« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.31

ブログ

先日のキヤノン忘年会のことが伏見さんの所にも書かれている。
MASHのブログ
ブログ流行りですね。
この伏見さんの所は更新が頻繁で、ロケ先からも携帯電話で写真撮って、そのまま携帯で更新するということもやっているくらい。写真家としても、APAでも、僕の尊敬する先輩カメラマンで、失礼ながらご年齢も50代の人がここまでやっているというのは、自分はまだまだだなと思わせる。

キヤノン忘年会でもいろいろな人に言われた。「見てますよ。お忙しそうで・・・」と。
まあ、僕に限ったことではないと思うけど、自分のブログには自分が不利になるようなことは書かないのが基本。だから、目立った出来事(たとえば仕事)なんかの話ばかりになって、いかにも仕事が忙しくて、、、みたいな錯覚を与えてしまう。
僕もそうなんだけど、ここで紹介したカメラマンの方々(新藤さん、伊藤さん、小城さん、そして伏見さんなどなど)、毎日のようにそのブログを見ている。自分が仕事のない時に思うのは、、、「はぁ〜、みんな忙しそうだなぁ、、、俺ヒマなのに。。。」と却って気分の落ち込みが激しくなる。
たぶん、その逆もある話で、僕のブログを見たカメラマンが「忙しそうだなぁ〜、何で俺には仕事がないんだろう・・・」と思うこともあるんだろうな。

キヤノン忘年会にでて、いろいろなカメラマンと直接話せると、自分だけじゃなくてみんな同じなんだな、と横並びの安心感を感じられた。>かなり庶民的(笑)

カメラマンの皆さん、安心してください。僕は来年の10日まで仕事がありませんから。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.28

年の瀬

CIMG1227-01今日が今年最後の撮影だった。
飛び込みで1カット、別件の撮影が入ったので、今年最後の割には2本立て。
そのあとに、事務所の蛍光灯を交換する。
銀一で色評価用の蛍光灯を買ってきて、事務所内すべての蛍光灯を変えていく。今まで使っていたのももちろん色評価用の蛍光灯だったけど、すでに3年以上使ってきているので、そろそろ替え時。

ちなみにモニター前の机の上でミノルタの露出計で環境光の明るさを計ってみた。
交換前 絞り f8.0-9(1sec ISO100)
交換後 絞り f11-1(1sec ISO100)

と、0.2絞り明るくなった。人間の目ではそんなに明るさが変わった気がしないけど、やっぱり違うもんですね。

それにしても、なんで年末になると蛍光灯を変えたくなるんですかね??うちの実家も昔からそういう習慣で、オヤジが家中の蛍光灯を換えていたもんです。
明るく新年を迎えるって、東芝か、松下の宣伝がすり込まれているのかもしれませんね。

CIMG1228-01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

キヤノン忘年会

CIMG1225-01Gattoさんへの返信でも書いたように火曜日は毎年恒例のキヤノンの忘年会だった。
この忘年会、キヤノンにプロ登録されているプロ会員が年に一度、集まって来るという世間的には珍しい忘年会。
以前APA会長だった藤井秀樹先生をはじめ、現APA会長の長友先生、現JPS理事の木村先生、デジタルフォト界からはモッチーこと望月先生、フォトショップマスターの永嶋先生、スポーツ写真界からは水谷先生、薬師先生など、そうそうたる顔ぶれ。

それにしてもいつも思うのは、この日に忘年会があるという連絡、どうやって来るんだろうか?ちなみに僕クラスではこっちからしつこく聞かないと教えてくれない。先生クラスになると事前に連絡が行くんだろうな・・・僕もそうなりたいものです。

さて、写真はクルマ関係の撮影のエキスパート伊藤さん。ネット界での有名人、新藤さんのところのオフ会で知り合った仲だ。オッサン同士で撮り合いって、、、あまり美しくない光景ですね。。。(笑)最近のお気に入りのリコーGRデジタルを持っていて、ちょっとうらやましかった。写真家伊藤さんの日記

はぁ〜、またコンパクトデジカメが欲しくなってきてしまった・・・

CIMG1224-01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.12.26

クリスマス

R0010261-01日曜日、我が家ではクリスマスだった。
働き者の女房はクリスマスとか関係なく仕事、、、、(笑)、そんなことで、多少早く帰ってきた日曜日に二人でクリスマスの夜を過ごす。
といっても、僕がフィットネスクラブの帰りにダイエーでステーキ買って、ローソンでケーキ買ってというささやかな夕食なんですけど・・・買い物したのは夜も9時頃だったので、すでにめぼしいケーキは売り切れ。僕的にはカットケーキではなくて、ホールのケーキにしたかったので、駅前のケーキ屋を2軒ハシゴして探したんだけど結局無くて、ローソンでケーキを買ったという次第。
せっかくホールのケーキを買って帰ったのに、女房には「そんなに食べられるわけないじゃない」と一喝されてしまう。。。女性的にはコンビニで買ったホールのケーキよりも、有名店のカットケーキの方が良いみたい・・・オトコはそう言うの、分からないんだよね。
まあ、なんだかんだ言いながら、ロウソク立てたりして、楽しみましたけど(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メンテナンスその2

R0010267-01戻ってきたCG18を箱から出してデスクに置いてみた。
デフォルトでこれだけ色が違うというのはすごいと思った。この状態からキャリブレーターで調整していくとまあまあの差になってくる。EIZOで再調整を受けて戻ってきたCG18だけど、結果的に言うと大差はない状態だと思う。まあ、でも、やれるだけのことはやったのだから、自分的には満足かな。

そんなことよりも、スタジオの撮影専用iMacのモニターがおかしい。
写真のように下半分が暗いのだ。
気がついたのは1,2週間前だったけど、使っているうちに明るさが元に戻るので、当座はそのまま使っていくことにしていたが、先週くらいから最初から最後まで暗いままだったりして、「こりゃ、修理だな」と思っている。

といっても、修理している間、撮影に支障が出るので、どうした物か?と考え中・・・

たぶんだけど、もう一台Power Mac G5を買うことになると思う。この半年間、取り込みようにiMacを使ってきたけど、いくつかデメリットが気になってきた。まずはこれを据え付けているカメラスタンドの重さが重すぎる点。アングルを探すために多少動かないとならないのに、重くて動かしにくいのだ。それと、撮影時に軽快に画像確認が出来ない。これはiMacのパワーの問題。所詮、一体型では重たい撮影データを軽く表示させるというのは無理だと思う。
ということで、近いうちにG5をもう一台買うと思う。2.3にするか、Quadにするか、すごく悩んでいる。

とりあえず、G5が来たら、iMacを修理に出す予定。それまでは下半分では明るさが見られない・・・(笑)

R0010264-01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

クリスマスエアロ

CIMG1216-01久しぶりのエアロネタ。
毎年恒例の児玉インストラクターのクリスマスエアロが日曜日にあった。
日曜は昼から事務所に出て、年賀状の準備をしていたので、エアロビに行けたのはかなりギリギリ。TOMOKOチャンのブログでもすでに衣装を準備していたということを知っていたけど、僕の方は相変わらず、行けるかどうか、微妙だったのでノー準備状態でスタジオ入り。結局、仲の良い京子ちゃんから帽子を貰って、何とかカッコは付いた形になった。>ありがとう!京子ちゃん!
この浦安を引っ越すので、僕にとってはエアロビクスでこれが最後のクリスマスイベントになると思う。本当に楽しいレッスンを過ごさせていただいた。皆さん、ありがとう。
実際、あと数回でここにも来れなくなると思うと、エアロしながら涙が出てしまったりしてたんだけどね・・・、これも一期一会。また次の地に引っ越しても、良いクラブに巡り会えると良いんだけど。。。どうなることやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨てました

R0010258-01クリスマスなんだけど、女房は仕事なので、ひとり・・・なので、来月の引っ越しの準備を少しずつする。
写真の整理を始めているが、昔のポジが大量に出てきてしまい、どうしたものかと、かなり迷ったけど、ほとんどを捨てることにした。10年以上も前の仕事の残りポジがほとんどなんだけど、有名人を撮っている物は少し残したけどあとは心を鬼にして処分。たぶん、この先も見ることはないだろうと思って。まあ、僕が有名カメラマンになったときには「回顧展」とかで陽の目を見るかもしれないけど、この分ではそんなこともなさそうだし、、、(泣)

といいつつも、高校時代からのモノクロネガとかは捨てずにそのまま持っていく予定。仕事のは結果的に印刷物になっているし、それをスキャンしておけばいいかなと思って。

僕もこの写真界に入ってすでに20年以上になるので、それなりの過去の仕事の成果があるんだけど、今更それを営業に持っていくのもはばかれるくらい、古い物がある。結局、残しておいても何の役にも立たないので、いつかは処分しないとならないだろう。かといって、なかなかね、、、、捨てられないです。

このポジの他に、データ化した物もあるんだけど、128MBのMOだったりで、これもヒマなときにコピーし直さないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

maintenance

今日は撮影がないので比較的ゆっくり。
昨日撮ったデータを今日中に納品すればいいので、午後からで良いかなと思って。
先日の棚を整理したときに、あまり使っていなかった腕時計が出てきて、、、と言っても、もちろん忘れていたわけではなくていつかはどうにかしないと・・・と思っていた。
腕時計は以前のウェブ版日記をお読みの方なら知っていると思うけど、フリーになって数年後、自分へのご褒美と言うことで買ったのがオメガのSeaMasterと言うモノ。その後、もう一つオメガを買ってそれがいつも使っているスピードマスター。両方とも自動巻なんだけど、普段腕に付けていないとどうしても巻きが弱くて止まってしまう。そんなこともあって、いつも使ってしまうのがスピードマスターの方でSeaMasterは引き出しにしまったまま、たまに使うとやはり止まるのでまた使わなくなるという悪循環を繰り返していた。

この手の時計は定期的なmaintenanceをしないとならないのは、時計好きの常識。
だけど、現実的にメンテをしている人は少ない。というのはmaintenanceに出すと金額で言うと3〜5万くらい、日数で2週間くらい掛かるからだ。僕の持っているオメガクラスだと10万ちょっとで買えるものだけど、それに3万のmaintenanceをするのは、余程の「好き者」だと思う。
だけど、せっかくその時計と巡り会った運命と、手を掛ければ長く使えるモノを使い捨てて行くという罪悪感を感じて、maintenanceに出すことにした。

どこか安くやってくれるところはないか?とネット上で探したお店は御徒町の東京美宝というお店。金額的に2万ちょっとでメンテナンスできると言うことで、今朝出してきた。
年末と言うこともあって仕上がりは1月末位になるようだ。ま、二つあるのでゆっくりやってもらうことにする。

次に行ったのがアップルストア銀座。
女房用としていたiPodminiを修理に出すため。どうも調子悪いので、これも良い機会だから修理に出してみる。
アップルストア銀座では持ち込み修理も可能なのだけど、それの順番待ちをネット上で行う。要領が分かればどうと言うことはないんだけど、ちょっと面倒。。。電話受付してくれた方がやっぱり良いかな。
予約した時間に2Fに行くとすぐに対応してくれる。
カウンターに付いたとたんに、受付のお兄さんから、「あの〜、湯浅さんってカメラマンですよね?」と声を掛けれれる。「何で知ってるの?」とおもって聞いてみたら、僕のホームページを見ていてくれている人だったと言うこと。しかも、僕がニフティでよく活動していた時代からだという。いや〜。悪いこと出来ないです。(笑)

さて、症状は丸形のトラックパッドの反応がにぶいというモノだったが、カウンターで試してみると問題ない。。。5分らくらいいじっていると症状が確認できたので修理対応していただくことになった。
で、その修理というのが、なんと、新品と交換!!
もちろん、ミニは新品で売っていないので、補修品として保存してある新品と交換になる。ちなみに注文時に裏に刻印をしているモノは預かり修理になる。
期せずして新品になってしまったiPodminiだけど、これは車用、フィットネスクラブ用にするので、当分は使わないかな・・女房用にはもう一台のiPodminiを使っているので。

さて、事務所に戻ると、先日EIZOに修理に出したCG18が帰ってきていた。これはCG19を買ったので、以前から気になっていたCG18の色むらを直るのかどうか?見てもらっていたのだ。
結論から言うと、EIZO曰く「当社の出荷規定の範囲以内です」ということでした。
ただ、修理対応の人がいい人で、「もう一度ハードの再調整してみる」ということで、それが終わって戻ってきたのだった。今日は色々あってまだ箱から出していないけど、少しは良くなっていると良いな。

撮影はなかったけど、そんな時こそ、maintenanceに当てるのが正しいプロのあり方、と言うお話でした。>撮影機材じゃないじゃん、と言うツッコミはしないように・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.12.20

DK-21M

R0010256-01今話題のマグニファイングアイピースDK-21MをキヤノンBodyに取り付ける。
これは某イオスデジタル掲示板で最近話題になったもので、Nikonの新しいデジカメD200用のマグニファイングアイピースをキヤノンにつけられるというもの。しかも、何の調整、加工も要らない・・・キヤノン用に作ったのか??と思えるくらいピッタリ合います。
本日到着したので、早速、撮影中にもかかわらず1Dmk2Nに取り付けてみた。。。いや〜、本当にピッタリ。ビックリしました。拡大率1.17倍なのでそれほどの拡大にはならないのですが、1Dmk2Nに取り付けると「フルサイズだったかな??」と思うくらいちょうど良い見え方になります。ピントの見えもかなりイイです。広角レンズを取り付けてピントの山が分かるようになりました。
難点は???
Bodyからちょっと飛び出る構造になるので、カメラを不用意に振る、もしくは何かにぶつけてしまうと、このアイピースが目を直撃します。本日の撮影中に数回、そんな危険を味わいました。

値段はヨドバシで2520円なので、試しに買ってみても良いと思います。
出来れば、目当てゴムがもっと柔らかく、もっと大きいものに改造したら、常用アイピースとしても良いのかなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

マニュアル

R0010250-01家を引っ越すにあたり、要らないものの処分を始めている。
売れるものはヤフオクで売ったけど、売れないものは捨てるしかない。
本棚を持っていくかどうか?悩んだ末に処分することに決めた。要らないものの引き取り業者に来て貰い、見積もりを取ったら引き取り代を取るという。処分代として3000円払えと言うこと。・・
大変な世の中ですね。こちらの感覚としては幾ばくかの金をもらえるのかと思っていたら、逆に払わないと持っていかないというのですから。
結局、石油ファンヒーターとこの棚は持っていってもらうことにしました。お金を払って。。。

引っ越しは来月なんだけど、また業者に来て貰うのも何だから、どうせ中の物も整理しないとならないしということで、本棚無しの生活になりました。入っていたのは主にコンピューター関連のマニュアル、CD、などなど。。

この際、思い切って古いソフトのディスク、マニュアルはすべて捨ててしまいます。
でも捨てられない物もあって、、、、
たとえば、漢字トーク7くらいからのシステムディスクとか、、、もうこの先絶対使わないのに、捨てられません。

一枚一枚、ディスクとか見ていると、古い写真を整理しているようで、時間ばかり掛かって、先に進みませんね。バッサリと切らないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キヤノンだらけ・・

R0010248-01スキャナーを買う。
もちろん持っていたけど、古かったし、もっと小型で使うときだけサッと出して電源いらず、というタイプのものに変えた。キヤノンの一番安いヤツで1万ちょっと。激安ですね、しかし。。。

写真のように事務所の机の周辺はキヤノンだらけになっています。プリンター2台とスキャナーがキヤノン。カメラもDigitalはキヤノンになっているので、うちに来るとキヤノンとアップルしか見あたらないかも、、、あ、プリンターは他にHPが2台あるので、キヤノン命ではないですけど。

この1,2年くらい、使う機材と使わない機材がハッキリしてきてしまったので、機材の再編を考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.19

寒いですね

R0010235-01午後から撮影。家の近くなのでちょっとゆっくりしています。
良い天気・・・だけど、かなり寒いですね。
外ロケの人は予定通り進んでイイでしょうけど、この寒さはこたえます。
身体に気をつけてロケしてください。>特に箱根方面でクルマの撮影をしている人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

通夜

携帯にその連絡を受けたのは水曜日だった。
知り合いの編集者がバイクで事故に遭い、亡くなられた。
あまりに突然で声を失う。同姓のまったく別人の間違いではないかとさえ思う。
金曜の夜、その方の通夜があった。
少し遅れ気味で会場に入った僕の目に彼の笑っている遺影の写真が飛び込んできた。
「ああ、ほんとうに、ほんとうだったんだ」
改めて突きつけられた現実に呆然とする。

33歳だった。編集者としても一人の人間としてもこれから、、、これからの年齢だ。
自分よりも若い人の訃報は精神的に落ち込ませる。しかも一緒に仕事をしてきた「戦友」とも言える人の死で、なおさら気分がめいる。

花を手向け、会場の出口でご両親、ご親族の方に頭を下げたが、お父様の顔を見たとたん、涙がこみ上げてしまって、すぐに出てしまった。穏やかな顔で弔問客を迎えておられたが、その心中を察すると直視できなかった。

人の死によって自分の生き方を振り返ることをするのは、何とも残念だが、生きていることのありがたさ、家族と居ることの幸せを感じる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.12.13

Phase One C1 pro update

c1_373毎度デジカメネタ。
C1Proというソフトがアップデートされた。これで正式にキヤノン1Dmark2Nが対応になった。驚くのは説明を読むとまだ未発売のNikonD200も正式に対応されている点。もちろんBeta機での対応みたいだけど。それにしてもこんなに早く対応するとは思わなかった。9月発売のキヤノン2機種でさえこのバージョンからの正式対応なのに。
ソフトがアップデートされるのは何となくうれしい。どんなに機能アップされたのか?ちょっとワクワクだったりする。ただ、古いバージョンよりもダメになる時もあって、一概に「update」イコール「良いことばかり」とは限らない。現にメイン機を10.4.3にアップしたが、あちこちで異常終了したりして、ちょっとゲンナリしている。

ただ、いつまでも古いソフト、古い機種にしがみついているのもどうかと思うので、ヒマなときはリスクを承知でupdateするんだけどね。今回の10.4に移行したのはちょっと失敗気味。小数点以下が3になったのでもう大丈夫かと思っていたのに・・・やはり5くらいまでは待たないとダメかもね。メジャーバージョンアップは・・・

それにしても仕事が無くて、、、、11月後半からそれほどまとまった仕事をしていない。ちょっと不安・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.09

EIZO CG19

R0010216-01モニターを買い足す。
先日の電塾大勉強会での銀一ブースで目玉として売っていたのがこのEIZOのCG19というモニター。
この業界で知らない人はいないと思うけど、、、モニター専業メーカーのナナオが印刷用途向けに作ったのがこのCGシリーズ。数年前に発売されたときは30万とか言う値段だった。当時、デジタル撮影がここまで一般的ではなかった時期で、僕なども「高嶺の花」的なモニターだった。
時代は急激に変わって、そのモニターが特売品になる時代になった。ちなみに買値は135000円。
この値段で、現時点で手に入るほぼトップクラスの再現性のモニターが、自分のモノになるというのは驚き!。
このモニターと、キャリブレーターと、その部屋の蛍光灯を印刷評価用に変えるだけで、最高レベルのモニタリングが出来る。しかもEIZOの専用アプリを使えばサルでも出来るくらい簡単に設定が終わる。

モニターで悩んでいる、もしくは、自信がないという人は、迷わず無理してでもコレを買った方が良いと思う。僕も過去にいろいろなモニターを使ってきたし、金を掛けずにどうにかならないか?とさんざん時間を使ってきたが、、、、この金額で悩みから解放されるのなら、考えようによっては安いと思う。以前はさすがに30万は出せなかったけど。。。
液晶モニターは毎日使っても7,8年は持つと思うので、1,2年で買い換えになるヘタなデジカメを買うよりはるかに賢い買い物のはず。

ただ、CGシリーズに過度な期待と持つと「?」と思う点もあるので要注意。
僕の場合、CGシリーズはこれで2台目なんだけど、去年買ったCG18は左右で色むらがある。Gattoさんの報告でもそうだったので、この時代の液晶のロットはその傾向があるのかも知れない。そんなこともあって、CG18は真ん中だけで色を判断するという使い方で使っている。キャリブレーターも真ん中でしか測れないしね。
で、2台目のCG19はどうかというと、、、、
コレもムラがある。真ん中がやや赤みを持っているような感じ。
キャリブレーターは真ん中で測っているので、真ん中が赤く感じると言うことは周囲が青いのだと推測される。
これが故障なのか?許容範囲レベルなのか?難しい判断だと思う。大抵の液晶モニターはニュートラルグレーを全面に映してみれば、多少のムラはつきもののはず。
いろいろなカメラマンの話を聞いてみると、「大型液晶にして、真ん中だけを使っている。」というやり方の人が多いようだ。大型液晶にすることによって、真ん中のおいしいところの面積が大きくなるという寸法。ゴルフや、テニスの「デカヘッド」みたいなものか??

あと一点、今の問題が、、、
写真のようにCG18,19と並べてツインモニターで使うつもりだったけど、なぜかCG18の方だけキャリブレーションが出来ない。正確に言うとEIZOの専用アプリの「ColorNavigator」がCG18の方だけ認識していないようだ。

色むらの件も含めて、一度EIZOサポートに連絡してみたい。

まあ、CG19を買ったおかげで余ったL565をサブモニターにすれば良いだけなんだけど、、

なんにせよ、信頼できるモニターで仕事をするというのが、カメラマンにとって最善であり、効率を上げる面でも最短のやり方だ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.12.05

充電池

R0010215-01日曜日、はやく仕事が終わったのでビックカメラに寄っていく。
ついでに買ったのがこの充電電池。
35㎜タイプのカメラに使うストロボ用にこの手の充電式電池を使っている。フリーに成り立ての時から使っているからかれこれ10年くらいか??会社員時代はこの手の消耗品には疎くて、乾電池を使い捨てていた。フリーになるとその手のランニングコストまで削減したくなるので、多くのカメラマンが使っているのが、この手のニッケル水素の充電池。
単3アルカリに比べて持ちもイイので、ストロボみたいな使用方法には向いている。
年々容量が多くなっていって、今ではこの写真のように2700のタイプが出始めた。
今日、充電して居るんだけど、なかなかフルにならない。やはり専用充電器を使わないとダメかな??充電できるはずだけど、時間が掛かりすぎ。
これから買おうと思う人は、絶対、充電器とセットになっているものを買った方が良いよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

飲み会

IMG_1314僕にしては珍しく飲み会ネタ。
元来、友人が少ないので飲み会に誘われることもない。(苦笑)
そんな中でもお誘いいただけるのはカメラマン仲間とフィットネス仲間くらい??
金曜日は昼前から外苑でクルマの撮影のあと、夕方から川崎の方で飲み会。これは毎月行っている電塾の仲間たちからのお誘い。滅多に行けない焼き肉屋があると言うことで、この機を逃したら一生無いかも??という感じで万難を排していく。
駅から更にタクシーで10分と、土地勘のない僕はどこに連れて行かれるのやら・・・みたいな感じだった。しかも店構えもパッとしなくて、、ちょっと不安。
お店は一見さんお断りの完全予約制。しかも、予約もその店の常連が電話しないと受け付けてくれない。
常連さんはまるでお店の人かと思うくらい、良く動く。ビールを出したり、火を付けたり。。。もちろん、焼き方の御指南も。
かなりイイ肉なのでほとんど焼かないで食べられる。しかも、塩こしょうの味付け。肉本来の味がここまで味わえるのはそう無いだろう。次から次へと肉の皿が空いていき、老酒も一升瓶2本がカラになる。さすがにみんな良く食う。僕も気持ち悪くなる一歩手前まで食い続けた。こんなに生に近い肉だけを食べたのは生まれて初めてだと思う。
帰りの電車で寝てしまって、危うく終電を逃すところだった。逃したら翌日が朝からロケなのでかなりやばかったところ。何とか家に帰ったものの、胃が重くて、ちょっと参った。しばらくは肉を見たくない感じ。

翌日、土曜日。イベントの撮影で朝から白金へ。
夕方に終わって、そのアシで恵比寿スタジオでやっている電塾大勉強会に行く。

すでにビンゴも後半のところへ到着したので、やることもなく、タダ酒を飲んで、知り合いのカメラマン、メーカーさんと立ち話。結構みんな付き合いも長いので楽しい夜でした。

IMG_1332

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.01

写真三昧

R0010212-01先日までとは打って変わって、先週くらいからかなりヒマな状況になっている。
毎日毎日、一度も鳴らない電話を待っているような、そんな感じ。
年に数回くらいはそう言う時期もあるので、ある程度は覚悟して居るんだけど、「ひょっとしてこのまま仕事が無くなってしまうんだろうか??」という不安は常に抱いている。

ということで、今週は月曜日にはAPAの方から頼まれたAPA公募展の審査手伝いをしに行っていた。
APA公募展は毎年開かれていて、オープンで、テーマ部門と、広告部門がある。
この手の公募展に僕は応募したことがないので、審査の感じや、どんな写真が来るのか?ちょっと楽しみだった。
朝8時30分から夕方6時頃まで、ほぼ立ちっぱなしで審査作品の並び替えなどをやっていた。審査員のお歴々はそうそうたる顔ぶれなので失礼があったらいけないなと、ちょこっと緊張。
さて、写真はどうだったかというと、、、まあまあかな。でも、総じて言うなら、他人に作品を見せるというレベルにすら達していない作品も多々見受けられた。特にDigitalが当たり前になってきている昨今、安易に撮って安易にプリントアウト、そしてそのままコンテストに応募という感じ。。。。ペーパーの真ん中にすら写真が入っていないものなど、どういうつもりで応募しているのか?あきれてしまう。
僕は写真学校に行っていたが、写真学校を色々否定する人もいるけど、少なくても、他人に対して写真を見せる最低限のプリントなどは、教えているはず。
中身の写真をどうこう言う前に、そんな点が気になってしまうのも、古い人間だからか??
ということで、自分の撮影よりもこの日の手伝いの方が遙かに疲れた1日が終わる。

次の日は、グラビアの撮影。
それはそれで順調に終わる。

水曜日も仕事がないので、昼頃から恵比寿の写真美術館に行く。
横須賀さんの写真展をやっているので、それを見るためと、同時期に「写真新世紀」の入賞作も展示されているのでそっちもついでに見ることに。

横須賀さんの写真は、、、会場に入った瞬間に、その展示方法に驚く。会場を一つの作品として作ったような、そんな感じ。ただ、上野の法隆寺宝物殿の仏像の間に似た展示なので、僕的には「パクリ??」という印象だった。
ただ、展示作品は素晴らしい。2003年になくなって、その後初めての回顧展だと思うけど、80〜90年代に掛けての旺盛な創作活動には、同じ写真の道にいる僕にとっては驚愕するものだ。

次に見たのが「写真新世紀」
世界に通じる未来の写真家を発掘、育てるという目的の下の、コンテストで、ヒロミックス、蜷川さんをはじめとした新時代のカメラマンを輩出してきた。
僕のようなカメラマンと完全に違うジャンルなので、写真そのものがどうこうと言うことは無いんだけど、、、ただ、横須賀さんの写真と同じ感じで、もう、写真でなくても良いよね??という、作品の手法は写真というテクノロジーを使っているけど、場合によっては写真ではなくても良いんだろうな。。。そんなちょっと悲しい感じを受ける。

忙しいときには出来なかった写真三昧の数日間だったけど、刺激にはなったかな。
また、写真を撮っていこうという気持ち、撮りたいという気持ちを大事にしていきたい。
R0010213-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »