« グラビア | トップページ | 撮って作る »

2004.12.28

Phase One C1 Pro 3.6.1

ちょっと専門的なデジカメネタなので、この先は興味のある人だけ読んでね。

Phase OneのC1 Proがマイナーバージョンアップされた。今は3.6.1だ

先月、3.6にアップデートされてキヤノンのデジカメで言うと20Dや1Dsマーク2をサポートするようになった。最近知ったことだが、このアップデートってWInの方はまだらしく、珍しくマック版の方が先行して開発されたようだ。

20Dを買ってから純正ソフトでしか現像出来ない状態が何ヶ月か続いていたが、この3.6でそのフラストレーションもなくなるかと思っていたが、実際使ってみるといろいろな面でバグがあったり、大量の撮影が続いていて、そういう撮影には純正のDPPの方が向いていることもあって、結局のところ、インストールしてからあまり使っていなかった。

昨日のグラビア撮影は1Dsを使って撮っていたことと、人肌はPhase One C1 Proの方が綺麗に出ると言うこともあって、久しぶりに使ってみた。さすがに選びながら現像しながら次の作業が出来るなど、使い勝手はさすが!
でも、最初は仕方なしに使っていたキャノン純正ソフトDPPも使い慣れるとそれなりの使い方が出来るので、それになれてしまうとPhase One C1 Proは「ちょっと・・・」と思わせる面も出てきた。

さて、昨日の撮影はすべてRAWで合計4GBちょっとのオリジナルデータになっている。

それを画像用のHDに移してからPhase One C1 Proを起動して、簡単にセレクトをして、キャノンの忘年会に行こうと思って作業を途中でやめて、その画像ホルダーをバックアップとしてiPodに入れて事務所を出ようとしたら、、、
なかなかコピーが終わらないので、?とおもって見たらコピーの容量が6GB以上になっているのを発見。
「アレ?撮影したのは4GBのはず??」 急いでいたのでそのまま取りあえずコピーして事務所を出て、銀座まで行って忘年会に顔を出して、家に戻ってから夜中、iBookにデータを移してセレクトの続きをやることした。
コピーはやはり6GB。
ホルダーの中身を見てみると「Capture One Settings」というホルダーで1.9GBある。

このホルダーはC1 Proを起動すると出来るホルダーだというのは以前から知っていたが、、、、中身はサムネイルとか、現像パラメーターを記載しているファイルらしきものなど、そんな感じ。それだけでオリジナルデータの半分くらいの容量を使ってしまうというのは・・・??ちょっと使いすぎなんじゃないのかな?

良くできたソフトだと思うけど、それなりの環境を要求するというハードルの高いソフトでもあるなぁと思った一瞬でした。

|

« グラビア | トップページ | 撮って作る »

コメント

なんかねー、最近は平気でギガバイトのデータを作るソフトが少なくないんですワ。写真じゃないけど、私の使っているCGソフトは、バージョンアップして別のソフトの保存データをそのまま読み込めるような機能がついたんですが、実際にやってみてデータを保存するとあっという間に数GB。元のデータがそんなに巨大でもないので、明らかに無駄は承知で巨大な保存ファイルを作っている。昨今のプログラマは、リソースを倹約する、っていう概念がないのかも。

投稿: Shimizu | 2004.12.28 19:50

あれ?マルチポスト?なんて思ってしまいました。(^_^;)

私がC1を試用したときによく分からなかったことのひとつが、そのCapture One Settinngsというフォルダでした。
なんじゃ、こりゃ?てな感じで。
DPPのほうも使いこなしてらっしゃるようなので、こちらもどういった使い方が便利なのか教えて下さい。
いずれも、年明けに事務所にお伺いしたときに。

結局キヤノンには行きませんでした。
今年2度目の風邪をひいてしまい・・・。
湯浅さんのようにトレーニングしてないからなあ。
歳とともに体力衰えるばかりです。(^_^;)

投稿: Gatto | 2004.12.29 00:32

本題とはそれるのですが、CPSの忘年会とかデジタルウェンズデイとかワタシには通知来ないんですけれどみなさん口コミだけで知られているわけですか?

投稿: おーくま真写春 | 2004.12.29 05:38

Shimizuさんどうもです。
おっしゃるとおり、最近のソフトって昔と違って恐ろしくHDをくいますよね。ちょっと何かやっただけで100MBとか・・・フォトショップでも合成をちょっとやっただけで1ファイル300MB以上のファイルが簡単に出来ますから。毎日そんなファイルを保存していったらバックアップも追いつきまへん・・最近DVDに収まらない仕事が半分くらい・・・

Gattoさんどうもです。
忘年会は僕がついたときは8時近かったので会費1000円の元は取れていません。車だったし、酒も飲めなからウーロン茶。
Gattoさんがお幾つなのかは不明ですが、どんな人でも衰える一方ですから、、、それを少しでも遅らせるのは気持ちと定期的な運動ですね。どんな才能のあるカメラマンでも病気になったら終わりですからね。

おーくまさん、どうもです。
この手の通知はきません。僕も去年その事実を知りました。要は頻繁に銀座に行っているかどうかだけです。ある時期になるとあそこの壁に日にちが貼ってあり、サービスマンに「何日が忘年会ですからいらして下さい」と声をかけられる感じですね。ちなみに僕は今年声をかけられなかったです。僕の方から「いつですか??」と聞きまくりました。
ある意味、仕事もそうですが、いつも顔を出しているヤツが強いと言うことです。以前は僕も年に1,2回くらいしかあそこには行きませんでしたから、そんな集まりも行ったこと無かったですが、行き出すと自然に情報は入ってきますし、声もかけられます。カオとコネですね。

水曜日は毎週やっていますから気分転換に出るようにしたらいいと思いますよ。

投稿: tatsphoto | 2004.12.29 08:59

便乗で少し付け加えさせていただきます。

私も、CPSの忘年会があることを知ったのは、去年くらいだったのではないかと思います。
確か、Nさんだったかなあ、どなたかに声をかけていただいて・・・。
もしかしたら、みなさんより会員年数が長い(3033です)かも知りませんが、個人的に名前を覚えてもらってるのはNさんくらいですね。
私もCPSは、単に修理依頼の場としか思ってなかったのですが、デジタルウエンズデーに行ってみてから、もう少し親近感を抱くようになりました。
デジタルウエンズデーは、有志社員のボランティア活動のようなものですが、ほかのカメラマンの方からいろいろ情報が聞けたり、分からないことを教えてもらったり、有意義だと思ってます。
フリーカメラマンて、横のつながりがあまりないですからね。
デジタルを始めるに当たって、いろんな勉強会が発足し、以前より交流があるようになったのではないでしょうか?

しかし〜、最近はネットで身元がばれてますからね。
デジタルウエンズデーに初めて行った日、湯浅さんは私のことはご存じなかったでしょうが、私はすでに知っていた・・・(^_^;)
むむ、この方が、tatsphotoさんか・・・なんてね。

投稿: Gatto | 2004.12.29 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Phase One C1 Pro 3.6.1:

« グラビア | トップページ | 撮って作る »