« 20D女房へ その2 | トップページ | カフェにて »

2004.09.19

20Dにて撮影

IMG_0140_1.jpg
休みと言うこともあって、ちょっとあちこちいじってます。20D。

使い勝手はかなり良いですね。シャッター音がダメと以前に書いたけど、比較の問題で、1Dsあたりと比べれば、、、と言うレベル。もちろん、クラスが違う機種を比較対象にする方がおかしいんだけどね。世の中、おかしい事がまかり通るもので、200万以下で買える車にBMWのような高速性能を!とのたまう自動車評論家も居たりするわけだ。
同じようにこのクラスのカメラに倍以上も高いカメラと同列に比較するのもナンセンス。

ただ、時代がどんどん進んできていて、車もカメラも商品サイクルがかなり短くなってきている。車など、新車発売のインパクトが昔は2年位持っていたのが、今では数ヶ月という短さと言われている。同じ事はデジカメにも言われていて、この20Dの前の機種、10Dというカメラは1年半位で生産中止になった。

まあ、ここで世の中の流れを憂いても始まらないのですが。

本題に戻ると、、、全体にはすごくよくデキの機種ですね。僕の仕事にも十分使えると判断した購入でしたが、十分使えるでしょう。というか、今週の仕事に使うつもりで発売日に買ったわけですが。

シャッター音が悪いとかは車で言う、エンジン音みたいなもの。音が悪くても走るわけです。しかも同じスピードでね。
フィーリングは悪いですが、その分、ファインダーの見えが良いです。ミラーが上がっている間の時間(ファインダー消失時間と言いますが)が非常に少ない。このクラスでは最小でしょう。結果的に気持ちよく連射できます。というか、シャッター押しすぎてしまいますね。いい気になって撮影して後で大量の撮影データに悩まされる・・そう言う事になります。

作りのちゃちさもいろいろ言われているけど、これで十分でしょう。これ以上のものを求める人は1D系があるわけですから、お金出してね、って事です。

最初は高いカメラと思いましたが、手慣れてみると仕事で使うという前提で、かなりコストパフォーマンスが高いと思い直しました。というのは僕の場合、スタジオ内でコンピューターと直結で撮影する事が多いのですが、今の使用カメラは1Dsでファイヤーワイヤーで繋いでいます。同じ事がこの20Dでも可能か?テストした結果、USB接続ながら、十分にリモート撮影が出来ます。今、自宅のiBookでテストしているので、1.1規格ですが、2.0の規格ならそこそこのスピードが出せるのではないかと推測されます。

ファイヤーワイヤーで無いのは残念ですが、別の側面ではUSB接続の方がより安心感があるのではないかと思われます。それとロングケーブルへの対応など。ファイヤーワイヤーで10mのケーブルなど3万位しますから、USBならもっと格安に延長が出来るでしょう。(電源供給できるハブを使うなど)

20万以下のカメラでこんなに軽くて、ここまで使えれば、僕には目から鱗ですね。

キヤノンサロンでさわった時は「たいしたことない」と思っていましたが、、、。まあ、もう少し使ってみて結論は出しましょう。と言いつつ、仕事は待ってくれないのですが。

|

« 20D女房へ その2 | トップページ | カフェにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20Dにて撮影:

« 20D女房へ その2 | トップページ | カフェにて »