« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.30

いぬのえいが

映画の試写会に行く。
「いぬのえいが」と言う今年の3月に封切り予定の映画だ。
なぜ試写会に行けたかというと、、、実はこの映画のスチルを担当したのだった。もう1年近くも前になるが、クランクインの後、3月のことだったが、僕が仕事が無くてかなり精神的に参っている時に、それを察したのか、懇意にしている編集の方から紹介された仕事がこの映画のスチルの仕事だった。といっても1日だけのお願いという単発のお仕事だったが、、、。

この時はデジタルで撮れるスチルカメラマンと言うことで僕が候補になったと言うことだが、当時はまだまだ映画のスチルの業界ではフィルム撮影の方が多かったようだ。たった一年足らずの今となってはデジタル撮れませんというカメラマンの方が珍しいと言うくらいになってしまったが。

さて、スチルの仕事をやったのは、実を言うとほとんどその時が初めてくらいだった。もっとも、テレビの番宣のスチルなどの仕事もやったことあるし、ムービーの人とも何度も同じ撮影チームに入ったこともあるし、特に出来ないことはないだろうと思って引き受けた。と言うより、どんな仕事でも欲しかったというのが本音かもしれない。時期によっては仕事がない日が続くので将来への不安とかあって、やれるものはやってみたいという気持ちだった。

映画の撮影は関わる人も多い。僕たちのような写真の世界とは規模が全く違う。

その日は朝9時集合だったが、現場にはすでにセットが組まれていたことを考えると美術の人たちは更にその数時間前には入っていたのだろう。その日の撮影予定は2カ所で結局撮影が終わったのは次の日の2時を回っていた。それでも僕は早めに帰った方で、後かたづけをやっていた人たちは朝方まで掛かっただろう。
実働18時間くらい掛かっての仕事だったが、つらいと言うより楽しかった思いがある。多くのスタッフが「映画を作る」という目的のために動いているのは、何とも言えない一体感がある。映画の世界には「組」というものがあるのは知っているが、撮影が始まると自分の家族よりもその現場にいるスタッフといる時間の方が長くなるので、一種の家族的な集団になるのだろう。

ところで肝心の映画の話・・・

もし、犬を飼った経験のある人だったら、オススメです。僕も小学校時代までは犬が家にいて、それを思い出しました。

物語はいくつかの話をつなげたオムニバス形式になっているのですが、最後の話が泣けました・・・・もちろん台本を持っていたので内容は知っているけど、泣きました。実を言うと台本を読んだ時からちょっと泣けてたんですけどね。

映画館の中であれほど泣いたのは久しぶりでした。たぶん、タイタニック以来かも?
映画館の中で泣くのはかなりつらいですね。というのは周りの人に「あ、泣いてる」と分かられたくないので、、、特にオトコで泣いているのは僕なんか恥ずかしいと思っちゃいますね。だから、僕の場合は、泣きますが、涙は拭きません。流しっぱなしです。(笑) 暗闇なので涙が出ていても、拭くとかすするとかしなければ分からないのです。たぶん。。。でも激しく泣いてしまう時は肩が揺れて分かってしまいますね。シンドラーのリストを見た時はしゃくっちゃいました・・・

さて、無事、泣いたことも分からないように最後まで見ましたが、エンドロールに僕の名前を見つけた時はさすがに胸が熱くなりました。映画のエンドロールにはその作品に関わったすべての人の名前が載るのですが、こんな末端のスチルのカメラマンまで載せて頂いたことにスッゴク感動してしまいました。

機会があったらまたこの手の仕事をしてみたいですね。時間が掛かって大変だけど、その分出来上がった時の感激も大きいですから。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005.01.26

勉強会マニアか?

P1010021P1010049今日も勉強会・・・マニアか??(笑)

水曜日なのでキャノンの日。
仕事はないけどやることが多くてそれほどヒマで困るという感じではない。僕の場合、仕事=撮影だから、それ以外のことは仕事に関係しているけど気持ち的には仕事ではないという感じかな。

3月にやるセミナーの準備とか、ある写真団体に入る準備とか、自分の会社の経理上のこととか、雑事が多い。純粋に写真だけ撮って生きて行けたらどんなに良いだろう。。。ブレイクして作家活動でもしない限りは無理だと思うけど。

さて、写真はオリンパス様からお借りしているE300で撮ったもの。まだそんなに使っていないが、使い慣れたキャノンNikonと違ってクセが多い。慣れの問題だろうけど、その慣れって言うのが侮れない。Nikonとキャノンはカメラ界の2大巨頭だが、プロ用一眼に関しては結構お互いを研究して作っているので、それほどの使い勝手の違いはないと思う。だが、オリンパス、ペンタ、コニミノなどは我が道を行っているメーカーなので、なかなか一筋縄でいかないというのが印象だ。

さて、2枚目はモニターキャリブレーションツールのスパイダーをデモンストレーションしているところ。
僕はモナコを使っているのだが、同価格帯のモニターキャリブレーションツールとしてはこのスパイダーがある。気にならないわけではないが、i1も使ってみての印象では「無いよりはあった方が良い」くらいの気持ちでみている。もちろん、持っていないのは論外だと思う。でも、過大な期待は持たない方が良い。それは使ってみないと分からないことなのだと思う。

さて、今週は予定していた仕事が流れたので、ワリに余裕がある。そういう時こそいろいろやらないとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.23

3個目のiPod

SH530022SH530021iPodを買ってしまった。。。通算、3個目のiPodになる。新しく出たiPodShuffleを買うつもりだったのだが、手に入らない・・・手に入っていれば間違いなく買ったはず。手に入れられないので、時間があるから冷静にいろいろ考える。。。やはり1GBでは足りない・・・もちろん、音楽だけ聴く分には良いんだけど、日頃、事務所と家の間をこれにデータを入れて持ち歩くという用途には、到底足りない容量なのだ。
そうこうしているうちに、仲の良い雑誌編集のYさんがShuffleを買ったというので、iPodminiを売りたいと言うこと。だったらオレが買います!とすかさず手を挙げてしまった。
ここ数日使っているが、普段はこれで十分。音楽データをmp3のファイル形式にしてあるのなら、そこそこの曲数が入るし。データ用として1GBくらい余裕を持っておいても、音楽は必要十分くらい入る。

もう一つの写真は去年買ったクリエ。

事務所内を無線LAN化したのはHPにも書いているが、そのアンテナの設置を窓よりに変えた。
うちの事務所に来た人は分かると思うけど、隣がCafeになっている。よくそこで昼ご飯を食べるのだが、そのCafeでネットに繋ぐのが今回の目的だった。うちは3F、隣のCafeはビルが違う隣で、1階にあるのだが、窓際の席なら何とかネットに繋ぐことが可能になった。
クリエは無線LAN内蔵なので、Cafeからネットサーフィンが出来てしまうのだ。
何もそこまでしなくても・・・とお思いでしょう。僕もそう思うんだけど、無線ってなんか惹かれるんですよね。次に買う携帯も絶対ブルートゥース内蔵のものにしようと決意しているし。

iPodだけど、将来的にはブルートゥース内蔵になるんじゃないかな?今はケーブルで繋いでアップデートしているけど、そんなまどろっこしいコトしないで、マックの近くにおいておくだけで音楽データがシンクロしてくれれば、どんなにすばらしいか!ついでにヘッドフォンもブルートゥース内蔵にして、バッグに入れてあるiPodと無線でヘッドフォンがつながっていれば煩わしくないしね。

人間の欲求って、ホントきりがない。こんな機能がついたら、と思っていて、それがつくと、今度はもっと小さくとか、を望んでくるし。だから進歩するんだと思うけど、メーカーの人は大変。がんばって下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

捨身科学研究所2005年01月度勉強会

P1010005P1010004P1010002仲間内のデジタル勉強会に行く。今回はオリンパス様のご厚意でE300をメインにしてメーカーの開発者たちも交えての勉強会になった。
この勉強会は、業界(?)ではかなりとがっているカメラマン藤吉氏主催のフリーカメラマンばかり集めた勉強会だ。来ている連中はほとんどが僕よりも年下のまだまだこれからというカメラマン。中にはまだアシスタントでデジカメも持っていませんという人もいるくらい。少しでも何かを得たいというその気持ちが大事だと思う。そんな中には広告写真家のS氏みたいな大御所も居たりして、なかなか面白かった。ちなみにS氏が持っているのは新しく発売になる7ミリからのズームレンズ。実売20万前後らしいが、良いレンズだと思う。

さて、3時から始まった会も、質問の連続で最初のプレゼンが終わった時点で4時。それからオリンパスのプレゼンで終わったのは7時近くなっていた。いやはやみんな食いつきがすごい。かくいう僕もいつものように言いたい放題言ってしまったのは、言うまでもないこと・・・(笑)

会の後は懇親会だが、しつこくこの席でもデジカメの話。

今回はこの手の勉強会にしては珍しく女性カメラマンも数人居たりして、そういう意味でもみんな張り切ってしまったのかもネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.21

ある晴れた日

IMG_0265IMG_0253友人のTAMAさんがブログでモノクロの写真を発表しているのに刺激されて、今回はモノクロで載せてみた。
この写真はこの日、朝から雑誌のショップ取材で行った先の近くにあった公園でのもの。20Dのモノクロ画像で撮った。
さて、今回の取材、先月の自転車特集が好評だったと言うことで、またお仕事を頂いたのだった。お世辞でも「良かったですよ!」と言われて、次の仕事も頂いたりすると、単純にうれしい。

と言うことで朝から渋谷から原宿にかけて歩いて取材をする。

午前中はショップで、午後からは原宿で町にいる人に自転車に乗ってもらってその感想を聞いて写真に納めるというもの。。。そう、いわゆる街頭キャッチ撮影だ。
僕はこの手のキャッチをやるのはほぼ5,6年ぶり。しかもキャッチの聖地、原宿GAP前に立つのなんて、、、いや〜、若い頃を思い出します。
GAP前のたった数十メートルの歩道にキャッチ撮影のチームが6チームくらい並んでいて、通る若者に鋭い視線を向けている。いやはやさすがメッカ!

さて、順調にターゲットを捕まえて撮影は進んだ。ノルマまであと数人というところで欲を出して場所を変えてみることにした。そこから表参道を下って遊歩道に場所を移したのだが、、、、こっちでの客の食いつきが良くない。小1時間粘ってみたが、一人も捕まえられない。そうしているうちに日は暮れてきて、寒くなったので、またGAP前に戻ることにした。何とか日暮れまでにノルマは達成したので、この日の撮影は終了。

ヤレヤレ、オジサンにはこの手の撮影はきついかな。
でも、町を歩いている素人を相手にしてそれなりの写真を作るのは、なんて言うか、出会い頭の一発勝負みたいな、そんな撮影スタイルなのだが、ある意味、撮影の基本だと思う。どんな状況でも、短時間に間違いなく写真をものにするのは、野性のカンを鍛えるのには最適だと思う。

きつい仕事だと言うことには間違いないが、年をとってもそういう野性を磨いていくと言うことも重要かな。

そうそう、面白かったのはキャッチ撮影のカメラマン機材。大抵は雑誌だろうと思うが、僕以外はすべてフィルム撮影だった。僕はキャノン20Dを2台で撮っていたが。
持ち帰ったデータを整理していたらこの日は3GB位のデータになっていたので、これを入稿用データに変えるのは確かに楽なことではないと思う。
それなりの設備はどうしても必要になるし、時間も掛かる。それが出来ないと上がりが推して知るべしになる。結果的にはフィルムで撮った方がはるかに楽で綺麗な上がりになる。

まだまだこの手のジャンルをデジタルにするのは難しいだろうなと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.01.19

いろいろあります

IMG_1762IMG_1758朝から幕張でスバルR1の撮影。
プールサイドでクルマを置いて撮れると言うことでこんな感じになった。今日は天気も良かったし、気持ちイ〜。

昼過ぎまで幕張で撮影後、銀座に戻り、キヤノンのプロサービスに行く。デジタルウェンズデーがあったのと、20Dの修理に。20Dが10〜22ミリのズームを付けた時にある一点のフォーカスポイントでピントが甘いという症状があって修理に出そうと思った。代替え機の手配をしていなかったのと、窓口のその症状が再発しなかったので修理は断念。。。
デジタルウェンズデーに顔を出してから、事務所に戻って打ち合わせ。PIE2005というカメラショーみたいなイベントで講演まがいなことをやるのだが、それの打ち合わせをする。

本来の話はすぐに終わって、他の話しに行ってしまい、話し込んでしまった。大恩のある方なので、そのほかの相談事にも乗ってもらったり・・・今の僕があるのもその人と知り合ったことが大きい。

その後、今週末にあるプレゼンの準備と手配をしつつ、クライアントに頼まれた撮影データを作りつつ、別のクライアントと打ち合わせ。仕事が一つ流れたり、、、先行きの不安などもあり。。。

気が付くと8時を回ってしまっている。今朝はやはり8時過ぎから仕事だったので、12時間労働。。。

時給計算にすると恐ろしく効率の悪いことになっている。
まあ、それもまたヨシですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.01.17

藤原新也写真展

DSC00036戦車の取材に行く前に集合場所である新宿に早く着いたので、かねてより見たかった藤原新也氏の写真展に行く。
エプソンのサロンである「エプサイト」で先月からやっているものだが、エプソンのRD1というライカのレンズが使えるデジタルカメラでの撮影、エプソンのプリンターでのプリントアウトという写真展だ。変わっているのは壁紙から藤原氏がデザインしてプリントしたものを使っている点。会場全体が個人の部屋のような演出をしている。その壁に写真を飾ってあるという感じ。
藤原さんは僕の好きな写真家の一人だ。かなり期待して行ったと言っても良い。
だが、ちょっと裏切られたかな・・・今回の写真は。

藤原さんのサイトでも書かれているが、今の時代には珍しい「金」の掛かった展示会になっている。見せ方としては面白いけど、肝心の写真は・・・まあ、藤原新也というブランドならアリなのかな。これが無名のカメラマンの写真だったらどうなっていたか??藤原さんと同じ評価を与えられていたかは非常に疑問。

プリント自体も、画材紙のようなものを使っていると言うこともあって、調子などは本来の写真とは違う表現だ。それも含めて、会場設営も含めて、すべてで表現だと言えばそうなのだが。。

アーティストとしてはそれで良いのかもしれないが、写真家としてはどうなんだろう。
そう言う考え自体が頭が固くなっている証拠なのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.14

戦車!?

013_014
戦車の所有者を取材した。
「エ?戦車ってあの戦車??」
まさか、そんなものを持っている人がこの日本にいるとは思っていなかったので、驚くというか、呆然という感じ。

この方、戦車以外にもバスを30台、ジープを多数、トラックも多数・・・というコレクター。ムービー業界にはかなり知られている存在と言うことだ。現在はそれのレンタルもやっているので、趣味と言うより商売かな。

本当にいろいろな人がいらっしゃる。
このカメラマンという商売の楽しいところはいろいろなジャンルのテッペンの人たちと直接会えるという点だ。カメラマンの醍醐味と言っても良い。

いつもそう言う人たちを撮影してきて思うのは、「あ〜、なんて俺って小市民なんだろう」ってこと。カメラマンと言うだけでフツーではないと思われているが、Yという大手アパレルショップで服を買っているような、ごくごく一般的な「パンピー」だ。
ちょっと横文字並べてクリエイター気取りをしているが、こういう人たちから見るとなんて事ないなと。。。

今もパンピーぽく、「今夜の夕飯どーすっかな??」と思っているところ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.13

横浜でロケ

750_0321750_0152
朝から横浜で車の撮影。
前からココでも書いているようにBMWの雑誌を作っているのでBMWをベイブリッジの前に置いて撮影、と言う感じ。

今日はサイコーの天気だった。冬とはいえ風がなくて日差しはポカポカ。終日おもてだと思ってダウンの長いコートを着ていったら暑くて着てられなかった。天気に恵まれるとこういうロケは気持ちいい。

さて、BMWの改造車なので、明日からのオートサロンに出品される予定の車だった。タイミング的にちょうど良かったかな。2枚目の写真を見て「!」と思ったあなたはクルマ好き。21インチのホイールなのだ。普通の乗用車は14,5インチのホイールのところを21インチ。自転車のホイールかと思った。

これを1台分そろえると金額は70万だそうで・・・

お金持ちは居るなぁ。僕はと言えば、新発売になったiPodShuffleを買おうかどうしようか迷っているところなのに。。。たぶん買うと思うけど。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.01.09

ダラダラ中

案の定ダラダラです。
と言ってもいろいろやってますけど・・
立替金の請求書を作ったり、入力していない名刺を入れたり、、、

何もない休み時は10時頃に起きてブランチ食べて、のんびりして、駅前のダイエーに買い物に行って、夕方フィットネスクラブに行って、夜はテレビ見て過ごす・・・みたいな感じ。

歩いて数分のところにショッピングセンターがあるので、かなり便利なのだが、何も用事がないと家から一歩も出ない時もある。軽い引きこもり状態かな。食べるものが家の中にある時は本当に一歩も出ない。無い時は仕方なく出るけど。フィットネスクラブに入っていなかったらかなりヤバイ状況になるんじゃないかと自分でも思っている。家から出る口実がないから。

これでも10数年前は休みになるとどこかに行くみたいな生活だった。家に居ることが多くなったのは、今の家を買ってからかな。前は公団の賃貸でワンルームだったので、くつろぐという環境じゃなかったし、若いと言うこともあって、車に乗って二人であちこち行っていた。
ある時、冷静に考えるとどこに行っても気持ちよくないと言うことに気がつく。行き帰りの渋滞や、行った先での混雑、、そんな時期に家を買ったのもあって、どこへも行かないで静かな環境で過ごせるというのが最もうれしかった。

引っ越した当初はちょうど秋で、夕方、何もせずに向かい側にあるビルに夕日が映っていて、少しずつ変わるその色の変化をボ〜っと暗くなるまで見ていると言うことが少なくなかった。

静かに自分の時間が持てるという贅沢、田舎育ちの僕には何よりも贅沢だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.08

始動せず

DSCN08042仕事がない・・・
ヤレヤレ、、、あんなに忙しかった年末から一転、休みに入ってから、未だ始動せずという感じ。
やり残した仕事をやっただけでまだ僕の中では今年が始まっていないと気持ちだ。やっぱ、バリバリ写真を撮らないとね。。。仕事のお話はいくつか来ているのだが、どうも決まりが悪い・・・

と言うことで、たまっていたことを少しずつやっている。昨日は来週入稿のカラープリントを焼かないとならないので、半日暗室にこもっていたし。。。それとY2のホームページの修正を少し。地図などのスペックが古くなっているので、それを直す。
今日から連休にはいる。。。というか、正月休みからほとんど仕事していないので、連休と言えば連休だ。普通の会社員じゃないので、いったいいつまで連休になるのか?本人には分からない。(笑)
まあ、今回の場合、休み明けにロケがあるので、とりあえずは気分が落ち込まなくてすむけど。
だいたい、この時期に仕事をしているカメラマンってレギュラーの雑誌を持っているか、成人式などの営業写真系かという感じだろう。

と言うことで、連休なので、買い物ついでにCDを買う。
女房も僕も昔っからの山達のファンなのだ。レコードカセット時代で買っていた古いアルバムを持っていたのだが、それをそのままにしていて、プレーヤーもない今、昔のアルバムを聴けなかった。山達は編集もする人なのだが、2年ほど前だったか、昔のアナログレコードの音源をデジタルリマスタリングし直したCDを定期的に出している。
前から欲しかったのだが、また買い直すのもな・・・と思ってそのままにしていた。
久しぶりに女房とレコードやさんに行った今日、ついついそのリマスターしたCDをオトナ買いしてしまった。
とりあえずそのお店にあった山達のを3枚と、女房が欲しいというチェン・ミンのアルバム、合計4枚。

聞いてみて一発目に驚いたのは、さすがに音が良い!
結構ありがちなのは昔のアナログ音源をそのままCDにしたようなものだと、下手するとレコードより音が悪いCDになっていたりするんだけど、デジタルリマスタリングすると、、、というか山達自身が納得いくまでリマスターしたらしいので音が本当に良い。こんなにいい音ならもっと前から買えば良かった・・・

最近、CDが売れていないと言うことだけど、僕自身もほとんど買っていない。もちろん、月に1,2枚程度は買うけど、実際問題として、後悔するようなアルバムが多いのも事実。3000円出して、コレか???みたいな気分を数回味わうと買い続ける人は少なくなるだろう。もちろん。特定アーティストの指名買いはあるけど、冒険はしなくなる。

あと、じっくりCDを聞くと言うこともめっきりしなくなった。マックのiTunesで読み込んで後はiPodで聞くのがほとんどで、ジャケットのライナーノーツなんか全く見ないこともある。昔とは音楽に対しての有難味が変質してしまった。毎日のように聞いているJ-waveで朝から晩まで何十回も同じ曲を流されると、それだけでお腹一杯という感じ。

さて、そんなことで今日からの連休もダラダラしちゃうかも・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.06

ぼちぼちですか

ぼちぼち周りの会社も人が出てきてるようですね。

僕は4日から事務所に出て、年内に出来なかった撮影をやったり、今週に納品しなければならないデータを作ったりしてました。
と言ってもそれほど時間が掛かるわけでもないので、あとはぼちぼちです・・・たまっている年賀状を整理したり、出してない方にあわてて出したり。
住所録はすでに10年以上前からコンピューターのデータベースにしているので、年賀状など郵便物を簡単に出せるようになってます。味気ないと言われればそうなんですけど・・・今まで仕事してきた先や一緒に仕事した人、勉強会などでお会いしたメーカーの人、、、住所録はすでに2000件に達しています。女房の方は仕事上、ショップさんも入れているので3000件に上ります。すべて年賀状を出すわけではないので、そのチェックも時間の掛かる作業ですね。
年賀状を出す人は昨年一緒に仕事した人を中心にいつも頂いている人などで、それ以外のもう何年もお会いしていないような方はメールで失礼させて頂いております。
今年もメールを先日出しましたが、300件ほど出した直後に宛先不明で戻ってきたのが50以上ありました。毎回、その帰ってきたメールから住所録に戻って削除の作業をしています。これも結構大変・・・

ここまで読むと「マメだねぇ〜」とお思いの人も多いでしょう。

でも、こういう事をやっておかないと、たとえば写真展をやる時など、大変なんです。どれだけ大勢の人に告知出来るか?去年、写真展をやって思った点でした。

さて、戻ってきたメールや年賀状、、、その人たちはどうしたのだろうと思います。今に始まったことではないですが、日本経済が決して順調とは言えないような状況です。それと僕の年齢が40半ばにさしかかると言うこと。10年来一緒に仕事してきたクライアントさん、デザイナー、編集などの仲間、、、40前後で人生の転機を迎えることも多いと感じます。
なんの連絡もなくメールが戻ってくるといろいろなことを考えてしまいますね。単なるメルアド変更なら良いのですが・・・

さて、本来のY2のHPですが、今年賀状のことを書いています。まだ書けていないのですが、ぼちぼちご覧になって頂ければうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

いろいろあった2004年でしたが、あっという間に2005年になってしまいました。おかげさまでカメラマンとして生きていくことが出来ました。
毎日のようにこちらのブログや僕のホームページをごらんになっていただき、ありがとうございます。たいしたことを書いていないのですが、時たまお会いする人に「見てるよ」と言われると、うれしくもあり、恥ずかしくもありと言う感じです。
この先もこのブログは続けていくつもりです。

暇なときに立ち寄って読んでいただければうれしいです。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

これから実家巡りをしてきマ〜ス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »