« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006.06.30

7/10から堀内が・・

堀内カラーから手紙が来ていた。
先週くらいに届いていたと思うけど、忙しくてそのまま山積みの書類の中に埋もれていた。
今日、開けてみたら、、、7/10から営業時間が変わります。との文面が。
いままで夜9時までの営業だったのが夜7時になるそうだ。。。。

ちなみに、数年前までは夜10時までやっていた。

デジタル化の波をひしひしと感じる。
もちろん、堀内カラーも、他のラボも必死にその波から身を守ろうとしているけど、想像以上のスピードで迫っている感がある。
ほんの数年前まで、深夜まで撮影して、クタクタになって堀内カラーの夜間ポストにフィルム現像を出しに行っていた思い出がある。翌日、それをすぐ見て、納品という仕事の流れだった。
今の僕のスタイルは今日、商品をバイク便で届けて貰って、すぐ撮影、データはサーバーに夜のうちに上げておく・・というもの。場合によってはその日の夜の間に撮影のお礼のメールさえ貰える。
圧倒的なスピード、、、、、
もはや、後戻りは出来ないし、このスピードに付いていけるもの、順応できるものしか残っていけないと思う。

正直、疲れます。いつも走っている感じがして、、、先の見えないマラソンみたいな・・・
でも走るしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.29

3本目

かなり忙しい状況が続いています。
これでも今週はキャンセルが2件あったので、もし全部仕事になっていたら死んでいたかも?・・
本日は朝からマネキンのカタログ撮影、午後まで先方の会社でロケして、3時に終わり夕方からはテレビ局でユンソナさんの撮影、1時間で終わって、事務所に戻ってブツ撮り・・・細かい仕事が続きます。
明日はキャンセルで空いた1日なのですが、あちこち行って、商品をピックアップして、事務所で今日の撮影の納品準備をして、来週のロケの準備をして、、、みたいな感じで都内を動き回ります。
あ、ちなみに土日も撮影・・・
ブログにコメント書いていただいても返事できませんので悪しからず。。。Img_459901_1
Dsc00594

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

逗子にて

Dsc00585天気が悪い、、、、けどロケに行かねばならない。
逗子にてクルマの撮影。
写真は構想を練るS先生。
天気が悪いけど、クルマの撮影の場合、特に雑誌系、しかも新車の撮影は時間が限られているので雨が降ろうが槍が降ろうが、「撮る」しかない。
幸い、小雨程度だったので何とか夕方までには終了。

高速で帰ってきて、そのまま銀座の機材屋さんまで行く。来週、某メーカーのポスター撮りがあるんだけどそれのロケハンに明日行くためで、持っていない広角レンズをレンタル屋さんに借りに行ったわけ。
Phase Oneというバックタイプのデジカメで広角を使いたいのでハッセルのSWCという名機だ。ほぼレンズのみと言う構造のカメラで、最高の描写をすることを優先して作られていて、レンズ交換が出来ない。この後ろにPhase Oneを付けて撮影するつもり。
実際の話、ハッセルは持っているけどSWCは持っていなくて、今回ほとんど初めてと言うくらい・・・前から欲しいカメラの一つではあるんだけど、80万くらいするので、、、でも、生産が終わっているというウワサもあって今のうちに買った方が良いのかも?と、、、頭がグラグラする感じ。笑

さて、明日は秦野までロケハン。気をつけて行ってきます。
Dsc00587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.25

休みの日の過ごし方

土日とも休みだった。
ただ、女房が仕事でいないので、一人の時間を過ごさないとならない。

来週の土日はカタログの撮影が入るので多分スタジオにカンヅメになるだろうし、7月の15,16日は電塾の合宿があるので、何も出来ない。7月の最後の土曜日から写真展をやるので、その土日もどうなるか・・

てな事でヒマな土日は今回が最後かも知れない。

で、まずは髪を切るために美容院に予約を入れる。
家で請求書など、経理関係の書類を作ってあっという間に午後になってしまう。自分でスパゲッティを作って、銀座に出かける。銀座へはコナミスポーツクラブに行くため。身体を動かせるのもしばらく無さそうだし。。。
自転車で銀座に行ったら、汗でTシャツがびっしょりで、銀座を歩くには恥ずかしいカッコになってしまった。

夕方、髪を切って終わり。

日曜日は写真展を見に行く。マッシュのブログに書いてあったマイケル・ケンナの写真展が今日で最後だったため。以前から行きたかったけど、なかなか時間が無くて。
せっかく行ったので、3フロア、全部の写真を見てきた。マイケル・ケンナの写真はもちろん良かった。が、もっと良かったのは世界報道写真展。僕はある写真を見て泣いてしまった。写真展で泣いたのはこれが初めてだった。
イラクの駐留で亡くなってしまったアメリカ兵士が、国旗に包まれた棺で飛行機から降りてくる写真だ。少し引いて撮っていて飛行機の窓には一般人の顔が見えている。。。素晴らしい一瞬、しかもアップにしないで引いてその対比を見せている。棺とその飛行機に乗っている「生きている」人たちの表情。あまりに悲しく、そして人生、運命を感じさせる。戦争というモノを感じさせる。
同じ写真家が撮っている、亡くなって帰還した兵士の棺に、残された妊娠中の奥さんがお腹を押し当てている姿の写真もあった。これも泣けた。

写真って、なんだろう、自分の撮っている写真って何の価値もないんじゃないかと、打ちのめされてしまう。

もちろん、そうやって写真を撮ることによって日々のご飯を食べられている事も重々承知している。ありがたいことだとも思う。
だけどこの先、僕の写真を見た人間が涙を流すようなことにはならないだろう。

さて、そんな思いも、会場を出ると、あっという間に薄らいでしまうのが人間か??

マイケル・ケンナの写真展も少し感想を・・・
パターン化されたモノクロ描写が素晴らしかった。驚いたのは会場内の展示写真がほとんどバイテンくらいのサイズだったこと。もっと大きいサイズを期待していた。というか、最近、大判のプリントに麻痺している自分に気がついた。何でもかんでも大きくプリントして見せつければいい!というやり方が多くなったのはデジタルカメラと大判プリンターの登場からだ。だれでも気軽にポスターサイズ以上のプリントを出せるようになった。以前はそこまで大きいサイズは特別なモノであり、値段も高かった。
次にやるグループ展では多くのメンバーが大判プリントで作品展示をする。かく言う僕の写真もかなり大きいんだけど。グループ展では出せる点数も少ないのでどうしても大きく伸ばしたくなるのが人情。表面的な技法にとらわれずに写真表現の本質を問わなければならない。

さて、そんなこんなで恵比寿から銀座に移動、休みのシメはやはり、身体を動かすこと。フィットネスクラブで死ぬほど汗をかいて、家に戻ったのはもう暗くなっていた。

何もしなかったような気がするけど、気分転換には良い休みだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.23

うまく行きません

Dsc00575朝から来週の撮影の日程変更の連絡。
新商品が出来ないと言うこと。
広告写真の場合、新商品を撮ることが多くて、工場生産や、開発が遅れていると、カタログの撮影に間に合わなくなってしまい、ギリギリのタイミングで撮影が延期になることが良くある。
今週もそんなことで撮影が延期になって、さらに結局、商品が出来ないので見切り発車でカット数が半分になってしまったと言うことがあった。カメラマンとしては「撮ってナンボ」なのでスケジュールを押さえておきながら、売り上げが少なくなってしまうと、非常に効率の悪い仕事になってしまうのだ。
ま、仕方ないけど、、、
来週も同じようで今日の時点で商品がどれだけ出来てくるのか分からない撮影を2本抱えている。
予想以上カット数が有ればオーバーフローするし、カット数が少なければアシスタント代も痛いという状況になる。まるで天国と地獄。
カメラマンは直前で撮影が飛ぼうが何しようが、キャンセル料は請求できないけど、ロケアシ、貸しスタにはそんなのは通用しない。キャンセル料をクライアントに請求できればいいけど、大抵はカメラマンの持ち出しだ。
つくづくリスクの多い仕事だと思う。
来週以降、かなり仕事がタイトなのでそれのスケジューリングだけでもうヘトヘト・・・
アシスタントよりもマネージャーが欲しい・・・

写真はそんな中、ホースマンのISSが修理から上がってきたのでそれのテスト。Phase Oneに繋いだワンショットケーブルが不調で、ず〜っと修理だった。買ったのは5月だがらかれこれ2ヶ月使えなかった。買った意味無いじゃん!
取りあえず、修理上がりは快調になったので良しとしましょう。
Phase Oneはここんとこ活躍する仕事がなかったけど、来週からはフル活用なので、がんばって貰わないとね。
060623

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.21

お寿司

_o0i3482昼から築地のお寿司屋さんで撮影。
数年前、ここのパンフ、POPなどを撮影したご縁で、今回、地下鉄の駅ナカにコルトンを作るというので、それ用の撮影を頂いた。
3年ほど前だったかな、以前の撮影は、、、確か買ったばかりの1Ds(無印)で撮影した思い出がある。ポスターにも出来るようにと言うことでデータを目のばしして、かなり大きい画像を納品した。当時、DVDを読めるPCもそれほど普及していなくて、CDRに何枚かに渡って納品したような気がする。
今回撮影してみて、あまりにあっけなく撮影が終わってしまい、自分でもビックリ。
3年の間、毎日のようにデジタル撮影をしているし、それなりのスキルってヤツを身につけたんだなと自分でも感心する。
最近はどんな撮影でもドキドキすることがなくて、、、ドキドキするのは朝早いロケで起きられるかどうかと、車で行って駐車場がないときくらいか???笑

さて、撮影もあっと言う間に終わり、最後にお寿司をごちそうになってしまった。店長のお任せコースで3500円。かなり量もあるし魚も旬なものを使っていて美味しい。。これで3500円は安いと思った。今度女房と来ようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロとして恥ずかしくない

Dsc00572フォトショップ本を久しぶりに買った。
本屋に行ったら平積みで「プロとして恥ずかしくない」シリーズが出ていた。
これはフォトショップの本だけど、あと、illustratorやDTP,WEBデザインなど、数種類出ている。

プロとして恥ずかしくない、、、う〜ん惹かれるフレーズだ。

内容的にも結構面白いし、実務的。ただ、設定画面の印刷が小さくて、ほとんど肉眼では判別できない。ルーペを使って見ているんだけど、ぼちぼち近距離を見るのが辛くなってきた年頃だなと感じてしまう。

フォトショップは使わない日がないくらい、よく使うソフトだけど、新機能や新しいやり方を勉強していかないとダメで、しかも、普段使わないやり方はあっと言う間に忘れてしまって、結局昔覚えたローテクなやり方に戻っていると言うことが良くある。
人間ってしょっちゅう使っていないものは忘れるように出来てるんだよね。たまにしか会わないクライアントさんと久しぶりに電話なんかあると「あ、どうもどうも」「ねえねえ、、」で名前を呼ばないでやり過ごすと言うこともあったりして。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.19

家での食事

00301久しぶりに家で夫婦二人の食事をする。
土日も仕事のことが多い僕たち夫婦なので、一緒にちゃんとした食事をする回数が少ない。まあ、いつまでもデート気分と言われればそうかもしれないけどね。
この日の食事には写真のような豆腐とサラダが出た。
豆腐は最近流行のヘンなネーミングのもの。買ってしまう僕たちもバカだけど・・・
サラダにはモッツァレラチーズを乗せたけど、どうもイマイチ。イタリアで食べるモッツァレラチーズは美味しいらしいけど、、、日本にはなかなか入ってこないというのが訳知りイタリア通の人からの受け売り。
日本で売っていて「これは美味しい」というモッツァレラチーズがありましたらご連絡を! 笑
00701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日Wendy'sにて

00201土曜日、金曜の夜にメールで送られてきた本番データの納品用を作って欲しいというオーダーを頂き、その作業をする。午後、ネット経由で納品が終わったのでお昼を食べに行くことにした。この浜松町という立地、土日はゴーストタウンと化す。食事も満足できないのだ。そんなことで土日に良く行くのがハンバーガー屋。幸か不幸か、この年になってもハンバーガーを食べることに何ら躊躇もない。さすがに週に3回以上食べると飽きるけどね。
そこで見たのが、このチラシ。
時給1300円ですよ。
すごいですよね。いかがわしい商売ならいざ知らず、まっとうな商売でこの金額。
昨今は人手不足で時給が1000円以上でないと人が集まらないというニュースは何度か見ています。この身近な場所でこの時給は正直驚きました。にもかかわらず、この時カウンターにいた店員はほとんどが中国の方。つまり日本人はやりたがらないわけです。
僕もロケアシなどを良く頼みますが、大抵は8時間で12000円から15000円の日当です。時給計算だと1500円。僕の場合はほとんどの撮影上の作業は自分でやりますからアシの仕事はロケだと荷物運び程度。この金額が妥当かどうかは個人の感覚に寄るでしょうが。確かに言えることはこの金額を払わないとロケアシは雇えないと言うことです。
人件費は負担として大きいですね。ただ、僕たちの業界はまだ夢を持って入ってくる若い人が多い分野です。人がやりたがらない仕事だと金で釣るしかないですから、この先も人集めは大変でしょう。
写真業界がいつまで夢を持ってる若者を引きつけられ続けるのかは分かりませんが、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

合宿

こんな事に・・・

「中部電塾夏の大合宿」

「来てくださいね〜」と言うメールを受け取ってから、ふとHPを見るとこんな事になっていた。
僕以外の人たちはかなりのお歴々・・・正直言って、僕だけ場違い??(^^ゞ

ゆっくり温泉でもつかりたい、、、、けど、7月はこの合宿もあるし、写真展もあるし、何よりも仕事がこの時期に数本のカタログを撮影する予定なので死にそうに忙しいと予想される。死なない程度にがんばります。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15

藤井秀樹先生

今日は撮影がないので個人的な用事でキヤノンに行く。
銀座の地下にはプロ相手のサロンがあって、そこで相談に乗って貰っていた。
そこに現れたのが藤井秀樹先生。
ビックリしました。
スタジオに勤めていたときには藤井先生の撮影にはイヤと言うほど(笑)入りました。もう25年も前です。藤井さんも50になるかどうか位だったと思います。もう70過ぎですから・・
キヤノンにやってこられたのはご自身の作品のプリントのため。30年ほど前の作品をプリントして加工してそれをスキャニングして、、、手の掛かる作品を作っておられました。ご自宅に3台のプリンターをお持ちで、この日のプリント結果が良ければもう一台、ipf5000を買うと言うことでした。
「老いてなお盛ん」・・・失礼ですけど、そんな言葉が浮かぶほど、いまでも写真家でした。

改めてご挨拶したら「どっかで見た顔だと思ったよ」と笑っておられました。
写真に対しての姿勢を直に学べたのは藤井先生からでした。

なまっちょろい自分を省みると、その場に同席しているのも恥ずかしいくらい。。。
まだまだがんばらないとダメですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.14

サッカー

それにしてもサッカー漬けですね、日本って、、
僕はサッカーにはまったく興味がないので、イイ迷惑、という感じの今日この頃です。テレビのみならずラジオも点ければ「残念でした・・・」みたいな番組ばかりでいい加減うんざり。昨夜のNHKの視聴率は瞬間で60%以上行ったとか・・見てないのはうちだけか??笑
何でこんなに騒ぐのか?まったく分かりません。みんなマスコミに踊らされ過ぎじゃありませんか?もう少し冷静になりましょうよ。
僕自身は周りが騒げば騒ぐほどヒイてしまう性格なのでしばらくはジッとガマンか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.10

アインシュタイン

「偏見とは、18までに身につけた常識のコレクションである。」
アインシュタインの言葉らしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダンテ

「地獄への道は善意で舗装されている」
ダンテの言葉らしい。
先日の撮影で某協会の会長を撮影したときのお話しに出てきた言葉。
地獄の門の作者。いろいろ考えさせる言葉だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.09

梅雨入りですね

_k2d517301雨ですね。
上の写真は仕事で行った新橋の俯瞰の景色。ちょうど雨が上がったときでした。

昨日の夜も雨だったので、事務所に自転車を置いたまま帰りました。今日も朝から雨だし、自転車通勤にはつらい時期になります。
高校時代、やはり自転車通学だったんですけど、その時は遠い学校に行くのに他の交通手段がなかったから、3年間、自転車に乗っていたわけです。片道20キロ。良い運動になりました。
今は自転車で15〜20分位だし、雨が降ったら女房の車に乗せて貰うとか、山手線に乗るとか、いくつかの手段があるので、「どうしても」自転車でなくても良いので気が楽ですね。深夜まで事務所で仕事したあとはタクシーで帰ると言うことも多いのですが。。。
事務所には自転車置き場がないので、折りたたんでこんな感じで片隅に置いてあります。
最近、もう一台、事務所用に自転車が欲しいなぁ〜と思う今日この頃。
事務所には昔から使っている自転車が一台あるんですが、各部のヤレがひどいのでパーツを買って自分で修理しようかとも思ったのですが、数万円も出すと結構良い自転車が買えるので、どうしようかと思案中。。。使えるものを捨てるのももったいないけど、かといって、時間もないし、パーツを揃えると高いし。。。
女房の許可が下りたら買おうと思います。笑
Dsc0055301

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.07

時間がぁ・・

Dsc0053701朝からお台場でロケ。上の写真は僕たちとは関係ないけど、撮影現場に来ていた別の撮影チームのクルマ。

今週は月曜からヘビーで、、
というか、土曜日のロケ、そして日曜の電塾勉強会が10時間で土日も休み無しで、月曜は某メーカーのお菓子詰め合わせの撮影、火曜日は某遊興産業のキャンギャル18人イッキ撮りと、厳しい状況。
月曜日は8カットの撮影で撮影時間8時間、画像修正、合成作業が1カット1時間かかるので撮影後から更に8時間かかって納品にこぎ着ける。数時間寝て、翌日のキャンギャル撮影のためにスタジオ恵比寿に行って、戻りは20時。そこから撮影データの整理。疲れたのでそこそこにして帰ったけど。
今日はお台場でクルマの撮影。
午後には終わって、データを取り急ぎ作り直して、ネット経由で納品。
あたふたしながら銀座のキヤノンに行く。というのは夏の写真展の打ち合わせもあるし。。。打ち合わせもそこそこに、事務所に戻ってキャンギャルのデータを作る。
15GB位のデータ量があって、そこからselect。500カットくらいに絞る。それをRAW現像するためにデータのパラメータをいじるわけだけど、後数カットで終わりというところで、なんとキヤノンのRAWデータ現像ソフトのDPPが落ちた・・・
500カットのパラメータが記憶されていなくて修正に要した1時間以上の時間が無駄になってしまった。
やる気にならなくなってしまったので夕飯を食べに行って、そのあと気を取り直してデータをやり直すことにして、やっと今、現像を始められました。あとは現像待ちだけ。
Dsc0053901これは今日の撮影のPeugeot。新車なのでナンバーが無くてこうやって運んでくる。
Dsc0054001
もう、マウスを持つ右手も力が入りません。モニターを見てると気持ち悪いです。(^_^;)

かといって、やらないと納品できないし、誰もやってくれないし。。もう少しがんばらないとね。
Dsc0055001ロケのあとはお台場でランチ。
勉強会か、仕事でしか、お台場って来ないけど、女の子とデートで来てみたい・・・笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.03

作品撮り

Dsc0047601朝から横浜で撮影。
お相手はコレクターで有名な北原さん。ブリキのおもちゃ博物館での撮影になった。
お話しがスッゴクいい話で、久しぶりに「お会いして良かった有名人」という感じだった。仕事柄、有名な人には会う機会が多いけど、会わない方が良かったという人もタマ〜にいたりして、、、人間には表の顔と裏の顔があるし、誰しも虚像というもう一つの自分を持っている。カメラマンとして仕事で有名人を撮るときは、だいたい世の中に認知されている虚像の方を撮らないと仕事にならないことが多い。もちろん、「この人の意外な面が、、、」という時もあるだろうけど。

昼前に終わって、午後からキヤノンの写真展に出すための写真を撮るため、ある場所に行く。
モデルとしてお願いしているのは服部真湖さん。以前より個人的にお付き合いさせていただいていることもあって、まったくプライベートでの作品撮りをお願いした。お願いしたときは「ダメと言われるかな??」とちょっとドキドキだったけど、メールを出したホンの数分後にOKの連絡を頂いたときはうれしかった。

今日はある場所まで僕が行って、そこにセットを組んで撮影するという段取りだった。
ヘアメイクさんも頼んでの撮影になったので、いつもの作品撮りとは違い大がかりになってしまった。相手が有名な方の場合、そこらの公園で、と言うわけにも行かないし、、、今回撮りたかったのは着物の撮影なので、それなりの場所が必要だったし。

撮影はまずまず・・
ただ、カメラの調子が悪かった。PowerBookに1Dsmk2を繋いで撮影の予定だったけど、途中でデータが送られていないなどトラブルが発生。当然、予備機のもう一台の1Dsmk2に変えて撮影してみたが、これもダメ。ケーブルの予備もあるのでそれも交換して試すが、やはりダメ。結局、直結撮影はあきらめてスタンドアローンの撮影になってしまった。
やれやれ、、、
今週は撮影が立て込んでいるし、外スタでMac持ち込みの撮影もあるので、どうしたものかと思っている。
このところ、Mac関係ではOSをはじめ、QuickTimeのアップデートなど、不確定要素が続いている。不用意にいろいろなアップデートをしたせいかもしれない。
外スタにはノートとiMacG5の2台を持ち込む予定だけど、両方ダメだったらシャレにならないなぁ〜。
Dsc0047701

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.01

EOS digital works 2006

Eos_a_1夏にグループ展をやることになった。3年前にキヤノンでやったデジタル戦士の第2回、と言う趣の写真展だ。
メンバーはデジタルウェンズデーのメンバーの16人。
僕は当初、違う写真を出す予定だったけど、撮り直すことにした。撮影は今度の土曜日にやる予定。

取り急ぎ、ハガキを作らないとならないので1案としてこんな写真を撮ってみた。写真展の名前がキヤノン寄りと言うこともあって、思いっきりキヤノンしてます。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/31ばったり

昼から代々木で撮影。
僕の聞き間違いか、予定よりも時間が掛かって終了。
すぐに事務所に戻り、データをMacに入れて、銀座に向かう。
というのはキヤノンのProサービスでデジタルウェンズデーが有るため。と言っても、通常のウェンズデーならそんなにがんばって行くこともないんだけど、夏にやるグループ展の打ち合わせがその日にあったため、極力顔を出したかったのだ。
で、がんばって行っても、あまり収穫はなかったかな??
今回は16人のプロカメラマンでの写真展になるんだけど、どうしてもまとまりがない。打ち合わせも仕事で来られない人が多いし。各自の思惑、価値観はバラバラで、この先どうなることやら・・・

で、それも終わり、まだ早いからビックカメラにでも行って帰るかぁ、とキヤノンから有楽町方面に歩いていくと、ばったり以前会社で一緒に働いていた先輩Kさんに会ってしまった。先輩Kさんは以前のこのブログでも書いたと思うけど、僕と同じようにその会社を辞めて今はフリーのカメラマンとして仕事をしている。
立ち話も何だから、飯でも食いながらと思って、お店に入って話し始める。
お互いの仕事、知り合いの動向、業界の話、、、写真の話ばかり、、、気がついたら11時30分くらいになっていて、お店の人に返って欲しいと言われる位の時間になっていた。
僕の歳が45,その先輩Kさんが52歳。お互いこの先の生き方、仕事の方向性を考えないとならない歳になってしまった。先輩Kさんは「次の一手」を模索している。気持ちは僕も同じで、今ある仕事に安住していないで、次の展開を考えないとならない。
僕自身、飲むのが苦手で、友達も居ないので、このように差しで飲むのはスゴク珍しい。しかも数時間という時間が気にならなかったのは女の子と飲んだ時以外では初めてかもしれない。
カメラマンという商売は外と内が違っていて、飲んで話をするとみんな何らかの思いを持っている。自分だけじゃないんだな〜、とホッとする時でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »