« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.29

東京タワー

IMG_9088.jpg
朝から東京タワーに来ている。もちろん撮影。
この写真で分からないかもしれないが、久しぶりにポジフィルムの仕事だ。カメラはハッセル。あと、イオス1。そして予備というか、プライベート用の撮影をしようと思って、20D。それにジッツォのカーボン三脚を持って歩いたので、結構重たかった。
この仕事は国土交通省の関係書籍で過去に何度かやっているが、僕の仕事では珍しく、風景ぽっい撮影なのだ。

見開きで使うと言うことで、中判以上のポジフィルムで、と言うオーダーなのだ。

たぶん、持っている1Dsで十分こなせるだろう。現に過去にデジタルでも入れたことがあるし。だが、お客様がフィルムでと言えばフィルムで撮るのが僕の仕事。デジタルにしましょうとか、は僕の記憶では言ったことがない。もちろん、合成などもろもろの諸条件を鑑みて、デジタル撮影を提案はするけどね。

良くあるのが、カメラマンの方から「デジタルで行きましょう!」という話。。。それはたいていの場合、新しいデジカメを買ったので、それを使ってみたいと言うことが多い。
クライアントの皆様、そんなカメラマンが居ますので、お気を付けを!

撮影も順調。天気も良かったし。遠景からの東京タワーを撮るため、事務所に歩いて戻りがてら撮るかなと思い増上寺からプリンスホテル方向に歩いていった。
が、、、急に腹具合が調子悪くなったのだ。

公衆トイレを探したが、近くにはない・・・たとえあっても、カメラバックに三脚だし、それを持って個室にはいるのはかなり厳しい。久しぶりに漏れるような恐怖を味わった。ここで漏らしたらシャレにならないな・・・午後は別の撮影をしないとならないし・・・と頭の中をいろいろなことが走馬燈のように回った。

「とにかくここで休むしかない」と座ったのだが、座るとその圧力で出てしまいそうな感じだった。

顔から血の気が引くのが分かった。マジでヤバイ・・・

そうこうしているうちに何とか収まりそうだったので、ゆっくり歩いて事務所まで行くことにした。最後の撮影地点は事務所から8分くらいのところなのだ。

冷や汗をかきながら事務所に戻り、トイレに駆け込んで、危うく難を逃れた。フ〜危なかった。

先週の地震といい、間一髪というのが続くな。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.10.28

ヒデキ、感激!

って古いか??(笑)

先日撮影した女の子からメールが入っていた。以下その文章
------------------------------------------------------------------
先ほど写真が届きました! お忙しいところ、本当にありがとうございました!最高の写真で涙がでそうです 今回はオーディションということで、がんばる意欲がもっとでてきました 本当にありがとうございました!
------------------------------------------------------------------
先日の日曜日に知り合いのつてでオーディション用の写真を頼まれた女の子からのメールだが、月曜日に発送して、今日写真が届いたようだ。そのお礼のメールだ。

今日はロケだったので、直接僕の携帯にも電話が入った。
「すっごくきれいで、感激しちゃいました!」って。>あ、その子は22の子なので、こんな感じのしゃべり方なのね。

結構こういう時が一番うれしいんだよね。

コマーシャルや雑誌の撮影って、こういった直接お客様から感謝されるという事がほとんどない。
こういう言葉を聞けるのって、写真館などの直接コンシューマー相手の商売ならではなんだろうナァと思う。20年以上写真をやってきているが、あまりに世間一般とは違った世界に生きてきてしまっていると思う。

実は、今日、もう一本、別の女性から電話があり、先日撮ったところ(エージェンシー)の所属なのだが、撮影して欲しいという電話だった。たぶん、昨日届いた分の写真を見て、その事務所の別の子が電話してきたのだろう。。
ちゃんと自分の仕事が評価されているというのはうれしい。

ということで、また今週も日曜日が撮影になってしまったのだった。ま、来週以降はヒマになりそうだしね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高級車?

今日は小淵沢でホンダ「レジェンド」のプレス試乗会だった。
やはり、昨日と同じ朝8時に新宿集合、その後、車で小淵沢まで中央道という感じだ。

昨日の日産「フーガ」と今日のホンダ「レジェンド」、ともに次世代をになう高級車という位置づけだ。

日産の開発の方が言っていたが、30代から50代の自動車ユーザーで次の乗るクルマでセダンを選ぼうという人の多くは国産から輸入車にシフトしてしまうと言うことだ。

ま、僕自身もその世代で、しかも、輸入車を乗っている訳なので、ユーザーの気持ちももちろん分かる。過去の「いつかはクラウン・・」みたいな明確なヒエラルキーが構成されている国産車の枠組みに組み込まれるのもイヤだし、頂点であったクラウン自体、それほどの魅力も感じないと言うこともある。現行クラウンはすごく良いクルマだと思うけど、クラウンという名前をはずすべきだったと個人的には思う。

すり込みというか、子供の頃から自動車のクラス分けとそのユーザーの社会的クラスが1対1で意識の下に入っている僕たち古い人間には、ブルーバードだとか、サニー、クラウン、シビックなどの昔からある名前を付けたクルマには魅力など感じないと思う。

輸入車はそのすり込みされた意識の中でも、昔から上位に分類されていたので、たとえドイツ本国ではカローラと同じだろうが、ゴルフの方が遙かにありがたく思われる。

話は元に戻るが、そこで日産は過去にあったセドリック、グロリアという名前を捨てて、そのクラスにフーガという車を投入したわけだ。セドグロは40歳以上の人にとって、日産党が乗る最終段階の車と位置づけられていた。その名前を捨てて新たな名前を付けるのは相当の英断だっただろう。その件について開発の方の話では最終的にはゴーン社長の決断だったということだ。もちろん、賛否両論あるだろうが、この件以外でもゴーンさんのやり方には全面的に同意する。

さて、ホンダでは同じようなクラスに新型レジェンドを投入した。
これは日産のやり方とは違って、旧型レジェンドのモデルチェンジという、旧来のやり方での発表だ。

セドグロとレジェンドを同列に比べるのはおかしい話だ。背負っている歴史も違うし、ターゲット層も少し違う。

この新型高級車を二日続けて取材して思ったのは、「その車を使う人間がその車を作る」ということだ。走り屋が乗るような車は走り屋が作って欲しい。アウトドアに向いている車はそういうフィールドに良く行く人間が作って欲しい。

同じように高級車は高級ホテルとか、レストランなどに出入りしているような人間が作るべきと考える。

もちろん、実際に作業する人たちは職人でかまわない。それを統括して方向性を決める人は、「高級車」を乗って、そのような場所に行ったことのある人でなければならないはずだ。どういう使い方をするのか?それを知らずしてその車は作れない。

で、車を作っているメーカーは当たり前だが、普通の会社だ。そこで働いている開発の人も、フツーの会社員なわけ。一般的なファミリーカーを担当している人たちは良いだろうが、高級車のたぐいを担当している主査と言われる層がどれだけの給料をいただいているのかは、僕が知るよしもない。
出来るなら、帝国ホテル「レ セゾン」で食事、、、くらいは経験しておいて欲しいなと思う。

風俗関係を取材しているライターのブログを見ていた時だが、風俗嬢がその客を値踏みする時にどこを見るかと言うところで、している腕時計と履いている靴という統計があった。風俗系のお仕事をしている人には昔から言われていた定番の「見所」なわけだ。また、最近ではイケてるオネーちゃんが初対面のオトコのどこを見るかという話では、やはり、している腕時計と乗っているクルマという話を聞いたことがある。

僕自身、腕時計は少〜しだけ好きなので、たいていの場合、人と接した際は腕時計をチェックしている。値踏みしているわけではないが、それで何となくその人が見えてくるような気がするのだ。

もちろん、高い腕時計をしていれば良いという物ではない。ようはバランス。普通の会社員の30そこそこの若造がブルガリでもしていたら、「あ〜ぁ・・・」って感じ。サラリーマンではなく、会社経営でもしていれば納得もするが、、、もしくは40以上の年齢とかね。かといって、いい年して安時計をしているようだと、それも推して知るべしと思ってしまう。

分相応・・・それが分からない人が多いと感じている。

さて、車の話に戻ろう。この二日間の2台の高級車の取材で、それぞれの開発主査のお話を伺った。その一方の人の腕にはブライトリングNAVITIMER。そしてもうお一方の腕には普通の時計。

ここではどちらがどちらとは書かないが、結構、この違いがこの2台には現れている気がした。
2台とも良いクルマだ。だが、最後ではこの違いをユーザーは良いと思うかどうか、、、その差が出てくるのではないかと感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.27

何時間労働?

今日は朝8時に新宿集合で箱根に行ってまいりました。

ちなみにクルマの撮影で日産「フーガ」とスバル「レガシィ」6MT。

夜の7時に箱根から帰ってきたあと、ブツ撮りを2本やって、今11時です、、、。

ふぅー、家を出たのは朝6時半で、それからずっと車の運転だし、夜は商品撮影だし、、、いったい何時間働いているのやら、、。それでもお仕事をいただけるのはありがたいことです。やれる限りはほとんど断りませんし。。。

さて、まだ夕飯を食べていないので、吉野家にでも行って帰ります。
明日はまた朝から小渕沢に行かねば、、、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.26

マックに張り付き

忙しいです。
このところデジタル撮影ばかり続いてしまい、撮影データを納めるのにべったりマックに張り付いている、という感じです。
先月の忙しい時もそうでしたが、一日数GB位の画像データが蓄積されていきます。間違いの無いように、単純なルーティンでコピーが出来るようにしていますが、一日数本の仕事が来ると、前の仕事のデータを確実にバックアップ出来ているのかどうか?ふと不安になることがあります。

今日も撮影でしたが、土日も仕事だったし、その納品も今日中に送らないとなりません。

デジタルになった利点としては、郵送などで送っても平気と言うところですね。万が一なくなっても手元にデータが残っているので、最悪また送ればいいと言うことで。

もう夜の10時ですが、ようやく送る分のデータをエクスパックに詰められました。
明日は箱根にロケだし、あさっては小渕沢にロケなので今日中にデータを送っておかないと間に合わなくなるおそれがあります。

毎日毎日、撮って、モニターで見て、CDに焼いて、プリントして、、、それの繰り返しが永遠に続くのかと思うと、かなりげんなりします。

ま、お仕事があるのはうれしいことです。不思議なことに、こんなに毎日のように写真を撮っているのに、嫌々撮ると言うことは滅多にありません。>全くないとは言わないけどね。

さて、家に帰りましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で選んでね

モデルさんやキャスターさん、コンパニオンさんの宣材用撮影をやることがある。
ここのところ、この手の撮影が何本も舞い込んできている。

数年前と違って、この手の撮影もデジタル撮影に変わってきている。
僕のやり方はデジタルカメラとマックをつなぎ、その場で画像を見ながらモデルと絵を作って行くというやり方だ。前はポラを切って確認していたところをモニターも見ながらお互いに納得して撮影を進めていくのだ。

まあ、僕の場合、こういう撮り方は、商品撮影で毎日のようにやっていることなので、目新しくもないが、撮られる人にとっては、安心できる撮り方のようで、非常に評判がよい。

で、撮影後はモデルさんに直接、マックをいじってもらい、画像を選んでもらう。

IMG_9002.jpg

IMG_9005.jpg

このやり方だと、自分の納得行く画像が選べるし、僕としても選ぶ手間が省けるという点も大きい。

僕自身、この手の撮影で儲けようとか思っていないので、よそよりかなり安いらしい。しかも、知り合い関係のモデルさんから評判を聞いてくるという人もいたりするので、高い値段を言えないのだ。しかも、撮られる人が納得するまで撮るという、そんな撮り方をしているので、余計、評判が良いらしい。

そのモデルさんなどが、その写真をきっかけにして、良い仕事をやるようになって、また僕のところにきてくれる、、、そんなお付き合いが出来れば、一番、僕としてもうれしいかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.24

地震余波

DSC00002.jpg
昨日の東京駅の様子だ。
新幹線が止まってしまったため、新潟に帰れない人が地震のニュース映像を見ている。

今朝から続々と地震の影響がニュースで流れている。

鉄道も、道路も寸断されているので、新潟に行きたい人も、出たい人も難しい状況だろう。
あらためて自分の幸運さに感謝する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.23

新潟に行っていました。

IMG_8487.jpg
金曜土曜と新潟に行っていました。

カーナビの撮影で泊まりのロケだったのですが、大騒ぎになっている地震にはかろうじて遭遇しませんでした。早めに撮影が終わったので、地震の起きた時には池袋の首都高の上。だけど、時速100キロ走行時だったので、ハンドルをちょっと取られました。
ラジオを聞くと「新潟で震度6強の地震・・」ということ・・・
いや〜、間一髪、難を逃れました。今事務所でデータをマックに取り込んでいますが、まだ余震が続いていますね。

あと一日ロケがずれていたら、、、考えると怖いです。人間いつどうなるか、分からないな、と自分たちの運の良さを帰りの車の中でスタッフ一同噛みしめていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.21

TH55を買っちゃった

クリエTH55
日曜日にTH55を買ってしまった。
正確に言うと20Dのポイント(ヨドバシ)があったので、それを足しにして買ったのだ。
というのはもう何年も使っているIBMのワークパッドが調子悪くて、だましだまし使っていたのだが、先月くらいから電源ボタンが入らなくなってしまうという状態になっていたのだった。パームを持っている人なら分かるだろうが、電源ボタンが仮になくても使えるのだ。スケジュール用に使っているので、まあ、使えない訳じゃないし、まっイイか、って感じだった。

さすがにそんな状態なので、スケジュールを頭で覚えているような感じで、テンパッた時など、いつ間違いが起きても不思議じゃないなと思っていた。

次のスケジューラーをどうしようかと思っていたところ。

紙の手帖に戻そうかとも思ったけど、一度パームに慣れると紙は、ね、、、。

ここにも書いてくれている清水さんが写真展にいらしてくれた時に持っていたTungstenを見せられて、欲しくなってしまった。>まるで子供・・・

Tungstenはソニーのクリエが日本国内で売っているので、正規では国内販売されていないそうなのだ。

クリエは?っていうと、、マックとの協調性がイマイチ。ソニーでは正式に「マックはサポートしていません」と言い切っている。マックユーザーとしては「あ、っそー」って感じだ。

いろいろ調べるとやはりクリエかなという結論になった。マックとは、まあ、何とか出来そうだし。>サードパーティのソフトで対応。

という事でクリエユーザーになったという次第だ。

リンクしたHPを見てもらえば分かるけど、かなり多機能。その中でも僕がそそられたのは無線LANを標準装備しているという点。パームを何年も使っていて思うのはどうやって外界と「繋ぐ」かと言う事だ。

以前は30Jでアナログモデムも持っていたが、WorkPadになってからは外で「繋ぐ」という事はあきらめていた。で、今度のTH55では無線LANだ。僕の自宅ではエアマックという無線LANを使っているし、ドトールみたいな町中のカフェでは無線LANを設置してある場所も多い。PHSよりは圧倒的に速いスピードでネットに繋ぐ事も可能だし、、、良いかも。

いろいろ問題があったものの、昨日から快適に無線LANに繋げている。

コリャ楽ですわ。(^^

ソニーってすごいねぇ〜、って思うここ数日です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.19

最近のお仕事

先日やったお仕事。
ウェブでのお仕事でした。
stylife

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

デジタルカメラの問題点

Image_0358.jpg

Image_0358_2.jpg

実はこの画像は今年の春頃の撮影dataなのだが・・・
仕事が優先でこの話はそのうち書くつもりでデスクトップに置いておいてそのままになってしまった。

Beatles本を作っていた時の物だが、Beatlesのアルバムの裏面の複写だ。上の写真はその全体像。下は部分拡大をした物だ。

カメラは1Ds。撮影はRAWで撮って、フェーズワンのC1PROで現像してある。現象はキヤノンの純正ソフトで現像しても同じだった。

画像が小さくてよく分からないかもしれないが、赤地の上の文字がすべてぼやけている。単なるピンぼけかと思うかもしれないが、下の写真がその拡大だが、赤地から人物バックになるととたんにシャープに写る。

この問題は今に始まったわけではないが、何とも解決策がない。

デジタルカメラはフィルムカメラに置き換わろうとしているが、こういう場面や、液晶画面の撮影など、向いていない場面がある。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

久しぶりのDW

IMG_8272.jpg
水曜日なので、久しぶりのキヤノンデジタルウェンズデーに行く。
写真展の準備や、仕事も立て込んでいたりで、水曜日に出ることがここ数週間出来なかった。

キヤノンデジタルウェンズデーのメンバーもCPSの方たちも多くの人が僕の写真展にいらしてくださった。会う人ごとにそのお礼を言うのが本日の目的でもあった。

そうそう、簡単に写真展の様子などをHPにアップしましたので、見てください。
http://homepage3.nifty.com/y2/syashinten_kaisai.html

キヤノンデジタルウェンズデーの話に戻るが、写真に写っている右の女性が初めてのご参加だった。
「すみません、デジタルカメラの座談会はこちらですか?」って聞いていたので、思わず笑ってしまった。
勉強会とは名ばかりで、ほとんど座談会だな〜、と一堂納得の一言でした。
まあ、そういうおしゃべりの中に自分にとって貴重な情報になる一言があったりするんだけどね。常にアンテナを張っておくこと・・・デジタル撮影に関しての話ではなく、すべてに言えることだ。

6時にクライアントと事務所で打ち合わせの予定になったので、早々に引き返すことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.09

モナコる

monaco.jpg
まだ事務所にいる。京葉線が動いていないようだ。ヤレヤレ・・・

8月末にモナコオプティックスXRを入れてから、マックを起動するたびに上の写真のようなアラートが出てしまう。もちろん、設定で出ないようにも出来るし、出る日程も変えられる。

でも、この手のモニターのキャリブレーションってついついやらないで半年たってしまう・・・ということになりがちなので、取りあえず30日間ごとにアラートが出る設定にしてある。

台風のおかげで、久しぶりにモニターのキャリブレーションをやることにした。

ほぼ前回と変動はないようだが、何となく見え方がクリアになったような感じがするのは気のせいか??

仕事が続くと毎日のように朝から晩までつけっぱなしのモニターだが、もちろん、劣化するものだ。
毎日見ているからそれに気がつかない。たま〜に会う親戚の子供みたいなものかな?「え〜、こんなに大きくなったの!?」みたいな。

モニターの場合、「え〜、こんな色で見ていたの!?」って言う事じゃ、シャレにならない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

040925NaturalBeat

DSCN0780.jpg
土曜日だけど仕事だ。

このところ、土曜日の仕事が多い。ま、平日がヒマだったりするからそれでも良いんだけどね。

で、こういう時のランチでよく利用するのが大門駅の上にある、NaturalBeat。

ここのサンドイッチが美味しい。
でも高いんだよね。サンドイッチとスープとコーヒーで1000円コース。この手のファーストフード店で1000円使うのってちょっと複雑。。。
1000円出すんだったらもっとしっかり食べられるお店に入りたいと思うのは僕だけか?
でも、店内は禁煙で落ち着けるから時間のある時には寄ってしまうんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風で帰れない・・

今日も撮影だったので、朝から事務所で一人でぶつ撮り。

しかも久しぶりの4×5ポジでの商品撮影なのだ。
カット数が結構あったので、在庫分のポジフィルムで撮れるかどうか?ちょっと心配だったけど、あと2箱の余裕を持たせて終了した。ちなみにこのエマルジョン、来月で期限が来てしまうフィルムだった。いつ仕事が来るか分からないので、常時ブローニーと4×5のポジフィルムは箱単位で買っておいて、エマルジョンテストを繰り返して、最適な上がりになるように、データをとっておくのだ。

でも、そうやっていつ来るか分からない仕事のために大量のフィルムをストックしておくと、ここ数年のデジタル化の流れの中で期限切れフィルムとなってしまうリスクをはらんでいるわけだ。

今回の4×5のポジは期限切れ前に何とか全部使い切る事が出来そうだが、次はどうしよう??また、箱単位で4×5のフィルムを買うべきかどうか?スッゴク悩む。

さて、ようやく撮影も終わり、帰ろうかと思ったら、どうやら電車は止まっているらしい。
台風22号首都圏直撃・・・
スタジオで外のことが分からないけど、ちょっと覗いてみたら土砂降りなのね・・・

もうしばらくは事務所でネットサーフィンをしてるしか方法はないみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.07

20Dもう一台

20d.jpg
本日、もう一台買ってしまいました。20D・・
いや〜、ちまたではフリーズするとか言われていますが、僕のところでは問題なしだし、そんなことより、使い勝手の良いカメラで早く仕事をしたいという感じ。

1Dsがもちろんメインカメラだけど、そこまでいらないという場面も多いのも事実。1Dsしか持っていないというある意味ビンボーな環境では効率的とは言えないと、前々から思っていた。でも、20Dがスッゴクイイと言うわけでもない。選択肢がないんだからしょうがないでしょ?ということ。

比べると1Dsのデータは素晴らしいの一言。20Dでは僕の広告の仕事は出来ないと断言する。でも、そ〜いう仕事ばかりではないのも事実。特に車の撮影などのような悪条件でのロケが普通という撮影環境にシビアな商品撮影で使うbodyを持ち出したくないという内情もある。その度ごとにキヤノンでクリーニングしてもらえばいいのだが、得てしてそんな時は時間がないものだ。理想は商品撮影用のbodyとホコリの多い時のロケ用のbodyは完全に分けたい。
20Dを買った事によって、広告用の1Ds2台と雑誌ロケ用の20D2台と完全に分ける事が可能になる。贅沢といえば贅沢だけど僕はこれ(撮影)で食っているのだ。広告も雑誌の仕事もどっちも大事な仕事だし、どっちも完璧にこなしたいと思う。
問題なのは立て続けにカメラを買った事によって、女房の機嫌がすこぶる悪いという事だけ・・・今夜は僕が夕飯も作ったし、後かたづけもしたので、少しは良くなってくれるかも知れない、、、それを祈るのみ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.06

皆様ありがとうございました

写真展は無事、終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

時期的に忙しい時だったり、天気が悪かったりでいらっしゃれた人も大変だったと思います。
ありがとうございました。

写真展のお話はまたゆっくりHPに書くつもりですので、これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »