« tune-up | トップページ | desktop »

2006.01.11

ニコン

フィルムカメラ製品のラインアップ見直しについて
こんな日が来るなんて、、、
フィルムカメラの生産縮小は仕方ないと思う。でも、大判レンズ、引き伸ばしレンズを止めることはないんじゃないかと、すごく残念に思う。
この1年くらいが、あまりに急速にデジタル化に波に洗われてしまっていると感じる。どこの観光地に行っても、熟年、ご老人まで持っているカメラはほとんどデジタルカメラになってしまっている。かく言う僕も、フィルムをほとんど使っていないので、偉そうなことは言えないけど・・・
自分では使わないくせに、メーカーには作っていて欲しいと思うのは、自分勝手すぎるんだろうな。

|

« tune-up | トップページ | desktop »

コメント

中判や大型もそうですが、データの保存という事を考えたらデジタルは非常に怖いですね。あと20年くらいでデータが消滅(色々な意味で読み出し不能)している恐れがある。フィルムだって無限に安全じゃないですが、それなりに保存しておけば将来も読める。印刷物も同様で、墨は1000年経っても読めるが今の紙は絶対に駄目。

未来から見た20世紀から21世紀は、情報が何も無い暗黒時代と見なされるってな空想小説がありますが、マジでそうなるかもしれませんねえ。

投稿: Shimizu | 2006.01.12 01:55

Shimizuさん、今年もよろしくお願いします。
データの保存は、ホント、そう思います。
ある意味、仕事のデータは一定期間を経ってしまえば無くても良いのかも知れませんが、プライベートな写真データなどは、時が経てば経つほど価値が出てくるものもあります。
すでに熟年層の旅行用のカメラがデジタルカメラになっている今、プリントでもしておかないと年単位まで行かない間に無くなってしまうと思います。
iPhotoなどのアルバムソフトでそれを管理するのも良いですが、読み出し不能という時代も来るでしょうね。
やっぱ、フィルムか???(笑)

投稿: tats | 2006.01.15 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/8118295

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン:

» ニコン、フィルムカメラ製品のラインアップ見直し。 [ギンエンジン〜銀塩カメラ情報のサイト]
ニコンは11日「フィルムカメラ製品のラインアップ見直し」を発表した。存続するのはF6,FM10ボディとAFレンズ、MFレンズの一部。 [続きを読む]

受信: 2006.01.12 09:40

« tune-up | トップページ | desktop »