その時選択しているRAWファイルのレシピをオンメモリからファイルに書き込むことができます。
数百程度のファイル数なら、全選択してこの操作を行っても、さほど時間はかかりません。
MACではいかがでしょうか?

さて、この件ですが、このやり方でオンメモリーから書き込ませるというのも分かっているのですが、、、、なんとなく、、(笑)
そもそも論として、環境設定で「自動で保存」にしているのにもかかわらず、トラブルがあったときは保存されていないのは、自動保存でも何でもないと思っています。何でユーザーがその回避策をいろいろ考えなければならないのか?本当に疑問で疑問で、、、

たぶん、動作が遅くなるとか、そんなことで「知っているけど直さない」というメーカー側の都合ではないかと思いますが。。。

DPPは良いソフトに育ってきています。もう少し、あと少しがんばってくれればな、、、と切に思いますね。

投稿: tatsphoto | 2006.10.25 01:33

こんにちは。
いつも拝見しています。
教えていただきたいのですが、CANON DPPを使用して、
1Dsマーク2の画像を現像して、tiffに書き出すには、
Intel MACでは何秒かかりますでしょうか?
何卒よろしくお願いします。

投稿: mimo | 2006.10.25 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/12404369

この記事へのトラックバック一覧です: Intel MACはすばらしい!:

« EOS & PIXUSデジタルフォトゼミナール in 神戸 | トップページ | ある晴れた日061025 »