« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.29

写真展の飾り付け

Eos_d060729来週からの写真展の飾り付けに銀座キヤノンまで行く。
午後4時、今週までの展示の人の撤収が終わったあと、僕たちの写真の掛け替えになる。

写真展はここ3年、毎年一回以上やっているので、そのたびに飾り付けにも行っているし、僕的にはどうと言うことはない、はずでした。
ですけど、大変でしたネ〜。僕はこだわりのない方なのでちゃんと写真が見えれば、細かいことは気にしませんが、メンバーの中には細部までこだわる方もいらして、、、グループ展ですからね、細かいところは個展の時にやってね、と僕なんか思っちゃいましたが・・・

結局、僕が写真展会場を出たのは午後7時過ぎ。でもまだ展示作業が終わっていない方もいらしたくらい、時間が掛かってしまいました。

なかなか難しいなと、思いました。

一生に一度でもないですが、写真展って、カメラマンとしてもやるのは結構大変な作業で、、、ココをお読みの方でご自身でやったことがある方ならお分かりでしょうけど。グループ展はその敷居を下げる良い方法です。

ただ、いろいろな考え方の方が入ってくると言うこともあり、まとまりは悪くなります。カメラマンという自己主張の強い人間の集まりなら余計です。

取りあえず、何とか初日を迎えられそうです。

いらっしゃる方はこうご期待。

驚くくらいバラバラですよ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1Dsmk2修理

金曜日、1Dsmk2の修理が出来たというので引き取りに行く。
ついでに来週からの写真展の展示作品もキヤノンに預かってもらうため持って行くことにする。
カメラの修理はFireWireの端子のぐらつきによる接触不良。2台持っている1Dsmk2の2台共が同じ故障で、それをごまかしながらこの数ヶ月、仕事してきたけど、修理代換えが来たというので、修理に出したものだ。
ちなみに修理代換えを頼んでから、それが来たのは2ヶ月後。(苦笑)
1Dsmk2はキヤノンの中でもっとも高価なカメラ、もっとも高画素なカメラで、修理代換えの台数が少ないのかと推測される。

カウンターで順番待ちをしていたら、他のカメラマンが修理に出しているのがすぐ横なので、聞き耳を立ててみる。
「次の1D系はいつでるんですか?」

って、そんなの言えるわけないジャン、、と内心思いながら聞いていた。キヤノンの担当の人は、「いや〜、知っていてもお答えできないんですよ。」と当然の答え。
いろいろなウワサでは今夏に出るというのが、まことしやかにささやかれているけど、、、

そのカメラマンが帰ったあとに、次のカメラマンが修理カウンターに付く。すると、また同じ質問・・・「新型っていつ出るの?去年1Dmk2買ったらすぐにNが出て頭に来たんだよ」って・・・

そりゃ、おっしゃること、ごもっともです。
でも、言えないと言うことも分かってあげてください。CPS会員なら。
万が一、その情報を知ったら、あなたは誰かに言ってしまうでしょ?そしたら大事になって、誰かの人生が狂ってしまいます。オトナでしたら分かってあげてください。

まあ、お気持ちはよく分かりますけどね。

デジタル時代になってから、カメラマンの一つの才能として、新型機が出る前に旧型機を売り抜く、という投資家のような才能を発揮する人が出てきた。新型が出れば旧型は値下がりする。その前に売って新型に買い換えたい・・・これも生き抜くための才能でもあるんだけど。昔みたいにフラッグシップ機を買っておけばほぼ一生ものという時代ではない。僕が最初に買ったニコンのD1は当時80万。今では数万でも買い手が見つからないのでは?と思うくらい値下がっている。ホンの数年の間に。

バブル以降、「損をしたくない」という心理が消費者の間に染みついている。だからブランド品が売れるわけだし、どうでも良い商品は100円ショップで買うようになる。

デジタルカメラはまだまだ進化していく商品だろう。新製品もどんどん出てくる。それを使っていく僕たちカメラマンは、「良い写真を撮る」という本来の趣旨からははずれた、「損をしない」商売という、ある意味セコイ精神を植え付けられてしまった。
メーカーに責任がある、とは言いたくない。
時代の変換点という認識が一番正しいと思う。

篭屋が馬車へ、そして車へと変遷していったように、時代とともに必要とされる人、ものが変わってくる。カメラマンという商売が今後どう必要とされるのかは、誰も分からないだろうけど、、、

すくなくても、僕が第一線で働いているだろう今後10年くらいは今のままかなと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.28

写真展「Eos Digital Works 2006」

Scan_6728122328_1いよいよ来週の7/31から写真展です。
ココでも何度か紹介しているキヤノンのデジタルウェンズデーの仲間、16人でのグループ展です。
ジャンルは様々、どんな写真展になるのか、当事者の僕でさえも予測不可能でかなり楽しみです。
お時間のある方はぜひいらしてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.27

JOQR

Dsc00632事務所のある浜松町に文化放送が移転してきた。
僕はAMラジオはまったく聞かないのでよく分からないけど、、、
駅前にあるんだけど、こんな感じで公開放送もやっているらしい。
浜松町は地味な町なんだけど、このところ開発が盛んで、その象徴が文化放送だと思う。事務所を構えて5年になるけど、良い町になって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオリ

Dsc00631最近、あるメーカーさんからのお仕事を頻繁に頂いている。
化粧品、シャンプーなどを作っている日本人なら誰でも知っているメーカーさんだ。
撮っているものはそこで発売されるものの、パッケージなど。
箱の状態が多いのだが、それを撮るのには写真のような「アオリ」という技術を使う。ただ、これは大判カメラでないと出来ないもので、フィルム撮影の時代では当たり前のものだった。
今はデジタル撮影が当たり前になったけど、35タイプのデジカメでどうにもならないのがこの「アオリ」というもの。
主に形の修正と、ピントの合う範囲の調整が出来るんだけど、箱物の撮影に使うのは形の修正。
建物の写真で普通に撮れば上に行くほど小さく写るものを、上と下の部分がほぼ同じ大きさにするのがこの技術で、商業写真では基本と言っても良いもの。
が、35タイプのデジカメがデジタル撮影の主流となっている今、撮影された「形のゆがんでいる」データをフォトショップでパースの修正をするわけだ。
CS2のレンズ補正はかなりイイ感じで補正できるけど、古い世代の僕のようなカメラマンにはどうにも馴染めない。やはり、前板と後ろ板を自分で動かして形を直して撮影したい!

で、その欲求が可能になったのが、Phase OneなどのDigitalバックを大判カメラの後ろに付けるというやり方。これで、ほぼフィルム撮影時代と同じようなハンドリングで撮影が出来る。

さて、先のメーカーさん、こうやって撮った撮影データを納品したところ、いたく感激をされたそうで、それ以来、僕のところに撮影が来るようになった。
それほど大きく使うわけではないけど、、、たぶん、600万画素クラスのデジカメでも十分なデータだと思うけど、Phase Oneで撮った画像は、どうしようもないくらいに「違う」ものになる。画素数じゃないと言うことだ。

Phase Oneを買ってから、知り合いのカメラマンに「どうよ?」って良く聞かれるけど、フィルム撮影の時と同じになると答えている。
同じというのは上がりではなく、やり方。つまり、フィルム撮影の時にちゃんとあおって、大判カメラ、中判で撮っていたカメラマンは一時的には35タイプのデジカメで仕事をするだろうけど、遅かれ早かれDigitalバックでの撮影になると思う。それが慣れというものだし。また、以前から35タイプが主だったカメラマンはバックタイプに行くことはないだろう。その必要もないだろうし。
結局はDigitalになっても、やることは同じ、仕事も同じだと言うことだ。高いデジカメを買ったから高い仕事が来るのではなくて、フィルム撮影の時と同じように仕事をしていると言うことだけ。ココを誤解している人が多い。

こうやってジナーであおってブツ撮りをしているとホント落ち着く。「やっぱこうだよなぁ〜」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケちゃいました

Dsc00625ようやく仕事も一段落した昨日。急に入った撮影も順調に終わって、久しぶりにフィットネスクラブに行っちゃう??なんて思って、自転車で銀座のコナミスポーツまで行った。
チョー久しぶりにエアロビクスをやって、そのあとボディパンプをやって、満足の帰り道。。。銀座から浜松町の事務所に行く間でコケちゃいました。結構良い調子で飛ばしていたので、曲がり角を曲がって、対向車をよけようとして車道から歩道にヨコ移動をしようとしたとき、歩道の段差にタイヤを取られてステ〜ンと行っちゃいました。良くあるミスで、ホント初歩的な事故。乗っている自転車がbD-1という折りたたみ自転車で、あの手の自転車にしてはスピードが出せるという点と小径タイヤと言うことも災いしていたし、よりによってその日にタイヤの空気をパンパンに入れていたと言うこともあって、そうとう快調に飛ばしていて、対抗者の発見が遅れたんだよね。。。

おかげで膝小僧はすりむけ、買ったばかりだったジーパンも穴が空いてしまったし、、、でも、手袋をしていたおかげで手には傷が付かなくて良かったぁ。微妙な商品撮影していると手が動かないと仕事にならないので。

家に戻ってからは女房に怒られるし、、何かあったら仕事に支障が出て、クライアントに迷惑が掛かる。昔スキーをやっていたんだけど、やはり骨折などが怖くて止めた経緯もあるくらい。。。
僕の代わりのカメラマンはいくらでもいるだろうけど、、、いや、無理かな、他のカメラマンには、、、僕くらいフットワークも良いし、どんな撮影もこなせるし、っていうカメラマンを探すのは。

bD−1を買ってからは雨の日以外の通勤は自転車になったけど、夜の自転車はハッキリ言って危険。ちょっと考えないと行けないという事件だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.25

ブログって

かなり忙しい状態が続いていて更新どころではないんですが、、、

そんな中でもこのブログを見ていただいているという人にあちこちでお会いします。

先週の金曜日はNAPPJの発足式でもある「Photoshop world Debut Event」に行ってきました。その話も書こうかと思っていたけど、イベントのあと、電塾のメンバーとNAPPJのスタッフさんと合同の飲み会になってしまい、翌日土曜日朝からロケだというのに、六本木の夜を久しぶりに歩いてしまいました。しかも、予定外だったので手持ちの現金が1000円くらいしかなくて、飲み代を早川さんに借りてしまったという大失態。。。借金も財産のうちとは言うけど、天下の早川先生にお金を借りるとは、、、、僕も偉くなったもんだなと、ヘンなところで感動してしまった。笑

ま、そんなことは良いけど、、、

イベント会場でお会いしたコマフォト副編集長の川本さんからも「実はブログをたまに見ています」と言われてしまったり。。。
今日は今日で、クライアントから、「忙しそうですね??」と言われて、何で知っているのかと思ったら、「ブログ読んでいますから」というお言葉。。。。

書いておいて何なんですが、、、僕のブログはそれほどのものではないので、適当に忘れてくださいね。

あんまり忙しいとか書くと、たまにクライアントから、「忙しそうだから、他のカメラマンにお願いしちゃいました」って言われることがあったりで、ブログも善し悪しだなと、最近は思います。かと言ってウソは書けないし。。。

正直、今は死ぬほど忙しいです。

でも、明日からは撮影の予定は入っていませんので、ジャンジャン仕事は下さいねぇ〜〜。>と営業してみる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.22

4台体制でした。

_k1d6312朝からフィットネスクラブでの撮影。
施設とプログラム用のモデル撮影。
施設は広角レンズでパースの修正などをやるので高画素タイプのデジカメ、、、1Dsmk2でいく。モデル撮影はスカッシュなどを撮るので機動性重視のデジカメ、、、1Dmk2Nで行く。
両方とも2台ずつ持っていくので合計4台のデジカメで今日一日撮影していた。

僕の場合、結構器用なので(笑、、自分で言うのもナンだけど)、ブツ撮りもすれば、モデル撮影もやってしまう。どちらもそこそこのご評価いただいていて、だからいろいろなジャンルの仕事が繋がっているという現実がある。まあ、ひっくり返して言えばそこそこで、どのジャンルもたいしたこと無いとも言えるんだけどね〜。

そんなことで施設を朝から撮って、午後はモデル撮影。
上の写真はモデルのメイク待ちの間にスタジオで自分を撮ってみました。

バッテリータイプの大型ストロボで2灯。AC電源が必要なモノブロックを3台。この日に持って行ったけど、結局、ほとんどの局面でバッテリータイプを使ってしまった。ちょっと重いけど、動き回る撮影にはうってつけ。電源を気にしないでどこにでもセッティングできるのは、メッチャ便利です。しかも無線シンクロをボディ2台とも付けているから、快適そのもの。

半日モデル撮影をしてもバッテリーの残量はまだ十分あったから、かなり使える。先日も農家のビニールハウスの中での撮影もコレを使ったけど、その時も全然へこたれなかった。コメットのバッテリーは優秀ですよ。
そう言えば、タレントの撮影にも便利。時間がない上にわがままだから、どこでどう撮影になってしまうか分からないときに、いちいちAC電源を探していたんじゃ話にならない。かといってコンパクトストロボではカッコ悪くてダメだし、確実性に乏しい。プロは見てくれも大事だし、絶対という確実性も大事。

さて、施設用とモデル撮影用の2セットの撮影もなんとか夜までには終わり、事務所でデータをMacに入れて、今はほっと一息という感じ。
マイクロドライブも4個使ったのでそれをいちいちコピーするのが面倒、、、もっと早くデータコピーできる方法はないものでしょうか?>ちなみに今はFireWire接続のリーダーライターを使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

夏の大合宿はこんな感じ

060715denjyuku今回の合宿はこんな感じで、全員参加、全員スピーカー、みたいな感じでした。
僕は2回目の参加で、去年にもましてそうそうたるメンツでちょっと引き気味・・
しかも、泊まり部屋で同室だったのが、大阪のBOCO塚本さんと、2055の村田さん、そして電通の江口さん、フォトショップマスターの永嶋さんと、これまたそうそうたる面々のお部屋。奇しくも全員APA会員と言うこともあって、別名「APA部屋」とも呼ばれていました。笑

会は2日間とも写真のような座談会形式。

お題が4題くらいあって、ちょっと消化不良だった印象。言いたくても発言の機会がなかなか回ってこなくて、フラストレーションが溜まる一方の2日間だった感じ。
これだけの人数が、しかも、皆さん個性の強い人ばかりだし、話し出したらきりがない。

まあ、それはそれで、いろいろな話が聞けて、まずまず楽しかったという結果。

これだけのビックネームが一堂に集まるのは、なにかメーカーのイベントか、APAの集まりでもないと、難しいだろうなと思う。それだけでも電塾ってスゴイ!と僕は単なる一般参加者と同じレベルで思ってしまいました。

Dsc0060801
Dsc0061401
Dsc0061601
Dsc0062201

| | コメント (1) | トラックバック (0)

電塾 夏の大合宿

Dsc0067_01行ってまいりました!恒例の電塾 夏の大合宿。
取り急ぎ、アップロード・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

モチベーション

朝からクライアントから昨夜サーバーにあげたデータが読めないというメール有り・・
この数週間、かなり忙しい状態が続いていて、今日は久しぶりに午後から撮影という余裕のある朝だったのに、朝ご飯を食べながらメールを読んでたら、この有様。あわてて事務所へ自転車で走る。
結局、再トライしたら大丈夫でした!ということで、気が抜けた午前中でした。

午後からは某雑誌の撮影。もう10月号の撮影で、思わず苦笑。このクソ暑い中、雑誌の世界ではもう秋だ。そう言えば先日もお歳暮用の撮影をしたっけ・・

その雑誌の仕事で2本目だった夕方。順調に撮影が終了した。と思ったところへ、さっき帰ったばかりの編集から、「すみません、さっきの撮影、ほとんどボツになってしまいました・・・」と謝りの電話。。。
ボツって、、、??
その雑誌ではよくある話なので、深くは追求しない。

モチベーションという言葉。

やる気がそがれる出来事が多い。

いくらがんばって撮影しようが、時間を掛けて撮影しようが、そんなことはどうでもいい話。決定権のある人がその場にいない限りは、いつでも再撮になる可能性がある。
カメラマンとしては、そんな時のモチベーションが思いっきり下がるんだけど、それをどう維持していくか?それが経験なのかも知れない。
逆境に遭えば遭うほど、燃え上がる、、、みたいな、禁じられた恋ではないけど、そう言う状況で燃え上がる人もいる。
今日の僕は、もう仕事続きでクタクタなので、早速帰ってビール飲んで寝ます。もう、寝ますよ、マジで。

今月末からの写真展のプリントも額装業者がダメにしたという連絡があったり、先週撮影した商品集合カットが1点、商品が入っていないので再撮、という連絡があったり、、、、もう、疲れました。
そう言っている間にも、後から後から仕事が入ってきてしまい、この先も忙しい状況が続きそう・・・・

がんばらないと、、、と言うそれだけでがんばって行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.09

ココログ不調・・・

ココログが絶不調・・・
ほとんどアクセスできない状況が続いている。
下の風景写真は試しに上げてみたもので、それですら上げるのに5分程度待っている。
お話にならない、、、
週明けにメンテに入るらしいけど、改善してくれれば良いんだけど。
あ、これも試しに書いてみてます。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.08

夕日

Dsc00598家の窓から見える夕焼けが綺麗だったので載せてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

カタログ撮影中

Dsc0059701土日で某メーカーのカタログ撮影を予定していた。
が、商品の集まりが悪くて、思ったほどカット数がなかった。
本来なら土日で200カットくらいと言うことだったが、、、撮ったのは80カットくらい。
と言うことで土曜日一日で何とか終わることが出来た。
月曜から、また厳しい撮影の毎日だし、1日だけでも休めるというのはうれしい。カゼも引いてしまったし、、、

カタログ撮影では商品の単品切り抜きというカットを撮った。同じような商品が有れば、セットが同じで流れ作業で撮影できるので非常に効率が良い。
使ったカメラはフェーズワンH25をハッセルブラッドに付けた物。前にも書いたけど、これのソフトは秀逸!!
商品カットの場合、デジタル撮影になってファイルの名前を商品の型番などにリネームして欲しいという要望がある。
img00123.jpegみたいなファイルネームではあとあとの整理がしにくいからだ。
フェーズワンのソフトは撮ったそばから現像、そしてリネームと非常に簡単に流れる。しかも、TIFFと確認用の軽いJPEGが同時に現像できる。
撮影、画像調整、現像、ネーミング、、、とたった一人でこなせる。しかも、撮影後にはもうすでにホルダーの中にJPEG とTIFFがそれぞれ分かれて保存されているので、あとはそれをサーバーに上げたり、コンタクトシートにしたりするだけ。

フェーズワンが無かったらこの仕事はきつかったな、と正直思う。
仕事のための写真をよく考えられているソフトと、ハードだなと思う。
この辺りが35ミリのカメラのマネの出来ないところで、ニコン、キヤノンにはもっとがんばって欲しいと思うところなわけだ。
35メーカーはあまりにフィールド系のカメラマンばかりを向いていると感じているのは僕だけだろうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広告写真家新藤氏

Dsc0059601ネット界での超有名写真家、新藤さんの所に行ってきた。
新藤さんの声かけでアメリカの通販サイトB&Hで写真機材を共同購入しようというものに、僕も一口加わったため。
僕が買ったのは、今も毎日使っている、無線シンクロ、MicroSynch。あまりに毎日使っているので、もうコレ無しでは撮影できないし、壊れたときの予備と、カメラが複数台使用している時用に、更に1台買い足した。
確か、今使っているのは去年の夏頃だと思うけど、ほぼ毎日使っているのに、送信機側の電池は交換していない。それくらい持ちが良いのだ。数センチの大きさしかないのに50M位は電波が飛ぶし、もう、最高!

この日は仕事がキャンセルになって、偶然空いたので、遅くなっていた引き取りが出来た。
値段は38000円弱、一人で買うよりは割安。面倒なことは新藤さん任せだったので助かった。

写真は新藤さん所有のウェインの無線シンクロ。こちらも魅力が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたし、すごいんです・・

Dsc0059301すごいんです・・・わたし、濡れやすくて・・・
って、H小説かと思った方、ごめんなさい。(笑)

自転車通勤をしているんだけど、暑くなっての問題点が、汗 (;^_^A アセアセ…
事務所に着くときには汗でTシャツがびっしょり。もちろん、換えのTシャツも持参だけど、、、毎日、汗をかく度に着替えるので3,4枚のTシャツが必要になって、洗濯が大変。

以前はこんなに汗っかきではなかったんだけど、10年ほど前から運動をコンスタントにやるようになってからは、基礎代謝が良くなったのか、汗をものすごくかく。

もちろん、その分の水分も取っているので、身体が悪いと言うことではないだろう。
まだ、梅雨明け前なのに、この調子では夏が思いやられる・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/27ロケハンなど

Dsc0058901朝イチで品川集合でロケハンに行く。
品川のこの時間は通勤客の流れがスゴイ。
ロケハンは来週の撮影のためのもので、秦野の農家まで行く予定。某コンピューターメーカーのポスターなどになる予定のもの。
2件の農家をまわって、夕方には都内に戻る。
戻ってからは某メーカーのキャンギャルの撮影。
1ヶ月ほど前に撮ったキャンギャルのうちスケジュールが合わないで取り残した人を撮るため。その時に比べて僕のスタジオで撮るので、時間に余裕があってじっくり撮ることが出来た。ただ、狭いからセッティングなどが大変だけどね。そんなことで本日の撮影終了。
Dsc0059001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »