« 11/4写真展パーティー | トップページ | 日曜日 »

2005.11.06

11/5写真展から勉強会、そして仕事

IMG_1018-01
土曜日のこの日も朝から写真展会場の当番。この日はこのお二人の写真家の方たちと一緒。左は今回の最年長の杉山さん。右はまだまだキャピキャピな女の子、五十嵐さんだ。
同期と言ってもかなり幅が広いというのはこんな感じと言うこと。五十嵐さんくらいの年齢でAPAに入っていたら、末は巨匠と呼ばれるような写真家になっていらっしゃるのかもしれない。

この日は午後から恵比寿で電塾があるため、お昼でアシスタントと交代して、恵比寿に行くことにする。当初は写真展があるので他の人に電塾のレポートをお願いしていたが、その方も仕事になってしまい、書く人がいないので、ドタバタだけど、僕が行くことになった。
電塾では発表になったばかりのNikonD200がナント2台も!!ニコンプロサービスの力の入れようが感じられるというもの。
僕としては2回目のD200だけど、何度手にしても「良くできている」と思う。
ただ、一点を除いて・・・
まだ、誰もそれを指摘していないけど、プロが「サブ」として使うのなら、かなり問題になる部分かと思う。
D200を2台で使う人には関係ないけどね。有る意味「ボタンの掛け違い」と言えるかな。
IMG_1022-01

電塾の終わりは飲み会なんだけど、僕は仕事がたまりにたまっているので、事務所に帰って画像データを作らないとならなかった。結局、終わったのは10時過ぎ。飲み会のあとにやっていたら家に帰れなかったな。

|

« 11/4写真展パーティー | トップページ | 日曜日 »

コメント

こんばんは
湯浅様が指摘している項目はたぶん

ひとつだけ・・・

という事でしょうか?
まあ2台あれば 

ふたつできますね・・・

という事でしょうね。 
これ以上のコメントは控えましょう。

投稿: Daisuke Kudo | 2005.11.08 20:56

もったい付けることもないので書きますけど、、、
メモリースロットの入れ方が反対になったという点だけが気になります。D2系統をメイン機で使っているプロカメラマンなら、この変更は混乱の元でしょう。
僕みたいに6GBのMDを入れて交換なしで撮りきるというスタイルのカメラマンなら良いですが、多くの人は小さい容量のメモリーカードを取っ替え引っ替えというスタイルで撮影しています。カードを入れる度に間違えるのは目に見えています。
D200でキヤノンとか他社メーカーと同じ向きにカードを入れることにしたのなら、たぶんですが、次の機種から他社製品と同じ向きにスロットを取り付けてくるでしょう。と言うことはD2系を使っている人たちはD3が出てくるまで毎日混乱して使うことになります。
D1からのボタンの掛け違いを今なおすべきなのか?直すなら今なのか?
Nikonも難しい選択だったと思います。

投稿: tats | 2005.11.08 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/5写真展から勉強会、そして仕事:

» アマゾンで、デジタル一眼レフカメラ 「ニコン D200 レンズキット」予約開始 [ -- MACIST マッキスト --]
 アマゾンで、デジタル一眼レフカメラ 「Nikon デジタル一眼レフカメラ D2 [続きを読む]

受信: 2005.11.08 13:35

« 11/4写真展パーティー | トップページ | 日曜日 »