« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.31

歯抜け

Dsc00734今年の5月に買ったHDDプレーヤーが壊れた。
先週、女房が発見して、購入したビックカメラに連絡、そこからメーカーの東芝に連絡が行き、ようやく本日、修理のためサービスマンが家に来た。
数分、HDDを操作していたが、どうにもならないようで、持ち帰りとなってしまう。テレビのラックから出され、残されたラックはまるで歯抜け。ちょっと寂しい。
毎日のようにニュースとか特番などを録画していたが、90%以上は見ないまま、そのまま録り溜になっていた。HDDを持っていくサービスマンは一言、「録画されている画像は最悪初期化して見れなくなりますがそれでもよろしいですか?」と・・・
日々、録画されていた番組は、見ることもなく無くなってしまう。。
なんとも無駄。
そもそもうちにこのHDDプレーヤーは必要だったのか?・・・・そんなことも考えてしまう。

シンプルに暮らしたいな、と思いながら、気がつけば自分の周りはこういうデジタル機器ばかり。僕が使っているMacだけでも5台ある。もちろん、仕事で使うから、と言う言い訳はあるけど、あまりに多い。デジカメも一眼だけで5台、デジタルバックが1台、コンパクトデジカメが2台。。。使い切れないだろって。笑

仕事がヒマなうちにもろもろを処分しようかな〜と思う今日の頃。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソニー新社屋

Dsc00730品川のソニー新社屋に明かりが灯る。

9月に完成予定なので毎日夜中まで工事しているようだ。最近、全館点灯された。
ガラスのキュービック状の建物なので、夜、蛍光灯を点けるとまるで光の立方体のようになる。

当初、Cafeとかコンビニが出来るかなと思っていたが、どうもそう言う外部に開放されるような施設は出来ないらしい。家から徒歩数分なので、そんな施設が出来ればいいなと期待していたが、ダメみたい・・

完成すれば千人単位の人間がこの建物に入るはずだから、地域住民としては単純に混むだけのデメリットしかない、、、

多少、公開空地の緑地が、気分的によくなるかもしれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

EOSkiss Digital X

Dsc00722雑誌の撮影のため、うちのスタジオに新しいkiss DigitalXが来た。
ほんの短い間だけ触ったけど、あまり感動がない。。。そりゃそうだろうな、、、ハッキリ言って眼中にないクラスだし、外観、機能も含めてエポックメイキングなものもないし。

去年くらいからキヤノンは旧機種から新機種へのリプレースが行われているけど、買い換えを誘うほどの魅力は乏しいと感じている。すでにデジタルカメラは熟成の段階に入ってきているんだろうな。

もちろん、新機種の性能、デキは素晴らしい。値段とか、ターゲットクラスを考えれば、何の不満もないし。

成熟してきているマーケットに、どれだけ笛や太鼓を鳴らして消費者を踊らせるか?難しいなぁ、と思う。

ただ、早い段階からデジタル撮影をやってきた人間からすれば、驚嘆の言葉しか出てこない。。。が、今からデジタル撮影に入ってくる人にはその有り難さなんかは、絶対分からないだろうな。もちろん、分かる必要もないんだけど。
Dsc00724

| | コメント (2) | トラックバック (1)

C1Pro on MacBookPro

早速、C1でのテスト。
取りあえずキヤノンの1Dsmk2を接続して試してみる・・・確かに速い。

次にPhase OneのH25をハッセルに付けてテスト。
PowerBookG4では1分間に13コマの撮影が可能だった。
ではMacBookProでは??
同じやり方で計ったところ1分間に18コマ撮影が可能。これくらいだと割にストレス無く撮影が出来る。

やはり、universal対応は速い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MacBookPro到着

Dsc00719先週の金曜日に頼んだMacBookProが到着した。
速いな〜、、、ちなみにAppleStoreで発注したもの

現在はコレを入れて17インチが2台になったので、しばらくは併用していくつもり。外スタへのロケは今までiMacG5とPowerBookG4を持ち込んでいたけど、今週の撮影はノート2台で行ってみる予定。
これも杉山さんの影響かな??

杉山さんみたいな格好いいファッションの撮影ではないけど、ストレス無く撮影したい気持ちは同じ。

今週はそれほど仕事が詰まっていないので気楽に行こう!・・・って、やらなければならないことが結構あったりするんだけど。

Dsc00721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.25

大山鳴動して・・・

キヤノンからキスデジタルの新型、Xが発表になった。
ここ1ヶ月くらい、web、個人のブログ、などで「24日にキヤノンが新型を出すらしい」とか、「新型は1Dsmk2の後継モデルで2200万画素」とか、「どこそこでは予約も始まっている」、さらには「いやいや、キヤノンがついに中判のデジタルカメラに進出する」まで、、、、いやはや、笑っちゃいますね、25日の今となっては。
結局でたのはキスデジタルXのみ。僕たちプロが使う機種ではない。
1Dsmk2の次の2200万画素が発売だ!って叫んでいたアナタ。責任を感じてください。

ウェブ上で新型のウワサをするのは良いんだけど、それが一人歩きして、願望的な予想から、いつのまにか発売確定になってしまう情報の伝播の恐ろしさ。お祭り騒ぎと楽しんでいるうちは良いけど、たぶんいろいろなところに影響が出ているんじゃないかなと思っています。>たとえば今ある機材を今のうちに処分しようと売ってしまったカメラマンとか、、、笑

個人的にはいい加減うんざり。
だいたい騒いでいるヤツに限って大した写真を撮っていないような気がするし・・・

Xは良いカメラだと思いますよ。たぶん、、、触っていないけど。
ニコンのD80と比較している人がいるけど、それは浅はか。D80を触れば分かるけど、kissとはターゲットのクラスが一つ違う。それさえも分からない人が多いのも事実だったりするけど。ニコンのかわいそうな点はこういう訳の分からない評論家みたいな人に、訳の分からない評価をされてしまうことだと感じている。大抵はニコンが好きな人なんだけど、だから辛口の評価になるし、キヤノンと無用な比較をされてしまっている。
ニコンの人には、そう言うヘンな人の意見は聞かないようにして、まじめなカメラをいつまでも作っていって欲しいと、切に願っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.24

廃墟スタジオ

Dsc00706アパレルのモデル撮影で業平にある廃墟のスタジオに行く。
廃墟って??
って感じでしょうけど、ちょっと変わった写真が欲しいときは、世の中、いろいろなモノがあるもので、こんな廃墟を貸してくれるところがあるのです。

結構面白く撮影できるんだけど、撮っているうちにパターンが決まってきてしまって、すぐに飽きてしまいました。ハウススタジオもそうですが、思ったよりも撮影のパターンが少ないので、一度使うともう使わないという人が多いですね。
内装は、ココのオーナーが手作りで手を加えているらしいので、また行くと違っているかもしれません。

ハウススタジオは水物です。
Dsc00710

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AppleStore銀座にて

火曜日、AppleStore銀座に行く。
夕方6時30分から公開セミナーがあって、写真家の杉山さんがその日の講師だった。
杉山さんはかなり有名なカメラマンで、しかもデジタル撮影が多くて、その実演みたいな感じでセミナーは行われると言うことで、コレは行かねば!とあわただしく銀座に向かった。

内容は各社のデジタルカメラ、digitalバックをマックに繋いで撮影をしているということで、後半は実際にその場でPowerBookにdigitalバックを繋いでデモをした。

PowerBookはインテル版のもの。

友人カメラマンの伊藤さんも17インチを買ってPhase Oneに繋いだところ、かなり速い、と言っていたけど、まさかこれほどまでに速いとは思っていなかった。衝撃的な早さだった。Phase OneのP45を繋いで、ほぼ毎秒1コマ切れると言うことは、今までのバックタイプを使っている人にとっては、信じられない、と言うくらいの衝撃だと思う。これはPhase OneのC1Proがuniversal対応のソフトになったと言うことが大きいと思う。

今週、モデル撮影が2日間あって、僕はいつものようにPowerBookG4にキヤノンのデジカメを繋いで撮影していたが、その遅さにうんざりしてしまった。火曜日に見たインテル版マックのすごさ。あれが頭から離れない。

僕の使っているブックは今年の1月に買ったばかりのモノ。まだ半年ちょっとの新品なのに、もう買い換えをしたくなってしまった。。。たぶん、近いうちに買ってしまうだろうな、、、インテル版の17インチ。

はぁ〜、、銀座に行かなければ良かったのかも。。。。知らなければ幸せだったか??とちょっと思ってしまう。

インテル版のマックは来年に買おうかなと思っていたのに、、、何のために働いているのやら、、、と少し思う今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

買い物いろいろ

Dsc00701それほど撮影が入っていない平日。こういうときはいろいろなモノを買ってしまう。
まずは先週末にヤフオクで落としたカンボの自由雲台。ハッセルのQuickレリースと共用の台座になっているので、このままでハッセルが取り付けられる。自由雲台は他にジッツオとスリックのものを持っていて、これで3個目。本当はアルカスイスのモノボールが欲しいんだけど、ちょっとお高い。。。カンボはスタジオで使っているスタジオスタンドもカンボ製だし、品質的には良い。

お次はセットショップに消耗品を買いに行ったついでに買ってしまったオカマ。古い人ならすぐ分かるだろうけど龍電のスカイパンだ。懐かしい!もちろん、これにはタングステン仕様になっていたモノだけど、電球のソケット部分をはずしてコメットのヘッドを仕込めそうだったので購入と相成った。セットショップのおなじみの店員さんに帰り際に「コレ、3000円で持っていってくれませんか」と言われて、、、3000円なら良いか!?と即決。持って帰ってすぐにコメットのヘッドを合わせてみたけどほぼピッタリ。すぐにドリルで穴を開けてタッピングビスで台座を取り付けてしまいました。あっと言う間にタングステンランプがストロボに、という自分の器用さに感動。笑

次は翌日のモデル撮影で、風で髪をなびかせたいというクライアントからの要望があって、強力なファンを借りようかなと思っていたところ、DIYのお店で売っている送風機で代用できないか?と思って買ったのが3点目の写真。路上でゴミ取りをしている人が使っている送風機だ。結構強力で、しかも3000円程度と安い。ファンを借りると1日3000円くらいのレンタル代が掛かるので、コレを買った方がお得。

以上、最近買ったものでした。
Dsc00703
Dsc00705

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日

Dsc00695日曜日だ。お休みだ。
このところ土日も色々あったりで、久しぶりに何もない日曜日を迎えた。
天気が良い。
西向きのリビングには午後になると日が入ってくる。
ブラインドの影が作る直線が好きだ。
ベランダに置いてある観葉植物にはパンチングされたベランダの柵の影が写っている。こちらは○。

何もしない休みももったいないので、やはり銀座のコナミスポーツクラブまで行ってしまいました。死ぬほど汗をかいて、すっきりして寝ます。これが休みの日の最高の過ごし方かな。今のところ。。。
Dsc00699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

期限切れ

Dsc00693朝から撮影を数本こなし、納品データを揃えることが出来た夕方、明日のロケの準備をしていた。
ちょっとしたものを探していたところ、「ジャマだなぁ」と思ったものがあった。
フィルムである。

取りあえず取っておいてそのままになっていたフィルムが数十本。当然、使用期限も切れていた。

もう捨てるしかない。

ゴミとして出すにしても、東京都の場合は燃えるゴミと燃えないゴミに別けないとならないので、これが結構面倒。。。バッくれてそのまま出す人も多いと思うけど、、、

ロケの準備はそっちのけで、フィルムを分解することにした。ブローニーというタイプのフィルムを僕たちプロカメラマンは良く使っていたが、それはプラスチックの芯にフィルムと裏紙を巻き付けているというもの。捨てるには箱から出して、ビニールを破って、止めてある紙を破って、巻紙をほどいて、芯をはずして、裏紙からフィルムをはぎ取る・・・という面倒な作業になる。

朝から撮影したり、データを作ったりで忙しかったところ、、、その作業の間は頭が空っぽになっていた。単純作業は気が抜けて良いなぁ〜。

よくよく考えてみると、このフィルムは本来の目的である、撮影に使われることもなく、もちろん、現像もされずに、この世を去ることになる。

まるで「水子」だ。

この作業は水子供養だなと、感じた。

digital時代になって、何を感傷的な、、、と言われそうだけど、古いカメラマンにとっては、フィルムの処分は感傷的になる行為だと思う。

次はフィルムカメラの処分か。。。

フジのGX680がフルセットで余っている。仕事が一段落したら処分したい。空いたスペースにちょっと大きいプリンターが入れられたら、、、と野望があったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

お盆か・・

Dsc00692
Dsc00688
Dsc00685お盆だというのに仕事の毎日です。
写真は昨日のロケの帰りに東京タワーのヨコを通ったときのもの。前からゆっくり、、、と思っていたけど、ココを通るときはいつもクライアントのところに行った帰りで、急いでいるときが多いから、車を降りて、、、なんてことをやっていられない状況で。余裕がないな、と感じている。

月曜日は朝からロケだった。停電で、家の駐車場に入れていたクルマが出せなかったらどうしよう??と朝思っていたが、取りあえず復旧したので、速攻でクルマを出しましたよ。家の駐車場はマンション内にあるので、機械式なので、デンキがないとアウト。最悪の時は事務所まで自転車で行って、余っているデジカメとストロボでロケに行くつもりだった。クルマも事務所に一台置いてあるので、それを使えば何とかなるし。

最悪にならなくて良かった。

ロケは自由が丘のお店での撮影。

順調に終わって、空いた時間で久しぶりにアンミラに寄って、チェリーパイを食べる。チェリーパイはツインピークスが流行ったときに食べた以来かな。。アンミラは相変わらず可愛いウェイトレスが居て、ちょっと楽しい。笑

さて、仕事が、立て込んでいる。

こんなにこのお盆の時期に忙しかった記憶が、過去にない。それほど今年の夏は異常だ。気持ち悪くなるくらい毎日毎日撮影している。
仕事をセーブしたいとか、ちょこっと思ったりするけど、なかなか出来ない性分で、、、あったらあっただけ、来たら来ただけこなしてしまう。

こんなこと書いている今も事務所で後処理の合間だったりするんだけど、、、、最近、手間の掛かる仕事ばかりで、マックに張り付いている時間が長くなる一方、、、いろいろ考えなければならないなぁ。

ゆっくりしたい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

色々ありました

朝から今日の撮影商品がバイク便で届くのを待っていた。
が、来ない・・・
先日撮った画像の合成作業などをやって待っていたら、お昼になってしまい、届かないので電話したら、「まだこっちにも届いていなくて発送していません」とのこと・・・どっちも待ちだったのね・・・

お昼過ぎから本日発表の新型デジカメをさわりに、某所に行く。いろいろ説明を聞いて感じたのは、「ニコンってどうしてこんなに商売が下手なの??」という感想。これほど上位機種と差別化されていない安いカメラを出したら、食い合うに決まっているじゃないの?と、個人的に思う。それがニコンの良いところでもあるけど、もう少し戦略的な商品展開をした方が、結果的にはユーザーのためになるんじゃないかと思っている。

その場はそこそこにして、銀座に向かう。

写真展が今日までで、夕方に撤収しなければならない。次の週の人の展示作業も入るので撤収は速やかに、というのが写真展の基本。点数が少ない人はあっと言う間に片付くけど、多い人は結構大変な作業になる。

今日も多くの方がいらしたそうで、ありがたいことだ。僕の展示写真のモデルになっていただいた服部真湖さんのお母様がいらしていただいた。僕はちょうど居なかったときなので申し訳なかったけど。この写真展の会期中に2回もいらしたと言うことで、電話でお話ししたときも、すごく喜んでいた。こういう言葉をいただけるのが僕もうれしいし、また写真を撮っていこうというモチベーションにもなる。僕が風景をあまり撮らないのは、こういう言葉を掛けられることがないからかもしれない。

事務所に戻ってから、バイク便で届いた商品の撮影をこなす。

夜、某クライアントから電話があり、印刷上がりが良くないというお話しをされる。なかなか難しいと正直思う。自分のデータが絶対に正しい、と思いたいけど、自分のデータが良くないんじゃないか?という思いも少なからずある。たぶん、大なり小なり、みんな思うことだろう。「自分が絶対正しい」と思いこめる人は素晴らしいと思う。

すべてが一段落してから、明日のロケの準備をする。
準備をしながら写真展の芳名帳をスキャニングする。芳名帳は一冊しかないので、グループ展の場合はそれを分割するわけにも行かないので、スキャニングしてデータとしてみんなが持つようにするためだ。ひとりひとりが書いていただいた芳名帳だから、写真展をやった人間からすれば、まさに宝物。現物はないにせよ、データ化(PDF)すればその筆跡も分かるし、良い思い出にもなるだろう。
HPのオールインワンのプリンターにはオートシートフィーダーのスキャニングが可能なので、結構楽にスキャンできた。
写真展にいらしていただいた人は、一説によると、あの場所にキャノンサロンが移ってからの最多記録になったくらいの人数だと言うことだ。通常は6日間のところ、9日間という日数の多さが最大の原因だけど、16人というグループ展なので各自が自分のお客を呼んでいるので、来場者が多くなったのもある。
印象として、本当に来場者がひっきりなしに来るという感じだった。天気にも恵まれていたし。コンスタントに1日500人以上のカウントをしていたらしい。さすがに雨の日は500を割ったらしいけど。。数年前に自分の個展をやったときなんかはかなり悲惨なくらいお客が来なかったから、、、こういう点がグループ展の良いところだなと思う。

グループのひとりのカメラマンが帰り際に言った、「本当に楽しかったです」という言葉が僕もうれしい。それが一番だし、それが写真展の醍醐味だと思う。そして、また写真を撮っていこうという気になる。
僕も写真を撮っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.08

写真展の当番

Dsc0067801
Dsc0067901火曜日、グループ展の会場にいる当番だった。
今週はヒマな予定だったのが、いろいろ入ってきてしまって、当番に行くのも、仕事を断って、みたいな感じで、今日の当番をこなした。
会場に居れば居たで、けっこう知り合いの方、クライアントの方が多数見えられて、やはり行っていないとダメだなと、改めて思った。皆さん、日々の仕事をしながら、その間を割いて、こうしてわざわざ銀座まで出向いて、写真を見に来てくれる、、本当に有り難うございました。

おかげさまで各方面で好評なようです。

明日で最後となりますが、お近くをお通りでしたらぜひいらしてください。

上の写真は、お昼ご飯で行った沖縄料理のお店。キヤノンサロンの合い向かいになりますが、結構好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日は勉強会

Dsc0066601
Dsc0067001月初めの土曜日は電塾の勉強会。
この日は翌週からの撮影商品の引き取りがあるので、朝から行くはずの勉強会は午後から出ることにした。
午前着の宅配便を待っている間、たまりに溜まっていた経理関係をすることにした。請求書も出さないと、、、撮影だけをしていられればどんなにか楽だろう。。。余計なことを考えないで写真を撮りたいと思う。

さて、宅配便。到着したのはお昼前。午前着だからと朝10時から事務所で待っていて、結局昼かよ!まったく時間がもったいない。

あわてて昼ご飯を食べて、お台場の勉強会に行く。

この日はフォトショップに関連したチップスなどのお話し。
いつもはレポートを書く役割なので、気が抜けない数時間だけど、今回は別の人がレポートを担当すると言うことなので、僕はお役ご免。いや〜、レポートを書かない勉強会って、気楽。そう言えば昔はよく寝たなぁ〜と数年前を思い出す。レポートを書かないにもかかわらず、最前列に陣取り、すべてを録音しながらワープロを打っている自分には、ちょっと笑っちゃいましたが。

フォトショップのチップスは永嶋さん。僕にとってはすごく参考になる話で、次の日からすぐ使える、そんなお得な話がてんこ盛りだった。

もう一つは名古屋からいらしたカズさんによる自動処理の話。
ちょうど自動処理の本を出版されたばかりで、僕も早川さんから貰ったので、内容的にはどんなことなのか?分かっていたつもりだったけど、、、かなり面白い話だった。ただ、自分の仕事で自動処理が出来るのか?向いているのか?はまだ分からない。僕なんかはそうなんだけど、つまらないブツ撮りでもア〜でもないコ〜でもないと色々やってみてしまうのがカメラマン。自動処理で中身も見ずに右から左、、、というのは、余程性格を変えないと難しいかもしれない。
まあ、手間を掛ければいいというものでもないけどね。

そう言えばこの日の勉強会には珍しい人がいらしていた。ひとりは以前、僕のアシスタントだった片桐君。アシスタントだったのはもう6年も前だそうだ。もうひとりは昔、ニフティの会議室というものがあった時代の友人、しの吉さん。プロ写真の会議室というのがあって、オフ会などの交流も盛んだった。もう15年くらい前になるだろうか??今でもその当時の友人たちはこの業界でもがんばっている。

難しいとか言われる電塾勉強会だけど、早川さんをはじめ、どんどん変わっていこうとしている。興味のある人は臆せずに参加して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

GoogleEarthMac

060804GoogleEarthMacが出来たみたい・・(確か前からあったけど、平面のものだったと思う。)
WIn版は以前からあったみたいだけど。
確か、先週くらいタモリクラブでグーグルの特集でこのGoogleEarthの面白い使い方みたいな話だったと思う。僕は言うまでもなくマックユーザーなので当然触ったこともなく「へぇ〜」みたいな印象だったけど。
マック版の存在を知ったのは先日。
このところ、写真展はあるし、仕事もそこそこ入っていたりで落としたまま、そのままにしていたのを、今日の撮影分をプリントしている間に起動してみた。
なかなか面白いですね。
最初の地球の全体像から、+のボタンを押し続けるとまるで地球に落ちていくかのような錯覚を覚えます。

WInの方はいろいろ面白いソフトが多いですね。
矢部さんのコメントでWindowsマシンを乗用車、マックをトラックに例えたのはさすがです。マック好きはマックをスポーツカーなんかに例えますが、画像に関してはトラックと乗用車の例えの方がピッタリという感じですね。

そうそう、このグーグルの提供の地図、と言うか上空からの写真、ちょっと古いです。東京に関して言えばたぶん2年くらい前ですね。
なぜ分かるかというと、僕の住んでいるマンションがまだ基礎部分しかなかったからなんですが。。。笑
東京は世界でも有数な変貌の激しい都市ですから、ちょっと古いとすぐばれますね。

お盆前で細かく仕事が入ってきてしまい、忙しくなってしまいましたが、時間が出来たらいろいろ試してみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.03

ユンソナさん

先月撮影したユンソナさん。
Yahoo!StyleUpMagazine「ユンソナさん」
この撮影の2日後に婚約の発表でした。
僕の想像以上にキレイな人だったので、(失礼ですが)お会いしたときは、うわっ!キレイ!って声が出そうなくらいビックリしてしまいました。
せまいテレビ収録時のメイク室での撮影でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

値上がり

ガソリンの値上がりが昨日のニュースで報じられている。

原油の値上がりがあちこちに波及している結果だけど、同じ値上がりネタでは昨日発表の路線価の上昇のニュース。路線価は言うまでもなく土地の相続税などの算定基準になるもの。直接、土地の値上がりの指標にはならないけど、まあ、おおむね土地も値上がっているという話でもある。
これも、以前住んでいた新浦安が良く取り上げられているようで、相変わらず人気な土地だなと思う。すでに駅に近いところには空いている土地はないので駅からバス15分なんて言う海沿いのマンションが飛ぶように売れているようで、、、すでに浦安ではないんじゃないの?と個人的には思ってしまう。

さて、同じように上がっているのが人件費。
ココにも以前書いたように、アルバイトの人件費は急に上がってきた感を受ける。

クライアントである徳間書店のすぐヨコのマックでは24時間、時給1000円以上で募集している。
もう、どこのファーストフード店でも時給1000円は当たり前の感じがする。

で、僕たちの業界。
アシスタントの料金が値上がり傾向な感じがする。

僕が良くお願いしているアシスタント派遣会社から値上げの連絡を頂いた。
今までよりも日給で2000円程度の値上げになっている。

ちなみにカメラマンのギャラは上がっていない。

今のところ好景気を反映してか、僕の知り合いのカメラマンはほとんどの人が忙しいとこぼしているくらい、仕事量はある。たぶん、アシスタントの値上げ分は数をこなすことで吸収できると思う。今は。

問題は今後もギャラの値上がりは見込めないという点かな。

値上げはないけど安い仕事は断って、その時間に効率の良い仕事を入れるというやり方になると思う。ただ、このやり方にすると、お得意様だった長いお付き合いのお客を失うきっかけになりがち。
やがて、景気がまた悪くなったときに、高い仕事もなくなり、安くてもお得意だったところも仕事を切ってしまったので、今更仕事も貰えないという事態になる。

景気に左右されるに限らず、この業界では割に良くある話で、ちょっと売れっ子になって仕事が来るようになって、今までの仕事をおろそかにして、気がつくと、新しい仕事も古い仕事も失っている・・・というカメラマン。

お笑い芸人ではないけど、売れるのも気をつけましょうね。>って、僕も売れてみたいですけど。。。笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.08.01

LCC

Dsc00657ロングライフクーラントだと思った人はクルマ好きですね。笑

レンズキャストキャリブレーションの略です。

Phase Oneをカメラに付けたときに、レンズの収差による色の変化を補正するシステムのことです。
主に広角レンズを付けたときに有効な補正になります。

お持ちの方はよく分かると思いますが、画角を決めてからレンズ前に乳半のアクリル板を手に持ってそれを撮影して、出来上がったグレーの画像をソフト上(C1プロ)で解析、色むらを判断して、そこから逆補正を撮影データに掛ける・・・・という作業をやります。

文章にするとわかりにくいのですが、カメラマンがやることは、白アクリルの板を事前に撮影して、その画像をLCC画像として指定してあげるという単純なもの。が・・・これがスタジオ撮影の時には結構面倒で、、、
というのはスタジオ撮影ではカメラ方向への光は画角に入る以外はすべてカットするというのが基本。いわゆる「ハレ切り」というヤツですね。
つまり、カメラ前に白アクリルを置いても、そこに当たる光は被写体からの反射光しかないので、普通に撮ると真っ暗な写真しかできません。
LCC画像を作るにはある程度のグレーになっていないと補正の計算が出来ません。絞りを開けていけばいいのですが、絞りによって収差は違ってきます。あとはシャッタースピードを遅くすればいいのですが、スタジオ撮影ではほとんどストロボ撮影なのでシャッタースピードをちょっとやそっと開けたのではグレーになりません。
で、多くの人がやっているのはカメラの方向に向けてライトを点けるというやり方。このライトでカメラ前のアクリルを明るくしてLCC画像をグレーに持っていきます。
でも、込み入ったセットを作るとこんなことは無理です。

で、僕が考えたのがライトボックス(ビューワー)を使ったらどうだろうか?というアイディア。

今日、DVDデッキの撮影が入ったのでテストがてら使ってみました。

セットを組んでからすべて決まったところでレンズ前にビューワーを手に持って適当なシャッタースピードで撮影します。ヒストグラムを見て0に近くなるようにシャッタースピードで調整します。この時、絞りは本番撮影時のままにしておきます。

こうして撮ったLCC画像を使って本番データを作りました。

いや〜、上出来。使える方法だと思いました。
使っていないビューワーも再利用できる点もグッド。

Phase Oneをお持ちの方、お試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展パーティー

Dsc00652
Dsc00654
Dsc00656月曜日、写真展のパーティーがありました。
多くの皆様、ご来場有り難うございました。
いらしてもろくろくご挨拶も出来ないくらい人が多かったですが、楽しんでいただけたでしょうか?
写真は上から今回の発起人、浅尾さん、そしてCPSの水流さん、それにこの日の話題を総ざらいした浅野さんのモデルさんたち。
本当に本当にありがとうございました。
おかげで結構評判も良くて、早くも「次は??」の声もあり、、、

先のことはどうなるか分かりませんが、あと1週間やっておりますのでぜひいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »