« Phase One C1 pro update | トップページ | 寒いですね »

2005.12.17

通夜

携帯にその連絡を受けたのは水曜日だった。
知り合いの編集者がバイクで事故に遭い、亡くなられた。
あまりに突然で声を失う。同姓のまったく別人の間違いではないかとさえ思う。
金曜の夜、その方の通夜があった。
少し遅れ気味で会場に入った僕の目に彼の笑っている遺影の写真が飛び込んできた。
「ああ、ほんとうに、ほんとうだったんだ」
改めて突きつけられた現実に呆然とする。

33歳だった。編集者としても一人の人間としてもこれから、、、これからの年齢だ。
自分よりも若い人の訃報は精神的に落ち込ませる。しかも一緒に仕事をしてきた「戦友」とも言える人の死で、なおさら気分がめいる。

花を手向け、会場の出口でご両親、ご親族の方に頭を下げたが、お父様の顔を見たとたん、涙がこみ上げてしまって、すぐに出てしまった。穏やかな顔で弔問客を迎えておられたが、その心中を察すると直視できなかった。

人の死によって自分の生き方を振り返ることをするのは、何とも残念だが、生きていることのありがたさ、家族と居ることの幸せを感じる。

|

« Phase One C1 pro update | トップページ | 寒いですね »

コメント

身近な人が突然死ぬって、ショックですよねえ。

私も昨年の暮れ、しばらく音信の無かった会社員時代の友人が死去したという通知をもらって(実家が送ってくれた)、しばらく何も手につかなかった事があります。元気だった頃のその友人の写真などを多数実家に送ってあげる事くらいしか出来なかった。世の常とはいえ、年齢を経るに連れてこういう経験も増えて行くんでしょうね、きっと。

投稿: Shimizu | 2005.12.19 01:59

Shimizuさん、いつもありがとうございます。
生きているのが当たり前に感じている事に気がつかされますね。今日の次には明日が来るのが当たり前、、、そうではないんだなって。
僕ももう数年前から祝い事より葬式などに出席する回数の方が多くなってしまいました。まあ、仕方ないですね。お付き合いも広がりますし、みんな歳を取っていきますから。

投稿: tats | 2005.12.19 09:47

私も、今年、2歳年上のいとこが脳腫瘍で亡くなったという知らせを聞いた時は、落ち込みました。
15年飼った猫も、今年初めに死んだのですが、それも思い出すと悲しくなります。
合掌。

投稿: Gatto | 2005.12.19 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/7660473

この記事へのトラックバック一覧です: 通夜:

« Phase One C1 pro update | トップページ | 寒いですね »