« 仕事ナシ | トップページ | 下準備 »

2004.12.20

12/19 新條まゆさん

少女漫画家の新條まゆさんを取材する。
mayutan.com

僕はこのジャンルにはまったく疎くて、実はぜんぜんお名前も知らなかった。
直接アトリエにおじゃましての取材だが、事前の知識もなくお会いしてびっくりした。

エ!?、、、カワイイ・・・

いや〜〜、カワイイのだ。こんなカワイイ人が漫画家なのかぁ〜〜。
女房と結婚してなかったら・・・・とか、夢想してしまう僕であった。(笑)>どうも妄想癖があって・・

撮影は順調に進み、、、というか、ナンか必要のないカットまで撮ってたりするんですけど。。。カワイイ子の場合、必要以上にシャッター押してます。>自分・・・以前、編集に「モデルによって使うフィルムの本数違いませんか?」と突っ込まれた覚えがある。

ま、お仕事とはいえ、そんな自分も好きです。

夕方、撮影は終わり、事務所に戻り、女房と合流。年賀状の撮影をする。>現実に引き戻されるなぁ〜

各方面に「今年の年賀状はどうするんですかぁ?」と期待(?)されている僕たちの年賀状だが、今年から会社になったこともあり、ふたりで共同の年賀状とすることにした。期待していた方、裏切っちゃってすみません。

|

« 仕事ナシ | トップページ | 下準備 »

コメント

「モデルによってフィルム本数が違う」、というのは素人の僕でもわかるような気がします。

でも、仕事とはいえ、美女と接する機会が多いのは役得ですね。

Primera

投稿: primera | 2004.12.20 19:43

いえいえ、お仕事ですから、、、その後の展開なぞ、何もございません。(笑)

撮る枚数が違うというのは、ひとえに、その子と近い距離にどれだけ長く居たいか・・・そういうことだと思います。
カメラマンってモデル(素人、プロを問わず人間を指す)を撮る場合、その撮影の間は、その人を「占有」できるんです。自分だけのものにする・・・そんな言葉が合っていると感じてます。
まあ、無効も僕と同じ気持ちになってくれることは995以上あり得ないことなのですが。。。

投稿: tatsphoto | 2004.12.21 00:01

この方面にはどうせ疎い私ですが、この人も作品もぜーんぜん記憶にないです。絵柄としては比較的多いタイプだから、書棚に行っても作者名を意識しないと分からんだろうなぁ。

私もせっせと年賀状印刷中・・・

投稿: Shimizu | 2004.12.21 04:43

ワタシの場合、さえないモデルの場合に本数(デジタルなら枚数ですか)が増えることがあります。
いくら撮っても「撮れている」と言う実感がわいて来ないのでついもう少し、となってしまうのでしょう。
動けないモデルをうまく誘導する技をもっと磨かないとだめですね。

投稿: おーくま真写春 | 2004.12.21 05:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50678/2324451

この記事へのトラックバック一覧です: 12/19 新條まゆさん:

« 仕事ナシ | トップページ | 下準備 »