« ヤマハに行く | トップページ | 諸々・・ »

2004.12.14

社長の器

DSC00026朝から某電機メーカーのDVDの海外向けパッケージ用の撮影。
だが、午後からあるスポンサーのビデオの撮影の立ち会いに行かないとならない。
会社としてのY2で請け負った仕事でビデオ制作も手がけるようになった。といっても僕のクライアントのメーカーさんから「ビデオも撮れないか?」というお声をいただき、それを他に逃がすのもどうかと言うことで僕の知り合いに「Y2のビデオスタッフ」ということで制作をしてもらうのだ。

外注だからと言って、僕が行かないわけにはいかない。スポンサー様からすれば「カメラマンの湯浅」に仕事を出しているという意識なのだ。僕もそれに答えたいと思う。
というか、僕の問題として、社長の器ではないと言うことが大きい。結局、他人に任せきりにするのが出来ないのだ。普段の撮影でも裏の裏まで自分で確認しないと気がすまない。

ビデオ制作だけど、僕としても全くの素人と言うこともない。何度かテレビ局のスチル撮りの仕事もしているし、CF、PVと一緒に仕事もこなしている。義理の父親はムービーのカメラマンだし・・・って関係ないか??(笑)

午後はその立ち会いで、適当なところで帰ろうと思ったが、結局最後までいることになってしまった。

そのあと、事務所にとんぼ返り。>最近このフレーズが多い気がするが・・・

夕方からは中断していたDVDプレーヤーの撮影をして、そのあと、本当は昨日やるはずだった別のクライアントの商品撮影をする。

ヘビーな日になるのかなと予感していたが、思ったより順調でまだ8時半だというのにほぼ片づいてしまった。今はプリントアウトの待ち時間でこれを書いている。
久しぶりにエプソンのPM4000PXを使ってプリントしているのだが、遅い・・・・遅すぎる! 今年の前半までは僕のメインプリンターだったが、今ではこのスピードでは仕事を処理しきれないだろう。
何で4000PXを使っているかというと、機械ものの仕事の場合、ちゃんとグレーをプリントで出したいと思うと、キヤノンのプリンターではイマイチグレーが転んでしまうので、こういう時だけ4000PXの登場になるわけだ。
だけどたま〜にしか使わないから僕が不慣れなこともあって時間がかかってしょうがない。>プリント自体も遅いんだけどね。
時代はどんどんスピードを増しているなと思った。

さて松屋によって牛丼でも食べて帰ろうっと。

|

« ヤマハに行く | トップページ | 諸々・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/2268367

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の器:

« ヤマハに行く | トップページ | 諸々・・ »