« あっと言う間の1日 | トップページ | 結婚 »

2006.01.22

久しぶりに

R0010311-01久しぶりにジナーを出しての撮影。
雪も降っていると言うことでアルミの機材は冷え切っています。
久しぶりの4×5の撮影で、フィルムを当日買いに行くというドタバタでしたけど、やはり、4×5での撮影は「撮っている」感が有りますね。
それと、撮影後、現像に出しに行って終わりというのが、何とも新鮮!(笑)
いつも据え付けているデジカメをはずしてジナーのセットをするので撮影開始、撮影後で時間が掛かるのが難点かな。それと、気楽にシャッターを押せない点。デジタルは「取りあえず撮ってみる」というのが染みついてしまっていて、緊張感がないです。
レンズやカメラが生産中止になっていくフィルムカメラ業界ですが、このまま無くしてしまうのは
何とも残念ですね。

|

« あっと言う間の1日 | トップページ | 結婚 »

コメント

シルバーのP2(?)ってシブいですね....
意外(ごめんなさい)にもベテランだったんですね。
プロフィールカットがお若い(といっても僕よりは上)
のでびっくりしました。

モニタでみるデータ写真よりビューワーでみるポジのほうが
ダイナミックレンジが狭いと思うのは間違いなのでしょうか? たまーにあるポジ撮影のとき、一発目ポラでみたときに、「か、硬い...」とよく思います。

たまにくるポジ仕事で一番アレなのは、売り掛けにしてある
ラボの白い目...ほんと請求ゼロって月もありますよね。
そんな中、135で一本とか出しにいくのがツライ...

投稿: WongTang | 2006.01.22 16:40

結構、歳、行ってます。(笑)
この業界に入って25年になります。カメラマンになって20年。。。無駄にキャリアだけが長いです。
ジナーはただのPです。黒くなったのはP2からですから。
若い人にはPも珍しくなって来ているんでしょうね。ちなみにここでも紹介した三脚のハスキーもシルバーのものを使っています。
ダイナミックレンジですが、フィルムのレンジはあなどれないですよ。特にオーバー目に転ばしてもなかなか飛びきれないので女性を撮るときは意図的にオーバーにするのが常識ですね。アンダー側も黒の中の黒がちゃんと存在しています。
まあ、それが次の段階(プリントとか印刷とか)になったときになくなっていることが多いのですが。

投稿: tats | 2006.01.22 21:47

ってことは...などと計算してしまいました!
すごいですね。いつも新しい事にチャレンジしているし、
キャリアがあるのに若さも持っていて...
ポジ世代(?)なのにデジタルに抵抗がないどころか先駆者的。

製版をすぎたらレンジが狭くなるってことは、
データで撮影しても結局は縮められる、もしくは縮めないと
CMYKでの再現が難しいのか好ましいのか...

ハスキーのシルバーってのは初めてです!
アシスタント時代でもみんな黒か使い込みすぎてシルバー風
かでした。

投稿: WongTang | 2006.01.23 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/8278936

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに:

« あっと言う間の1日 | トップページ | 結婚 »