« 家での食事 | トップページ | お寿司 »

2006.06.21

プロとして恥ずかしくない

Dsc00572フォトショップ本を久しぶりに買った。
本屋に行ったら平積みで「プロとして恥ずかしくない」シリーズが出ていた。
これはフォトショップの本だけど、あと、illustratorやDTP,WEBデザインなど、数種類出ている。

プロとして恥ずかしくない、、、う〜ん惹かれるフレーズだ。

内容的にも結構面白いし、実務的。ただ、設定画面の印刷が小さくて、ほとんど肉眼では判別できない。ルーペを使って見ているんだけど、ぼちぼち近距離を見るのが辛くなってきた年頃だなと感じてしまう。

フォトショップは使わない日がないくらい、よく使うソフトだけど、新機能や新しいやり方を勉強していかないとダメで、しかも、普段使わないやり方はあっと言う間に忘れてしまって、結局昔覚えたローテクなやり方に戻っていると言うことが良くある。
人間ってしょっちゅう使っていないものは忘れるように出来てるんだよね。たまにしか会わないクライアントさんと久しぶりに電話なんかあると「あ、どうもどうも」「ねえねえ、、」で名前を呼ばないでやり過ごすと言うこともあったりして。

|

« 家での食事 | トップページ | お寿司 »

コメント

新機能、確かに使えば便利な事はありますが、実際に調べてみると古い機能で代替できるものが殆どです。OSXで走るんなら、実はver.3あたりが最も軽くて使いやすい。しょうがないからCS2使ってますが。

で、実はマニュアルをちゃんと読めば書いてある事は非常に多かったりするんですよね。今だとオンラインヘルプをきちっと使いこなしたら、あらかた用は足りるはずです。このシリーズ本は知りませんが、私はソフト解説書ってもう数年間買ってません。

投稿: Shimizu | 2006.06.21 14:38

Shimizuさん、まいどです。
そりゃshimizuさんクラスになれば買わないでしょう。と言うか書く立場だし。笑
新機能って実はローテクの部分をリファインさせて名前を付けて入れたというのが多いのはよく分かっています。昔サードパーティで出ていたプラグインなども標準で入っているとかね。。。
だんだん肥大化していますよね。
僕もそうですがフォトショップはバージョン2の時代から使っています。そう言う人たちにとってバージョンアップはそれほどでもないですが、昨日今日フォトショップを買いました!って言う人にとっては恐ろしく難しいソフトになってしまったという気がします。
使う人と使わない人の差があまりに大きくなりすぎましたね。ぼちぼちプロの中でもエレメントで良いという人が出てきてもおかしくないですね。

投稿: tats | 2006.06.21 20:29

私はCG本は書いたけど、Photoshop本は流石に・・・ま、複雑なソフトだから書くネタという面から見れば、ネタの宝庫かもしれませんね(笑)

今のエレメントはどうなのかな。以前はCMYKを扱えないというのが決定的になって、プロ用としては耐えられなかったですが。

投稿: Shimizu | 2006.06.21 23:10

この本、私も持ってますぅ〜。
プロとして恥ずかしいという自覚がありますのでぇ〜・・・。

投稿: Gatto | 2006.06.24 09:15

お買い上げ、まことにいたみいります。
小さくて読みにくい!?
申しわけないことです。ごめんなさい。
編集に言っておきます。

ってか、文字数が多すぎなのが悪いのか、デザインのせいなのか。。。
理解を深める為に画像を多くしていると言うのも原因だったり。。。

日々反省です。

投稿: 矢部國俊 | 2006.07.15 03:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/10618452

この記事へのトラックバック一覧です: プロとして恥ずかしくない:

« 家での食事 | トップページ | お寿司 »