« desktop | トップページ | ホットスポット »

2006.01.16

サンスター「モノスターX4」

IMG_0010サンスターというストロボメーカーのモノブロック型ストロボ「モノスターX4」と言うストロボを買った。

プロが写真を撮る点で決定的に違うのは光源。数十年前からこの業界ではストロボを使うことが一般的になっている。その中でも、主にプロカメラマンが使うのが、いわゆる「大型ストロボ」といわれているもの。
ストロボについては、ぼくのHPに多少詳しく書いてあるので、そちらを見て欲しい。ユーザーの視点から大型ストロボを語っているHPは少ないので、その点でも稀少かな?

僕はロケ用にモノブロックを使っているけど、モノブロック型で最初に買ったのはプロペット、次にコメット、そして今回初めてサンスターというメーカーのものを買ってみた。

IMG_0012
これについては、時間が出来たらHPにまとめてみるつもり。

このブログでは簡単に。。。>時間が出来れば良いんだけど、、、今日も3本立ての撮影で、この先どうなることやら・・・
IMG_0032この写真は、手持ちの3種類のモノブロックを並べてみたところ。
それぞれの性格の違いを感じられる。もちろん、発売時期も違うので、一概には語れないけど。

今日、2本目の撮影がブログの女王、真鍋かおりさんの取材だったけど、そのロケにサンスターX4を持っていったが、、、、これは取材向きのストロボではないなと感じた。重いし、大きいし、ファンの音が大きすぎる。
X4はモノブロックの形をした大型ストロボという位置づけが正しい見方だと思う。値段も同程度の出力のものに比べて2倍近くするので、取材の多いカメラマンにはその意味でも向いていないと思う。

今日のところはこんな感じで、、、近いうちにスタジオ用のストロボも一部入れ替える予定なので、このX4を少し買い足すかもしれない。でもこれを2,3台買うなら、大型ストロボを買うのと金額的に変わらないので、考慮中・・・

|

« desktop | トップページ | ホットスポット »

コメント

もしかしてデイライトハロゲンですか?
そのためにこの大型(?)モノブロックなのでしょうか。

投稿: WongTang | 2006.01.16 23:33

WongTang さん、あちこちでお世話になっております。

ご覧の通り、デイライトハロゲンです。このものブロックの特徴の一つですね。X4は最小出力で6wsまで落とせます。ここまで落とせるストロボ数えるほどしかないはずです。>僕の知っている限りではナンバー1かな。もちろん、ナショナルなどの電池型のストロボは除いてですが。
光量を絞ったときにモデリングランプの影響が少なくなるようにデイライトハロゲンを採用したと思われます。ただ、200Wのハロゲンランプなので、その分かなり明るくて、モデリングランプの光量も一番絞ったとしても6wsで使うときには少なからず影響があります。>色の変化ではなくブレとか絞りの変化など。
そんなこともあって、少なからず中途半端な位置づけのストロボになっていると感じます。ただ、この位置づけのストロボは競合が居ない、ニッチ的はポジションなので、ある種のカメラマンには喜ばれると思います。>フリーカメラマンで35しか使わない、雑誌などがメインのジャンルのカメラマン。
値段が、、あと2、3万くらい安ければ良いストロボなんですけどね。。。

投稿: tats | 2006.01.17 00:10

なるほどそうでしたか...
人物でスローシンクロなんかも面白そうですね。
6Wで使えて普通(?)のワット数のモデリングがつかえるなんて、
スペックだけみるとニッチどころかメジャーな気が。

よさそですね...買いたくなってきました。

投稿: WongTang | 2006.01.18 07:26

こんにちは 湯浅様
x4はウチにも1台あります。 
確かにモノブロックでは大きいですファンの音は
コメットに比べて大きいです。 
この機種の難点は最小出力時に色温度が5000k
以下になってしまう事。 かなり赤くなります。
あと大きく重いのでブームの先端に付けるのは
ちょっと怖いですね。 但し性能は悪くないです。
電源の安定性や耐オーバーヒート性はコメットの
モノブロックよりあると思います。
小出力用としてX483A2というジェネもサンスター
からは出ていますが、480Wに21万円はちょっと
なので買いました。

投稿: Daisuke Kudo | 2006.01.18 12:28

おはようございます。
新藤さんの所からやってきました。
私は 通常は舞台のバレエ写真を撮影しているんですけど、発表会の撮影では、ホールの片隅で
人物も撮っています。
モノブロックタイプのストロボを検討していまして、情報収集中です。
時々 おじゃましますので ストロボの記事等
更につっこんで書いてくれると うれしいです。
よろしくお願いします。

投稿: PLIE | 2006.01.20 10:44

皆さん、どうもです。
ストロボの件は書きたいこと満載なんですけど、、、
新しいデジカメの話や、新しいソフトの話よりよっぽど面白いと思うんですけどね。>というか、プロ向きというか。
X4はたぶんですが、電圧調光タイプだと推測しています。色温度の落ち具合から。ブツ撮りの場合、パワーを換えると色も変わるストロボは使いにくいので、僕の場合、コンデンサー調光タイプを買うことにしているのですが。
ただ、コメットではコンデンサー調光タイプのストロボがディスコンになってしまい、もう手に入りません。
ミノルタやNikonのように「儲からないから辞める」という単純明快な論理になっていますね。>もちろん僕も経営者なので利益のでないものを続けていくことは出来ないでしょう。
来週、コメットのストロボを2種類、手に入れる予定です。それについてはまた今度書きたいと思います。

投稿: tats | 2006.01.20 19:51

「こねこ」というオヤジです。
皆さん、お仕事ご苦労さん。

その昔、銀座にある1丁目の店、
ある意味では有名ですが…。
もしかして値段が高い、とか?
そこの例のサマーバーゲンで買った
プロフォトのコンパクトプラス600、
もっぱらSDのジギーバンクでやってます。

このバンクに新品のディフューザー、
ミノルタで計って5100ケルビンぐらい。
アバウトな「こねこ」は安心して
どこでもロケにいっちゃてます。

ドイツ、台湾、韓国など「200V」も
だいじょうぶ!でした。
台北のホテルなんか、100Vらしき
コンセントがあって、モデリングは
日本の球のまんま、スイッチいったら
妙に明るい!?ので慌てて怪しいコンセント
から電源抜きました、けどプロフォトなので、
破壊されません。
このストロボ、ヒューズないんです。

パワー、しぼればポートレート、
料理とかフル発光で。
もっぱらEPRで撮ってます。

やたら色温度が高い彗星さん、
私は「青い」の疲れます。
リーとかロスコも
「もーいや!いや」なので
生焼けディフューザー、
焼けまくりディフューザーとかで
適当にやってます。
ディフューザー、捨てないでよかったー。

メールアドレス、ご遠慮します。

投稿: こねこ | 2006.02.02 03:21

返事が遅くなりました。すみません。公私共々多忙になってしまい・・・
ストロボの件は誰に対しても強要する話ではないですのでご理解下さい。
結果が、撮った人が満足すればそれで良いのが写真ではないかと思っています。ただ、求めるものが人それぞれで、それぞれに違うアプローチがあり、正解はないのだと思っています。
コメットが青く(色温度を高め)しているのは、照明器具(バンクボックス、傘など)を買ったきり何年も交換しないユーザーが多いのでそれに合わせてあるのかなと推測(邪推)しています。ただ、新型のヘッドはグローブ一体型となったのでグローブの分色温度が下がります。このヘッドを使う組み合わせだとそこそこの色温度になりますね。
コメットのユーザーは営業写真館系が多いと思われますので、ネガを使っていれば色温度はそれほど気にすることもなく仕事できてきたという歴史背景もあると思います。

それとですが、メールアドレスを僕のアドレスを入力するのはお辞めいただきたい。アドレス入力がお嫌でしたら、でたらめなアドレスでも大丈夫ですので、そうして下さい。

投稿: tats | 2006.02.11 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンスター「モノスターX4」:

« desktop | トップページ | ホットスポット »