« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

IntelMac Setup

Dsc0078201
土曜日の今日。やりきれなかった画像処理をやるために朝から事務所に行く。
実は撮影が入っていたのを昨晩思い出した。アナウンサー事務所の宣材撮影をすっかり忘れていて、、、それも午後からなので散らかっていたスタジオを片付けて、撮影セットを組む。
届いたMacProは、実を言うと我慢しきれずに昨日の朝、Setupしてしまった。いや、正確に言うと、Setupしようとした。昨日は朝からロケだったので、ロケに行っている間にG5からMacProにデータを移行させておけばいいやと、それを仕組んで出かけた。

が、途中で止まってしまっていた。何とかというファイルがコピーできないとかで、、

結局、昨日の午後遅くから再び移行開始。
Dsc0078401

移行には裏技を使う。

Macユーザーなら分かると思うけど、ハードを変えたとき、古いMacと新しいMacをFireWireで繋いで今までの設定、アプリケーション、ファイルなどそっくり移行できるユーティリティーが付いている。
新しいMacを起動すると、その移行ユーティリティーが起動して、指示通りにすれば設定の手間、再インストールの手間など一切要らないで、今までと同じようにマックが使えるわけ。
ここ数年、アップル純正のソフト、iPhoto、iTunesなどのデータが膨大になっていて、これを移行させようとするとかなり大変な手間になる。それがこのユーティリティーを使うとほとんど手間いらず。こんな楽はない。ただ一つ注意点としては、調子の悪いマックを元に移行させると、新しいMacも同じように調子悪くなるので、その時はクリーンインストールした方が良い。
Dsc0078501

そうそう裏技を書き忘れた。(笑)
G5以降、Macの内蔵HDはSATAというタイプを使っている。desktopの場合、内蔵HDはドライバー一本で取り付け外しが出来るので、desktop同士の以降の時は古いMacの内蔵HDを外して、新しいMacの中に入れてしまって移行させた方が速い。FireWireで2機を接続させるよりもたぶん半分くらいの時間で移行できるのではないかと思う。G5ユーザーの方でMacProを買った人はお試し下さい。

さて、移行もスムーズに終わって、早速使ってみる。
移行ユーティリティーを使うと、起動後、前の使用状態とほぼ同じに使えるのでスッゴク便利。
Dsc0078801

すぐ試したのはもちろんPhotoshop。
当然、動く。問題はどれだけ速いか?と言う点。

今までメイン機はG5の2.3Gのデュアルコア。ザクソンマックは3.0G。今あるマックの中で最速のものだ。
仕事がたまっているので、それをこなしながらの使用感では、「速い」の一言。
と言っても、段違いの速さというわけではなく、例えるなら、初代G5デュアルと2代目G5のデュアルコアくらいの差カナ。
ご存じのようにフォトショップはまだユニバーサルバイナリーではない。それでもこれだけのスピードが出ているのはクロックの速さとボードなどの足腰の速さだろうと思う。
僕の持論では、Adobeのユニバーサルバイナリー化待ちが、次のMacを買うタイミングだと思っていたけど、このレベルで動くのなら、待っていなくてもイイジャン、という感じ。
Adobeは来年の春に出るCS3からユニバーサルバイナリーになると言っているので、単純にあと半年待っていないとならない。ただそれだけのために半年間我慢するのも、、、なんだかな〜、と言う気持ちになった。

さて、土曜日の今日、仕事の完成データをプリントアウトしようと思ったら、プリントできない。僕のメインプリンターはHPのPhotoSmart8753というプリンターだけど、プリントしようとするとフォトショップが終了してしまう。他のアプリでも試したが、多くのソフトでプリントできない。一部のソフトでは出来るが、、

HPのドライバはIntelMac対応ではない。がサイトでは使えると書いてある。まあ、100%大丈夫なことはないし。。。次のバージョン待ちかな。

と言うことで、プリントアウト用にG5をラックに入れ直した。プリントアウト用にG5は使っていくことにしよう。

新しいMacが入ると古いMacを処分しがちだけど、今回のように当座は取っておいた方がリスクマネージメントの麺からも良い。故障と言うこともあるだろうし、カメラと同じようにバックアップは常に用意しておくのがプロというもの。

さて、そんなことで今週も終了。明日は休んで月曜からまたがんばります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.28

Quad Xeon到着

Dsc0077401事務所に新しいMac、Quad Xeonが届いた。
とある用件で使うため。ま、それは追々、、、、

が、、、、忙しくて開けているヒマもありません。今度の土日で取りあえず入れ替えをしたいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Sタワー

Dsc0077101朝から品川のキヤノンSタワーに行く。
ちょっと野暮用・・・
品川は家の最寄り駅なので立ち寄りは別にどうと言うことはない。が微妙にSタワーは自宅とは違う方向で、、、、しかもここの駅から続くペデストリアンデッキは人の流れがすごくて、歩いていくのがちょっとだけ億劫。そんなことで、天気も良いし、自転車で行く。
自転車はbD-1というものを乗っているんだけど、僕としてはかなり高いものという意識があって、路駐するにも神経を使っている。鍵はもちろん2個。しかもどう見ても外せないでしょ!?というがっちりタイプを使っている。
自転車って買うときは少しでも軽量化しているモデルを買ったりするけど、実際に使うときにはやたら重い鍵を持ち歩くことになるので、軽量化の意味が全くない。
ま、携帯電話の軽量化と同じかな。あれも携帯ストラップをジャラジャラ付けてたら、軽量化もクソもないから。

Sタワーでは十文字美信さんの写真展をやっていたので見ていくことに。
見たいと思っていたものだけど、ちょっと期待とは違った。
いわゆる「お散歩写真」のジャンルだけど、僕はこの手の写真が苦手。
そもそも散歩しないし・・・笑

常にカメラを持ち歩いて、写真の眼になっていると言うことが重要なんだろうと思う。写真展の最初のコメントにそんなようなことが書いてあった。

なぜ写真を撮るのか?

そんなことを思うようではダメだと、いつも思っている。

写真を撮るという行為は、常に無意識でありたい。衝動的でありたい。

撮りたいから撮る。。。。ただそれだけで良いと。

まあ、仕事の写真は違いますけどね。
Dsc0077201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

ストーム

Ok1d8573昨日から天気が悪い。
昨日は何とか撮影をして帰ってきたが、今日も残りのカットを撮らないとならない。行ったのはクライスラーのあるビル。近くに僕のクライアントも入っているビルがあるけど、上の方が霞んでいるくらい。
撮影車両は新しいディーゼルエンジンのモデル。
乗ってみたかったけど、もろもろの事情で走らせることが出来なかった。駐車場付近で撮影は終了。
予定より早く終わってしまい、帰りは鰻を食べに行ってしまった。夏から食べたかったんだけど、食べに行く暇が無くて、、、美味しい鰻屋が比較的近所にあるので、行きたい人は声を掛けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栃木ロケ

Dsc0076901火曜日は、朝、都内を出発して栃木までのロケ。
天気が西から崩れてきているので早めに撮影しないとならない。
この日はウェブでのMercedes-Benzのタイアップ撮影。高い車を借りての撮影は、気を遣う。
栃木での一発目はこの神社内での撮影。
新型Eclass、しかも5.5LのV8。
まあ、たぶん一生縁がないかな??笑
ベンツ買う金があるのならデジタルバックを買うように、、と若いカメラマンには言っている。今、一番高価なデジタルバックでも4〜500万だからね。クルマを国産のワゴンにすれば、差額で買えてしまう。
でも、なかなかね〜〜、クルマには金を出すけど、カメラには金を使わないっていうプロカメラマンも、少なからず居たりするので。気持ちとしては分かりますけど。。。
Ok1d8360

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日が短くなりました。

Dsc0076601先日の日曜、銀座のホコテン。
銀座のコナミスポーツクラブに行った帰りに、天気の良いときは銀座通りを歩いて事務所まで帰る。コナミはAppleStoreのすぐ隣で、そこから事務所まではブラブラ歩いて20分程度。汗をかいた後の夕暮れ時の風が気持ちいい時間だ。
この通り、自転車乗り入れ禁止なのね。自宅から自転車で銀座まで行っていたんだけど、この銀座通りを自転車で通らないコースで行くと、結構遠回りなので、最近は電車で行くようにしている。
もちろん、禁止をしらばっくれて、通ってしまっても、まさか違反切符という事態にはならないだろうし、、、と言って、そこまで見込んで違反するのもイヤだから、結局歩きがイイカナという判断です。
あっと言う間に夏も終わって、これからどんどん日が短くなっていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は見たいものを見る

フォトキナというドイツのケルンでやっているカメラ機材のショーがあるんだけど、数日前から開催されている。
前評判ではいろ〜んなカメラ(あ〜んな1Dナンとかとか、こ〜んな何十Dとか・・)がキヤノンから発表される!というウワサがあったけど、結局はナシ。(今のところね)
この間のkissXの時といい、ウワサの一人歩きにカメラ好きは翻弄されている。
アマチュアはそれでもイイだろうけど、それで飯食っているプロまでが踊らされてるんじゃ、お話しにならない。

ウワサの出所って、大抵は、、、

こ〜んなカメラが出たらいいよね〜。
そうそう、ついでに画素数はこうでさぁ〜、、、
あー、値段も安くなるよね。
フォトキナだし、大メーカーは絶対何か発表するよね。
キヤノンの1Dsmk2って、そろそろモデルチェンジじゃないの?

って、感じでの「自分の都合の良いモデルの想像から始まって、いくつかの現実と組み合わされて、あたかも現実になるかのように人に伝わっていく。

ネットで情報があっと言う間に伝わる時代になって、それが加速度的になった。

そもそも自分の願望から始まったものだから、出なかったときのショックも大きい。

人は見たいものだけを見る。
人は聞きたいものだけを聞く。

まさにコレ。

プロカメラマンなら、今有りもしないカメラのことで頭を悩ますよりは、今ある機材でいかに良い写真を撮るか?いかに効率的にやるか?を考えるべき。より良いカメラ、より良い機材が出たら、買うしかないんだから、買えばいい。売っている機械で仕事の効率が上がるなら、買えばいいだけの話。そのあたりをヒステリックに叫ぶのは、他の業種から見ればレベルの低い仕事と見られるだけだと、以前から思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.24

最近のお仕事060924

Stylife
ブログでも以前書いた、廃墟スタジオでの撮影のカットです。
仕上がりはこんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DPP2.2 続き

以前のDPPのバージョンもそうだったけど、マック版に関して、直結撮影のテストがじゅうぶんされていないで市場に出ている印象がある。
直結撮影の場合、全体のデジカメユーザーの中でもその機能を使っているという人は、かなり少数。プロの中でも「よく使います」という人は限られたジャンルの人たちだけだろうと思う。
クライアント(編集なども含む)立ち会いでの撮影がある人が、その主なジャンルになっていると思うけど、、、、

アプリケーションの開発、そして市場に出す前のテスト、、、、マック版の場合、ユーザー層も少ない=開発者も少ない、テスターも少ない、ということを旨趣するわけで、往々にしてすぐ気づくバグが放置されたまま、僕たちユーザーに渡ってしまうことになる。

僕たちはいきなり使って「なんだこりゃ??」ってことになるわけ。

まあ、すべての機材に渡ってのテストは出来ないだろう。

完璧なものを世に出すのは無理だと考えるしかない。

結局、自分を守るのは自分だけと言うことだ。

安易なバージョンアップをしない。
予備機で取りあえず試してみて、OKだったらメイン機にもインストする。
安定したらOSアップデートも切っておく。
最悪に備えて同じ機能の別アプリも用意しておく。

以上が仕事で使っていく上での最善の策だと思う。
問題なのは直結撮影をしたいと言うときに、アプリの選択の余地がないという点。現状、カメラメーカー純正ソフト以外だとフェーズワンC1プロしか選択肢がないのではないかと思う。9万くらいするソフトなので35タイプのみのユーザーにはハードルは高い。

Macを使うと言うこともそうだけど、ユーザーが少ないジャンルの使用をしたいと思ったとき、情報の少ない中、試行錯誤しないとならない、、、そう言うことも含めての仕事をしていくと言うことは大変だよね、と言う出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.23

最近のお仕事0609

今月の初めに撮影したお仕事
Yahoo!StyleUpMagazine 国分佐智子さん
な〜んか、すごく「ホッとする」女の子で、撮影時間も心なしかちょっと長目・・・

ちなみにこの写真は階段の踊り場みたいな、かなり狭いスペースで撮っている。そんなところでの撮影でもイヤな顔一つせず、僕のオーダーに答えてくれた。
目の大きい、すてきな国分さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キヤノンDPP2.2

待ちに待ったキヤノンのRAW現像ソフト、DPPが2.2にバージョンアップされた。海外サイトよりも早くアップされたのは快挙かも??
早速使っているんですが、、、
カメラ直結撮影で不具合が出ています。
環境としてはインテルMacのMacBookPro、10.4.7、DPP2.2、EOS1Dmk2N
これでモデル撮影をジャンジャンやっているとDPPの表示がパラパラマンガのようになってしまい、使い物になりません。
結局、モデル撮影のようなバッファを使い切ってしまうような撮影ではPhase OneのC1PROで直結撮影しています。
安易なアップデートは危険と、人にも言っていますが、僕も引っかかりました。

続きは後で、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.21

こっちはこんなことに・・

ちなみにキャパの方はこんな感じです。
EOS & PIXUS デジタルフォトゼミナールin神戸
やっぱり前回の顔写真は「コワモテ」だったためか、写真が差し替えられていますね。。。笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.19

連休:お食事編

夫婦揃って連休。
と言っても、女房の方は月曜日は仕事なので2連休ですが。

休みの日は遅めの朝飯を取って、掃除などしながら午後になって、お昼を食べに行く、、というのがいつもの休み。
今回もまさにそんな感じだった。
違ったのは昼ご飯を食べに行くところ。。。
お互い仕事が忙しいし、休みも合わないし、前もって予定を立てて休むと言うことなどしないので、僕がフリーになっての10年間、プライベートで夫婦揃って(実家以外に)行った旅行は1泊二日の河口湖のみ、、、、しかもこの時も僕の方は仕事で行ったので、実質、プライベートで二人で旅行はここ10年以上行っていないことになる。

別にどこか行きたいわけではないけど、二人で居る時間を作るには旅行は良い出来事だと思う。

さて、この連休も二人とも休めると分かったのは木曜日あたり。思い切って京都とか行ってみようか?と言う案もあったけど、1泊二日では疲れるだけだし。。

で、せめて普段は行かないようなランチでも、ということで歩いて行ける天王洲のホテルのランチバイキングに行ってみた。
家からは散歩がてら、、、新しく立ち並んでいるマンション群を見ながら、ぶらぶら歩く。

着いたのは午後2時近かったかな、、、そこからランチ。
バイキング形式なので早速食べられるんだけど、すでにその時間だから出してあるものもちょっと乾燥気味・・・まあ、一通り食べましたが。デザート、フルーツもしっかり食べて満腹。

金額は2800円なので、まあまあかな。
反省点としてはバイキング形式は早めの時間に行くこと。って、そんなに準備よくバイキング行くほど飢えてはいないし。(笑) 
そう言えば、昔、18くらいの時、東京に出たてでアパート暮らしだったとき、たまに焼き肉バイキングに行っていたのを思い出す。行くって決めたときは、朝から何も食べずに行ったものだ。確か飲み物別で1500円くらいだったような気がする。シェーキーズのランチピザもよく行っていたなぁ。

さて、翌日、この日も同じように昼過ぎまでグタグタ、、、

例によって小腹が空いてきた時間なので昼飯の算段をしないとならない。
築地の寿司屋に行こうか?ということになった。というのは以前、その寿司屋のパンフなどの広告物を撮影したことがあって、お昼ご飯にそのお店で出しているランチをご馳走になったことがあって、そのうち女房を連れてきたいと思っていたからだ。
築地までは車で15分くらい。連休中の都心は空き空き。
お店について驚いたのは満席だったこと。午後2時近かったけどこの時間でゆったり寿司食べている人がこれだけ居るのか?というのが驚きだった。皆さんビールとか飲んでいるし、、、
お願いしたのは店長おまかせコース、3500円。
以前ご馳走になったのもこのコースだったけど、ボリュウムがかなりあるし、旬のネタが多いし、安いコース頼むよりも圧倒的にコストパフォーマンスが良い。
どうせ、滅多に来ないんだし、たまには贅沢も良いでしょう。(笑)
いや〜、満腹満腹。前日のホテルバイキングよりも数段満足感があった。

さて、そのあと、銀座で映画を見て、品川に戻る。

品川でもまだ帰るのには早かったので、ちょっと一杯飲んでいこうか?と言うことになり、モンドバーに行くことにした。ここは銀座の老舗のバーが品川アトレが出来たときに入ったと言うことで話題になったお店。カクテルをお互い2杯ずつ飲んで、気持ちよくなって帰る。お値段は二人で8500円。築地の寿司屋よりも高いので、そうそういつも通うというわけにはいかない。

と言うことで、久しぶりに二人で絵に描いたようなデートコースを楽しみました。まあ、たまには良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

iTunes7

Aja今週、アップルから新しいiPodが発表された。
ま、それでどうでも良かったりするんだけど、、、最近、2台のiPodを処分して、ようやく僕と女房のそれぞれ1台という態勢になったところ、、はっきり言ってこれ以上要らないし。

今回の目玉はなんと言ってもiTunes7。これにつきる。
アップルのiPodの発明は素晴らしいと思うけど、そのバックボーンになるiTunesがあったればこそ。このソフトのすばらしさは、その後のiPhotoなど、アップル開発のソフトに受け継がれている。言ってみればiTunesの発想がなければアップルの他のソフトもあり得ないと、僕はそこまで思っている。

さて、バージョン7、何が素晴らしいと言ってもこのスクリーンショットのようなアルバムアートワークをスクロールできるという点。これ見た時は5センチくらい飛び上がりました。(笑)
僕と同世代の人なら知っていると思うけど、土曜日の深夜(23時30分からだったかな??)10チャンネルでブリジストン提供の「ベストヒットUSA」という番組をやっていた。小林克也さんMCの洋楽好きの連中には、伝説の番組だった。これのタイトルバックの映像が、まさに今回のiTunesのアルバムアートワークのスクロールなのだ。
自分のパソコン画面でこのスクロールをやった時は、泣きそうでした!マジで。

まあ、縦スクロールと横スクロールで違うだろ!?って言うツッコミもおありでしょうが・・・

同世代の人間にはそんなことはどうでもいい話。

さて、もう一つ、このスクリーンショットで思い出話を一つ。

この画面、スティーリー・ダンの「aja」というアルバム。

僕が高校時代に好きだったグループだ。

高校卒業後、写真学校に通いながら、ある写真スタジオにアルバイトしていた。そのスタジオによくいらっしゃる写真家が藤井秀樹さんだった。そう、このアルバムジャケットの写真を撮影した方だ。
僕がそれを知った時の驚きと言ったら、、、

藤井さん全盛期の、シンプルで力強くて、Asianな、素晴らしい写真。

そのスゴイ人のスタジオに入るのか??と当時はかなり緊張してスタジオに入ったものだ。

今でも、僕のスタジオワークは、その時の藤井さんのスタジオに入ってみていたものがの基本になっていると言ってもいい。

そんなことを思い出しながら、久しぶりにこのアルバムを聴いている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.15

こんな事に、、、

なんか、こんな事になっております。。。
「キヤノン大撮影会 in 大阪」

ひょんな事から撮影会のお仕事をすることになりまして、、、なんか、僕以外は蒼々たるお歴々で、、、名前が「ゆ」から始まるので末席の記載で良かった、、なんて、下らないところでホッとしています。

ということで、来月はこの撮影会と、もう一つ雑誌「CAPA」の撮影会、更にフェーズワンの方からもちょっとだけお話をして欲しいというご依頼を頂いていたりして、、、

でも、あくまで僕はカメラマン、写真家でもないし、作家でもないし、講師でもありません。ただ、どんなご依頼でもにっこり「出来ますとも!そりゃもう得意です!」と言いたいと、昔から思っていました。人前に立つのも得意ではないですが、、、と言いつつカメラマンという商売は「人前」に立たないと仕事にならないのですが、、、どんなこともスマートにこなして行ければなと思っています。

取りあえず3連休だし、ゆっくりします。休み明けからはハードな日々が続きますから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

ちょっとだけ夏休み?

Dsc00764今日から来週まで仕事がない。
と言いつつ、今週やった仕事の納品データの作成、そして、納品と、いつもどおりの日常。
秋葉原のクライアントに納品に行ったついでに、久しぶりにヨドバシカメラ秋葉原店に行ってみた。

ヨドバシカメラに行くのは数ヶ月ぶり・・・というか、今年初めてかな。事務所に近いビックカメラ有楽町店に行くことが多いし、ヨドバシはネット上ので買い物ばかり。

今日は時間に余裕があったのでじっくりと店内を回る。

見たかったのは家用のオーディオ。
家に帰ってテレビがつまらないので、ネットをやっていたりするけど、それも疲れるし、、、音楽を聴く環境を作りたいなと思って。
昔あこがれていたコンポーネントを買おうかと思っている。
と言ってもプリメインアンプとCDプレーヤーとスピーカーだけだけど。

リビング用なので女房も使えるようにリモコンで簡単に操作できて、見た目も格好いいもの・・を探している。
今のところはマランツのコンポとB&Wのスピーカーで行こうかなと。

と言いつつ、この日買ったのはドーリー付きのカメラバック。
17インチのラップトップが入って、更にモノブロックのストロボ2台と一眼レフ2台、レンズ数本という軽いロケ用の転がせるヤツ、、、ということで買ったのはロウプロのもの。知り合いのカメラマンが使っていて、便利そうだし、値段もお手頃だった。この日はヨドバシカメラの何とかDAYということで値札から10%引きだった上に、ポイントもしっかり付く。

そうそう、APA会員の特典として、ヨドバシカメラのゴールドポイントカードがAPA会員カードになって、通常10%のところが13%になるのだ。
コレってちょっと大きい。

そう言えばこの日にwebでもヨドバシカメラで買い物をしている。納品用のプリントアウトをしていてプリンタインクが同時に3カートリッジ、交換になってしまったのだ。HPのプリンターのもので結構お高い。
ちなみに3個で11600円。
ちなみにこのプリンター本体は3万円程度で売っている。

インクの売り上げで商売しているというプリンターメーカーの策略どおりの結果。

僕の場合、デジタル撮影したものは必ずプリントアウトして確認している。それも、ピクトリコのDCP3という印刷プルーフ用の紙で。
モニターで見ても結局は紙媒体になるものは紙にしてみないと分からない。モニター画面だけでは判断できないのだ。
そんなことでこのところ、インクと紙の使用量が増えている。

まあ、仕方ないところだろう。

さて、明日は打ち合わせしかないから、久しぶりに美術館でも行ってみようかな??
Dsc00763

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.11

日曜日

Dsc00756暑い1日だった。
昼間で家で事務処理をしてから銀座のコナミへ。
土曜日曜と身体を動かせたので精神的なストレスは全くなくなった。
ただ、筋肉痛が、、、ピークは月曜かな。
Dsc00753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

ハッセルデジタルセミナー

Dsc00744新横浜ロケの後、昼飯もそこそこに、スタジオ恵比寿でやっていた「ハッセルデジタルセミナー」に顔を出す。
着いたときにはすでに始まっていて、どういう始まりだったか?不明。
講師の玉内さんは僕の恩師と言っても良い方。知り合って10年以上になるけど、この人がいなかったら僕はどうなっていたんだろう、、、、と思う。>ちょっとゴマをすっておこう。笑

さて、このイベントは春にやった矢部さんのセミナーと同じ形式のもの。
矢部さんには矢部さんの良さがあるし、タマさんにはタマさんの良さがある。

出だしで、お客さんの構成を質問していると思うけど、僕はこの部分を聞き逃していて、どういう人たちが聞きに来ているか?不明。
感じでは、大半は35ボディタイプデジタルのユーザー層かなという感じがした。
中判デジタルバックにはみんな興味があるんだけど、、、だけど、値段がぁ〜、、、みたいな。ちなみにこの日のデモをしたカメラ、ハッセルH2Dの39のモデルは400万以上する。>ちなみに円表記ですよ。笑

まあ、余程の人でないと買えませんね。
もしくは中規模の会社組織でないと。。。
デジタルカメラの場合は2年くらいで元を取れるように考えるべし。というのがタマさんからの教え。
もう、7.8年も前から言っていたことだ。
その時に言っていたのがもう一つ。
「用途別にデジタルカメラを揃えるようになる」
と言う予言。
当時、僕はまだニコンのD1(無印)をヒ〜コラ言って、死ぬ気で買った時代。
たった一台のデジカメを買うのも、まさに眠れなくなるほど悩んでいた時だ。
そのご時世に「用途別に買え」だとぉ〜〜??
内心、ふざけんな!という感じだった。

それからたったの数年で僕は6台のデジカメを使って仕事をしている。

タマさんの予言は当たっていたわけだ。

この日、タマさんからのご託宣はあったのだろうか?

それは来た人だけの秘密です。
Dsc00745

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日産スタジアム

_x4r0102昼前から新横浜の日産スタジアムで撮影。
クルマ雑誌の仕事でフィールドの中を借りての撮影だった。
このスタジアムへは、クルマの撮影で何度か来ている。と言っても、車で入れるのは駐車場とその周辺部だけなので、こんな中へは入ったことがない。サッカーも野球も興味ないのでスタジアム自体、来たことないし。。。
こういう仕事をしていると普通の人では経験できないことを、結構、経験できるのがメリット。

フィールドに人物を立たせての撮影。クルマ雑誌だけど人物のみの撮影だった。

見開きで使うと言うことで出来ればPhase Oneでやりたかったけど、ちょっとした瞬間が必要だったので、シャッターラグの少ない35タイプデジカメを選択した。

パソコンに流れてくる画像を確認しながらだったけど、フルサイズの周辺にモデルを立たせてと言うレイアウト指定だったので、かなり神経を使う撮影だった。
というのは35フルサイズのカメラはどうしても周辺部の描写が弱いからだ。
ちょうど24ミリの画角だったので最初はシグマの12-24の24ミリ側を使ってみる。どうも弱いのでキヤノンの24-70のLレンズに変えることにした。比較してみるとまだマシ。
バリエーションで長玉での撮影を70-200の2.8Lで2階席から行った。
これもちょっと油断するとピンぼけ、、、、画面の本当に端の部分にモデルを置いていたので、オートフォーカスも効かないし、目視でピント合わせしかない。パソコン持ち込みにしたのは正解だったかな。カメラは面モニターじゃ、とてもじゃないけど確認できないレベルだったから。

それにしても感動したのは、ワイヤレスシンクロ。バッテリータイプのストロボを1200WSで焚いて背景を落としての撮影だったんだけど、カメラ位置から近いところならいざ知らず、スタンドの、しかも2階席からフィールド内のストロボまで電波でシンクロできるんだから!
ホントーに「自由ダァー!」という感じ。

撮影は順調に1時間程度で終了。
雨も何とか降らずに、取りあえずは順調でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.07

最近のお仕事060907

ココの写真も僕のです。先月のお仕事でした。
MCJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫

Dsc00743新しい冷蔵庫が届いた。
買い換えたのだけど、以前の冷蔵庫はたぶん7,8年くらい前に買ったのだろうか??
この手の家電品は大抵10年以上使うようだけど、、、特に冷蔵庫は壊れるまで使うという感じのお宅が多いんじゃないかと思う。
結婚して18年以上になるけど、この冷蔵庫は3台目。ほぼ一台平均9年使っていたことになる。
結婚して最初の冷蔵庫も、2台目の冷蔵庫も、新しいのに買い換えた理由は同じ。
うるさいから。
僕は田舎育ちの、田舎ものなので、都会特有の音にはどうしても慣れない。
今住んでいるところは都心部と言うこともあって、かなり密閉性が高いマンションなんだけど、外部の音を遮る代わりに家の中の音に敏感になってしまう。
大抵は隣近所の生活音が気になると言うことになるんだけど、新しいマンションではそう言うこともちゃんと対処されていて、気になるのは自分の家の内部の音だけ。
マンションでは一般的なリビングダイニングの形式なので、くつろいでいるところでも冷蔵庫の音が気になってしまっていた。
「なにを神経質な!」とお思いでしょう。

うちの女房も僕がそう言ったら、
「え〜、全然聞こえないけど・・・そんなことよりあなたのいびきの方が気になる。」って逆襲されてしまった。笑

ちなみに女房は都会育ち。

女房を冷蔵庫を新しいものに変えたいという話をしたときに、女房は別の視点からの買い換えを考えていた。彼女は腰が悪いので、かがみたくないと言うことで、一番下の入れ物には野菜室ではなく冷凍庫のタイプが欲しいという。

買い換えの理由は違うけど、コンセンサスは取れた。

値段と入れ方の配列、そして最大のポイントの動作音、すべてをクリアしたのがこの三菱電機のヤツ。

届いてから驚いたのはその動作音の低さ。カタログデータでは14デシベルということで、今売っているものでは最も動作音が低い。耳を澄ましてもほとんど音がしない。もう、ホントに感動!

トビラが両開きのフレンチドアというタイプも、ちょっと珍しくてイイ。大型には昔からあったタイプだけどこのクラスでは珍しい。

知り合いのカメラマンではこのところ冷蔵庫の買い換えが進んでいるようで、、、有名な新藤さんのところとか、古い知り合いの高山君のところも。

なんだかんだ言って、カメラマンも景気回復してきているってことだと感じている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

先日のお仕事060907

先月やったお仕事
editor's select 2006Autumn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

プロスト??

Dsc00740CPS(キヤノンのプロサービス)からカメラストラップが届いた。
「なに今ごろほざいてんだ?」と思う方も多いでしょう。
プロサービスの場合個人登録なので僕の場合も会社登録ではなく個人で登録されている。
自宅を引っ越したので、それの連絡をキヤノンにはしていなかったというのが、原因。プロサービスの人と立ち話で「ストラップ届いたでしょ?」と言われていたけど、住所変更していなかったし。。。別にそれほど欲しいものでもないからそのままにしておいた。
別にそのままでも良いんだけど、、、良くないか、、、他のキヤノンからのお知らせも届かないので先日、ようやく住所を変えた。で、本日、遅ればせながら届いたという次第。

世の中にはこのストラップに痛く執着している人もいらして、キヤノンに「台数分くれ!」とクレームが多々寄せられたというウワサだ。知っている人には分かるけど、いわゆるプロストというものは市販されていなくて、その希少価値からヤフオクなどで売り飛ばすプロカメラマンが少なからず存在していた。が、この新しいバージョンから市販モデルになったので、そんなこともなくなるだろう。

今まで僕も買った状態のストラップを使っていたけど、今日から一台の方を付け替える。どっちでも良いんだけど、同じ機種が2台ずつあるので、なんかのトラブルの時にどっちの機体か?分からなくなってしまって、同じ間違いを繰り返すことがあったので、一目で分かるように変えたのです。
今日のロケはこのカメラで行きます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

OSXplanet アップデート

Dsc00738
僕のお気に入りのDesktop、OSXplanetがアップデートされた。
OSXplanet

バージョンが大幅に上がって、ツインモニター環境で2画面表示が出来るようになった。
今までメイン画面しか表示できなかったことから見ると「画期的」!

これから日ごとに昼の時間が短くなってくるけど、夕暮れ時にこの画面を見ていると少しずつ太陽の当たっている場所が変わってきて、それと共に窓の外も暗くなっていくのが、何とも言えず イイです!

しかも今度のバージョンから台風などの軌跡表示も出来て、それも面白い。

グラフィックを扱っている人のDesktopはグレー!と言っているあなた。頭が固すぎます。
少しは肩の力を抜きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

BOSE三昧

Dsc00736ということで撮影中・・・
撮影はボーズというスピーカー。
個人的には結構好きなブランドで事務所のヘッドユニットはボーズ製のものを使っていたりする。スピーカーはJBLだけどね。。。エヘ

流行のトールボーイスタイルのスピーカーがここに来ているけど、家用に欲しいと、ちょっと衝動買いしてしまいそう。
家のリビングでは5.1chのDVD一体型アンプを使っているんだけど安物で音が悪すぎて音楽を聴く気になれない。まあ、それほど音楽を聴いている時間もないんだけど、テレビも面白くないときなんか、ふと良い音楽が聴きたくなることが最近多くて、やっぱ良いスピーカーが欲しいなと、ビックカメラ有楽町店の2Fに行く度に、高級オーディオコーナーに行ってしまう。

ボーズは悪くないけど、いかにもアメリカという感じの音。もうすこししっとり感が欲しいと思う。ということで今狙っているのがB&Oなんだけど。。。インテリアにもなるくらいの格好いいのが良いなと思っているところ。

さて、撮影しないと終わりません。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DPP2.2

先日のkissXの撮影の時に一番気になったのはDPPのこと。
RAW現像ソフトのことなんだけど、これが2.2という新しいバージョンになったのだが、はたしてuniversalバイナリになったのかどうか?と言う点。
例の杉山さん情報ではuniversalバイナリ化されそうと言うことだったけど、撮影に来たkissXの取説を見ると、そうは受け取れないような書き方だった。
やはり、ダメか?・・・
とちょっと落胆していた。
が、本日、別ルートからの情報ではuniversalバイナリ化されていると言うことだ。しかも、EOSUtilityも含めて。

これはでかい。
と言っても、インテル版Macを買った人しか恩恵を受けられないけど、、、僕は先日MacBookProを買ったので、更に取り込みようには打って付けのマシンになると思われる。
アップデーターが待ち遠しい今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマではない

自宅からiMacを事務所に持ってくる。ヤフオクで売るために写真を撮ろうかと思って。
仕事の無いときはこの手の要らないもの処分に当てている。といっても年に数回くらいだけど。
今回はiMacG5とiPod。場合によっては20D、DesktopのG5までかな。。。
写真撮ってデータをDesktop機に移そうと思ったらMacが固まってしまった。で再起動後、CFを見てみたらデータが無くなっている。ひぇ〜仕事でなくて良かった。データレスキューを掛けたけどまったくダメ。いや〜、仕事でなくて良かったよ、まったく。
仕事ならMac直結で撮影してれば良いんだけどヤフオクごときの撮影にそんな手間も掛けたくない。
ということでまた撮り直しになってしまった。
で、再度コピー・・・・

またフリーズ。。。。
ゲロゲロ、、、
再起動後、見てみたらまたデータが無くなっている。
・・・仕事でなくて良かった・・・
結果的に原因はCFのリーダーにあったようだ。普段使っていないリーダーを使ったのでこんなことになったみたい。
で、思わぬところで時間を食ってしまい、午後からはAPAで打ち合わせ。来年に向けてのRGBガイドブックの新しいものを作るのでそれの打ち合わせ。僕は単なる手伝いだが、このような本に携われるのは光栄なことだと思う。

さて、2時間打ち合わせして、その間に仕事の電話が入ってしまい、あわてて事務所に戻る。

さ〜て、これから撮影だぁ。
仕事をしていないツケは大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »